« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/30

全治1ヶ月以上

母親が、免許取り立ての車にぶつけられてから1ヶ月強経ちました。

肋骨と肩甲骨を骨折しているので、そうそう簡単には完治しないと思いますが、

徐々に動かせるようになって来ているみたいです。

普段の健康体では気付かなかった、体のしくみを実感しているようで、

腕を動かさなくても、静かに歩くだけで体幹に響いて痛むとの事。

また、意外に電話もしにくい時期があったそうです。

そっと息をするのは平気でも、会話をしながらリズムよく呼吸すると、

じわじわと体の内部が痛むようで、電話にも出たくなかったそうです。

Drにも、力むと痛いのでトイレが辛いと訴えたようで、変人扱いを受けたらしいです。

確かに正直過ぎるsweat02

字も、例えば「まる」を書く時には、肩に響くらしいですcoldsweats01

さらに、しばらく運動していないので、筋肉が衰えてしまい、近くのポストに投函しに行くだけでも、ぐったりしてしまうようです。

「冠帯」で進んで行く母ですから、体の事よりも、外に出られない、人と会えない生活が続く事を私は心配していました。

人と会わずに家で静かに過ごし続ける事は、母には「毒」とも言えるでしょう。

今まで長期間に渡って、そういう静かな生活をした事がないのではないかと記憶しています。

今はメールがあるので、多少いいでしょうが。

私からも時々電話をして、安否確認と会話の相手をしています。

命に別状がないので幸運だったのですが、仕事復帰もメドが立たず、

身動きが取れない生活が続くのは、やはり災難だったと思います。

2012/06/28

夏のスパイス

料理教室で宣伝していた「生こしょう」を買っちゃいました。

こしょうのホールが塩漬けされたものらしいです。

見た目は、小粒の正露丸のような感じですが、なかなかGoodなスパイスです。

Photo_2

しかしアレンジ力のない私ですので、教わってきた「きゅうりとささみの和え物」を作るくらいですsweat01

Photo_3

生こしょうを少し刻んで、しょう油とサラダ油などを加えて混ぜるだけです。

おつまみにいい感じでした。

あと、パスタに加えてもいいみたいですね。

しかし常備するには、お高いスパイスですwobbly

関係ないですが、ワインの手前のお酒「クラノオト」は飲みやすいですよ。

特に「ナイアガラ」は、マスカットの風味が豊かで女性好みだと思います。

Photo_4


2012/06/26

中伝講座

週2回の師匠の中伝講座に足繁く通っています。

師匠が今まで対応した数多くのケースの中から検証する事もあれば、

我々生徒が持ちよった質問を詳しく解説してもらう事もあります。

陰陽五行学を知れば知る程、物の見方が増える気がします。

師匠の口癖のひとつ「人生を太極的に見る」という勉強です。(字が合ってるかな?)


