2017/07/26

夏休みスタート

たった4ヶ月前にしていた生活なのに、

毎日、子供に付き添うのが億劫な夏休みが始まりました。

支援センターの屋内はまだしも、園庭で遊ぶ付き添いが辛い。

とにかく暑い。。

それでも、通園で2往復、距離にして5-6km、毎日8000歩以上歩いていたので、

それが休みで殆ど歩かなくなると、1週間で調子が悪くなりました。

足の浮腫みが半端ないです。靴が朝から入らない。

これはマズイと、目的地手前で車を停めて、あとは歩く事を始めました。

だいたい日中は体温より暑いんですが。。

車の温度計もちょくちょく 40度を示してますcoldsweats02


休みに入ったけれど、毎日のように「今日、幼稚園ある?」と聞いてきたり、

先生になりきってクラスのお友達の名前を呼んでみたり、

昼寝からハッと目覚めて「◯◯ちゃんと◯◯くんが行っちゃった〜」と園の夢を見ていたり、

幼稚園の存在が大きくなっているんだなと感心してます。


兄弟にもまれる機会がないので、なるべく子供が集まる所へ連れ出して、

コミュニケーションを身につけてもらいたいですが、

同年代の子には、ライバル意識が出るようで、我を張ってすぐに険悪なムードになるのが悩ましいです。

少し年下の子には優しくなれるのに。幼児たちのやりとりを眺めてると面白いです。

会話が噛み合ってないのに、お互いが了承し合って遊んでます。


最近は、リカちゃん人形の動画を食い入るように見て、欲しそうにしています。

もうそんなお年頃?と思いましたが、

センターの年季が入ったリカちゃん人形を両手に1体ずつ持ち、

髪の毛をハタキに見立てて、そこらじゅう撫で付けるので、まだ適正年齢では無いなと判断しました。

あと1ヶ月強、バテないように頑張りたいです。

主人の力作サンダル

Img_0754_3


2017/07/02

嫌な予感

5月6月と、一息つく間もなく過ぎて行きました。

去年からずっとスッキリ晴れる事のない心理状態と、日常の疲れが溜まって、

心身ともにぐったり来てます。

ちょっとやそっとの事象では、笑えなくなって、本当は笑う事が一番と分かっていても、難しくなってきました。

そんな中でも、娘ヒノエから笑いをもらう事ができて助かってます。


まだまだ言葉の言い間違いが多くて。

園で白いチョウチョを見た、と言うので、モンシロチョウかな?とつぶやいたら、

「そう!!おもしろチョウチョだったよー」

朝、玄関を出て行く主人には「いってらっしゃーい」の後に必ず「また来てねー」が添えられます。

思い込んだら変えないのか、単に口が回らないのか、

今だにテレビは「ピリリ」だし、髪の毛は「バラ毛」だし、冷蔵庫は「じぇーじぇーこ」だし、

「むらさき」と「上履き」の差が殆どないし。。

おかしな単語が数多く出て来ます。

そのつど訂正しても、変わらないので、面白いし、矯正せず放ってます。

そのせいか、お友達とは会話がうまく行かない事もあるようで、

つい手が出てしまい、「◯◯ちゃん、泣いちゃった」という報告を多々聞きますが、

園でも許容範囲のようだし、普通にしてて人から好かれる星の元に生まれているので、今のところゆるく見守っています。


とまぁ、子供に関しての悩みは大したものはないですが、迫り来る変化に、怯え、悲観し、

気持ちが晴れないまま過ごしてきたツケが、体に出て来たようです。

病は気からを実践してしまった。

免疫力が落ちたようです。要精密検査。

今年は手放す年、、小手先の断捨離だけでは、天が許してくれないようです。

身を切れと。。

楽観思考を身につけたいです。

雨でも晴れでも、「ご機嫌ケロケロ〜」な、かえるのみどりちゃんにあやかりたい。

Img_2021


2017/05/03

連休でひと休み

新学期の前半は、イベントが盛りだくさんでヘロヘロです。

この連休で、とにかく呼吸を整えたい気分です。

初めてのお弁当の日から、娘はやらかした様で、、

お弁当箱は空でしたが、他の子のカップ(おかず入れ)が2つも入っていた!

