« 卒業式 | トップページ | 微生物にまつわる話 »

2012/03/25

演奏会終了

予定通りに演奏会が終了しました。
今回はお客さんの入りが少ないかも、と皆で心配していましたが、
いつもより少ないものの、まぁまぁ席がうまったので大丈夫でした。
出演者の家族関係が多いので、割と年配の方が多くいらしていました。

私は今回初めて、都内で社会人をしている従兄弟を招待しました。
耳障りな演奏を聞かせてしまったのですが、
このような会を珍しがって、彼なりに楽しんでくれたようでした。
それにしても小学校以来なので、立派な大人になったねぇなどと、
おばちゃんめいたぼやきをしてしまいました。

終了後は、私の両親と食事でもして、臨時子役をしてもらうようお願いしました。
両親はすでに夫婦だけの生活なので、たまに子役がいると盛り上がるようです。

さて、肝心の演奏の反省で、毎度の言い訳ですが、ピアノが変わるとどうしても弾けなくなるんです。
できる人はどんな楽器でもできるのですが、私はそういう素質はないようです。
オルガニストとピアニストだけの悩みです。
殆どの楽器は自分の慣れた楽器で本番の演奏ができるのですから。
ひと言で自分に講評するとすれば、
「また、やっちゃったね」でしょうか。

演奏会の事が常に「重し」となっていたので、ここで一段落して次へ進めます。
やって来る春を正面から迎えられる気分です。
いつもは桜が満開か、風に乗って花びらがひらひらしているのが見られるのですが、
今回はまだつぼみ状態で風も冷たく、風情がないので残念でした。

一方、打ち上げは盛り上がり、腹筋及びほお筋が引きつる程笑いました。
くだらない話で、身がよじれるほど笑ったので、演奏の事など忘れて元気が出ましたね。

ピアノを弾いているメンバーとそうでないメンバーでは、
手の皮の厚みが違うという事も立証されました。
歌やフルートの子が「熱っ」と言って触れないでいるものを、
何のためらいもなく触れる、ピアノのメンバー。
そのうち揚げ物の油も、手で確かめ始めるかも知れませんね。

打ち上げをしたレストランは、カッパドキアというトルコ料理屋さんです。
ネットの口コミ通り、手軽な料金で、食べやすいトルコ料理でした。
本場はもっと香辛料が利いてると思いますが、トルコ料理は良かったですね。

伸びるアイスの、トウガラシ味とチョコレー味(←メニュー通り)を、
それぞれ、辛子明太子と黒みつだと表現した私たち。
これからも等身大で会を進めて行けるといいな、と思いました。
Photo


« 卒業式 | トップページ | 微生物にまつわる話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/44639370

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会終了:

« 卒業式 | トップページ | 微生物にまつわる話 »