やってきた荒波をどう受け止めるかは、人それぞれですね。

試練を乗り越えてさらなる飛躍をした人はよく「試練よ、どうぞいらっしゃい」と言っています。

強いな〜と関心します。

試練を乗り越えた後の充実感は何にも代え難い、とTV番組で言っていたのは、コシノヒロコさんです。

先週は見逃してしまったけれど、NHKの(木)の深夜に放送しています。

さすが身旺の方ですね。身旺でない人間には指をくわえて眺める事しかできない生き方です。

自分に与えられた条件を知り、自分らしく生きる事が一番ですね。


一緒に授業を受けている女性陣はみんな積極的で、時には自分の質問を言い出せない事もある程です。

自分が気付かなかった質問や解釈が出て来るので、とても刺激的です。

積極的な生徒に師匠もノッて来るようで、時間が経つのがあっという間。

いやぁ参った〜と言われるような質問がないか、私はいつも探してますhappy01

2012/06/23

むさぼる

今度は友人たちと、さくらんぼ狩りに行きました。

今回は「狩り」に最適な環境が整っていました。

程よく曇っていて風があり暑くない。

直前の食事は軽めにして、お腹に余裕を持たせておく。


最高の条件で挑んだ「狩り」その結果、なんと、、100個も食べてしまいました。
2012624

農園の皆さま、むさぼり食べてしまいすみませんcoldsweats01

と〜っても甘いし、酸味も程よくて、ついつい手が伸びてしまいました。

20126242

友人達には、いつもこの時期に我が家に来てもらってます。

温泉にも入って、行楽気分を味わってもらえた事でしょう。

学生気分を思い出し、はしゃぎました。

20126243


貸し布団屋のおじいちゃんが、朝8時過ぎに布団を引き取りに来たのには慌てました。

まだ、皆ごろごろしていたので。

ご老人は朝が早いので、まさか?と思ってましたが、そのまさかが起きました。

こんな起こされ方をするとはsign02と、おまけ話が付きました。

1年分のさくらんぼ、ごちそうさまでした〜happy01

2012/06/20

パン研修

パン研修というのがあり、今まで習ったパンを復習する会なのですが、1日中ひたすらパンを作ります。

2012

割とシンプルなパンばかりです。

自宅でよく作るものもあれば、こういう機会にしか作らないものもあり新鮮です。

意外にピザは焼かないですね。

ピザソースがどろどろに流れ出して食べづらかった時から。

石釜で焼いたものに近づけるための、オーブンに入れる「石の板」が最近から販売され始めたそうです。

あらかじめ「石の板」をオーブンで余熱しておいて、そこにピザを投入すれば2〜3分で焼き上がってしまうそうです。

欲しい〜。けど、使う頻度が低そう〜。

お好み焼きにもいいようで。


20122

手前の両端が尖ったフランスパンは、昔ながらのフランスパンで、サラダを挟んで食べるみたいです。

しかし、堅かったsweat01残念ながら、自己責任で食べる必要がありますね。

義母は、自分で焼いたフランスパンを食べていて、前歯を折ってしまった事があります。

また、以前飼っていたワン子は、流血しながらもフランスパンを好んで食べていたという歴史があります。

やはり、小麦の美味しさは、種族を越えて病み付きになるんですね。

フランスパンは、中力粉と塩と水とイーストしか使わないんです。

油脂は全く入ってないので、焼き上がって2〜3時間が美味しく食べられる限界だそうですdelicious

久々に作ってみようかな。

2012/06/18

安かろう悪かろう 解決

次の日、光工事をした技術者が来てくれました。

コンセントを開けて、「あーやっぱり」と言い、ちょちょいと直して終了しました。

やっぱりって何?とつっこみを入れたくなりましたが、

無事にネットも電話も通信し始めましたので、ひと安心です┐(´д`)┌ヤレヤレ

現場技術者は、NTTの人でした。

つまり、AUが仕事をもらっている側だったんですね。

それじゃ、天下のNTTには強くは言えないか、と納得したのですが、、

AUとNTTの責任逃れの尻拭いをするのはお客側なんだなー、と呆れてしまいました。

昔の電気屋のおじちゃんなら、「どれどれ、もう一回見てやっから待ってな」

なんて言って、見てくれた事でしょう。

それが今は「もし工事費がかかる場合は、お客様負担になりますが、それを了承された上で、、」から始まるんです。


先日、車検から戻って来た車がすぐにエンストした時は、無償で修理屋が見てくれましたよ。

今回もそれと同じだと思うのですが、ったくなんだかなーと毒付かないと気が済まないこの頃です。

西の人間はサービスにシビアですから、心した方がいいですよ。

2012/06/17

安かろう悪かろう?