子供の説明を聞いても要領を得ない。

何度も聞いて、何となく状況がわかりました。

ご飯は無事だったが、おかずをぜーんぶ落としたので、

近くにいたお友達に分けてもらったらしい。

分けてもらったにしても、2カップももらったら、その子の食べる分がなかったのでは?

その子にしてみれば、初日から結構なとばっちり。


いや、大変優しいお子様のママを探し出して謝り、お礼を言わなければと焦りました。

ちょうど翌日は親子遠足だったので、皆のお弁当の中のカップを探しましたよ。

それらしいカップが入っていたママに、恐る恐る尋ねてみると、

どうやら昨日はカップが入っていなかった様子。

ゴミを誰かにあげちゃったんだわ〜と心配してたそうな。

「いえいえ、確実にうちが食べてます」と、お詫びとお礼を伝えました。

園では、お弁当を忘れても親には連絡せず、クラスの皆でちょっとずつ分けるらしいです。

いいなぁ、と思いながらも、じゃあ、いつもギリギリの量を入れない方がいいのか?

とも思いました。皆からもらう方がおいしーとならないように、

お弁当は忘れる訳にはいかないですね、娘の場合は。

その後、お弁当は落とさず食べているようです。


動物園の遠足では、その辺に飛んできたハトを追いかけて喜んでいるしwobbly

隅に置いてあったおもちゃの家に入り浸っているしwobbly

ペンギンを見ながら「くさいよー」と叫ぶしwobblyヤマアラシは確かにキツかったけど、、

遊園地を発見した後の駄々のこね方が凄まじかったしwobbly

なんかもっと普通にできないのっ?とうんざりしました。

キャパの大きい子供を、キャパ極小な親が育てているので仕方ないのですが、、

細かい事は気にせず、大きな気持ちで見守るって、大変です。


園帽をフリスビーのように飛ばし、靴もその辺に転がして、

お弁当箱が入ったカバンを振り回す。。幼稚園で。。

おさるのジョージ並みの散らかしようです。

これを躾がなってないと言われると(幸い無いですが)数日寝込みますわ〜。

病気や怪我なく過ごせたら良しをモットーに、それだけを考えるようにして切り抜けています。

通園に往復1時間弱、自分の荷物を持って歩いて、多少の不調でも頑張れる強さ、

どの先生ともすぐに仲良くなって、自分のペースに引き込む能天気さは、

誇れるところですかね。


野菜をあげるのに必死になっていました。

結構お腹いっぱいの様子のうさぎを追いかけて。。

たくさんのひよこが入ったケースをひっくり返そうともしましたsad


Img_0667_7
こどもの国にて

2017/04/17

季節の移り変わり

怒涛の引越しが終わり、ひと息つく間もなく入園式でした。

親の方が新生活に慣れず、アタフタし続けています。

お天気と共に桜が見頃だったのは、武田二四将騎馬行列の日でした。

桜吹雪の中、お神輿と騎馬行列が行く絶好のシチュエーションで、

今年は美しい写真がたくさん撮れたのではと思いました。

お天気がいいと、もうすでにジリジリ日焼けする暑さになるこの頃です。

幼稚園の送り迎えで焼けそう。。


娘は入園式では、ジッと座ってられず、奇声も出すしで、たくさんの冷や汗をかかされましたが、

その後は無事に遊んでいるようです。

ズボンと靴下の着替えはもちろんのこと、替えの靴を毎日持参しないといけない事がわかりました。

それでも帰宅後「幼稚園」という単語を聞くと、表情がこわばり話を変えようとするので、

それなりに緊張している様で、ヨシヨシって感じです。


そんな親子の新生活がスタートしてすぐ、叔父が急死した事を伝えられました。

その日は仕事が休みで、友人と電話をしていたらしいのです。

友人が途中から返事がこない事に気付き、回線の不具合かと一度切り、何度か掛け直したが、

応答しなかったとの事で、この時だったのかな、、と言っていました。

叔父らしいと思いました。

「おっちゃん、めっちゃすごいやろー?最後までしゃべっててんでー」と天国から自慢してきそうです。


しかし、あのタイミングで行ってしまったし、残された家族は気持ちの整理が、、。

私の両親ももう残された時間はわずかです。

皆ごっそり居なくなってしまう季節の変わり目。

20年前に逝った祖父母が、話し相手に困り始めたのか、、

そんな夢でも想像しないと、正気を保ってられません。

まぁ私だって接木を超えられるか未知数ですが。。

ちょっと寂しい風に押され気味のこの頃です。


Img_1772

Img_0636


Img_0638_2

あれっうまくいかない。。

2017/02/25

いつの間にか

日々、陽の光が強くなっているのを感じるこの頃です。

見た目はシンプル&スマートな物件に住んでいますが、建物の位置が悪くて、

真冬のリビングには朝の11時にならないと日が差し込まないという、

家賃交渉をしたくなる住まいです。

しかし立春を過ぎると、太陽の位置が日に日に高くなるのを実感でき、

季節の変化に敏感になれる物件でもあり、この時期は気持ちが上がりますね。

わぁ〜まだ9時なのに日が差し込んでる〜と。


そんな住まいにもようやくお別れです。

買い物がしやすい地域だったので名残惜しいですが、

今年は私にとって動く年なので、動きます。

内容は良くないんですけどね。失うとか手放す事が多そう。。

子供関係でやっと仲良くし始めた人達と、もう別れるなんて残念です。

挨拶以上、友達未満の関係にもっていくのにも時間がかかるものです。

また1から築くというのが億劫ですね。


さて、荷造りはほぼ私担当なので、せっせとまとめてはいますが、

それと平行して不用品をせっせと処分したり売ったりしています。

捨てるにはもったいない、誰か使ってくれたらいいな、という物を気軽に売れる、

便利なものには乗ってみようという事で。

ネットで売る事に慣れて、直接販売にまで手を染めてしまいました。

普通の売り買いに、スリルとドラマがプラスされるんですよね。

金額の上げ下げもありますが、壊れずにちゃんと届くかな?とか、

写真通り偽りのないブツが届くだろうか?とか。低レベルな話ですが。。

そして思った以上に状態の良いブツが (何買ってんだよと言われそうですが)

来た時には、いい買い物した〜happy02とアドレナリンが出るわけです。

あ、不用品処分のつもりが、、又買ってる。。物、増えてる。。


見ず知らずのおじさんに販売した時は、状態の良さを褒めてもらいました。

「えーすっごく綺麗じゃないですかー」

自分まで褒められたつもりになり、こちらも気分が良かったです。

又、次の見ず知らずのおじさんは、

(おじさんが買うとは予想外だったので、会った瞬間顔に出てしまったかもしれない)

「娘に子供が産まれるんでねぇ〜」とはにかんだ表情が、ものすごく幸せオーラを放っていて、

とても眩しくて、しばらくクラクラしてしまいました。


「子供が感染症にかかってしばらく発送できなくなりました」と言われれば、

具合はどうかなと心配になるし、

何週間たっても送られて来ないので、やんわり催促したら

「随分待たせちゃいましたねー」の言葉使いにイラっと来るし、

「ご家族のみなさま、お風邪など召しませんように」のご丁寧な一筆で、ほっこりするし、

「引越す前に届けて欲しい」と難易度を上げられると、冷や汗をかくし。

業者から購入する時には体験できない、人間臭さがあるのが面白い。


目をひくブランド品は無いし、うちに売り出すような物は無いと思っていたけれど、

意外に色々出て来るものですね。恥を捨てれば、あんな物もこんな物も。。

かばんの部品だけ、というのも売れました。

旅行直前に壊れちゃった人に、有意義に使ってもらえたようです。

落ち着いたら子供服に取り掛かかろうかな。。

処分も楽しめるんですね。

«頭がフリーズ