ネット環境を見直して、AUひかり、の工事を依頼したのですが、

悪評通り、スムーズな取り付けとは行きませんでした。

まず、2ヶ月も前に工事日を予約していたのにも関わらず、

当日になっても工事がやって来ません。

12〜17時までに来ると言っていたのに、16時ごろになって連絡が入り、

「18時過ぎにしか伺えない。」と言ってきました。

その日はたまたま予定が入っていたので、夜の対応は無理でした。

しかも、工事に2時間くらいかかると言うのです。

休日の20時に、ガタガタと作業をするのは近所迷惑だと考えないのでしょうか。

結局その日は諦めて、改めて工事日を決め直す事になりました。

その日取りを決めるのにも、すんなりとは行かず、イライラ。

そしてようやく、再予約の日に工事をしてくれたのですが、かなりゴリゴリ音を立てて作業してました。

クレーンを上げて電柱の作業もしてました。

これって、日が暮れても出来るものなのでしょうか?

さらに、やれやれ工事が終了した、とネットを繋いで、電話も繋ごう、という段階になり、

電話がうんともすんとも言わない事がわかったのです。

ネットで苦情が出ている通り、電話が通じなくなりました。

ここからもAUの対応は最悪でした。

電話を通じるようにする再工事をした時に、費用が発生した場合は、お客側が払う可能性もあると言ってきたのです。

はぁgawk最近の商売は、工事費がタダだと言っておきながら、不完全な工事をしておいて、

お金を発生させる、という汚い稼ぎ方をするらしいです。

また、責任の所在を曖昧にしておけば、元締め企業と現場の下請けは責任を取らずに済み、

お客の泣き寝入りで解決させようとしているのではないか、とすら思えます。

責任持ってきっちり仕事をする、が基本だと思うのですが。

そういう当たり前の仕事ができない企業を残してはいけないと思います。

2012/06/16

2012年 さくらんぼ狩り

待ちに待った行事がやってきました。

cherryさくらんぼ狩りcherryです。

20122

いつになく今年は美味しいsign03

20124

いろいろな品種が味わえます。

20123

双子ちゃんもいます。

2012

佐藤錦、紅秀峰、高砂などがあり、甘みと酸味のバランス、果肉の大きさなど様々です。

中にはミニトマト並みの大きさのものも。

白くても十分あま〜いのにはビックリhappy02

今回がさくらんぼ初体験となる弟と彼女は、興奮ぎみで沢山のさくらんぼをほおばっていました。

「こんなにみずみずしいとは思わなかったheart04」そうです。

2012/06/10

とうもろこし

朝から、ひと仕事をしてきました。

きみひめ、という品種のとうもろこしをゲットする為に、朝早くから並んだのです。
2012


9時販売ですが、9時に到着したのでは買えるかどうかわからないくらい、

大勢の人が集まり、ひとり何箱も買っていくのです。

自前の台車を持ってきている人までいて、気合いが入ってます。eye

それもそのはず、きみひめは糖度が19度もある、スイーツ並みのとうもろこしなんです。

生でかじっても、甘みを強く感じられます。

試食も配ってくれますし、屋台で焼きもろこしも売られてます。

自宅分と各地郵送分を購入して、やれやれといった感じでした。

ヤマトが待機しているので、遠方を除けばその日のうちに配達してくれます。

夜明けに収穫されたものを、その日のうちに頂けるのは、なんて贅沢な事でしょう。

その贅沢を味わう為に、サンサンと太陽が照りつける中、じーっと並んで待ちました。
20122

他にも品種はありますが、個人的にはきみひめが一番甘いと思います。

農家によっては間引きして、1本の筋に1つのとうもろこししか付けないでやってる所もあるそうです。

そうする事で、ひとつだけに甘みやうまみを凝縮させるんですね。

今年も農家のみなさま、ありがとうございますlovely

2012/06/08

パン作り

今回は、レモンボールとフォカッチャでした。

レモンボール
Photo
表面にグラズールを塗るのが難しく、見てクレは悪いですが、
レモンの風味たっぷりの、リッチな生地のパンです。

焼き上がった直後のアツアツに、グラズールが溶けるはずだったのですが、
手際が悪く冷めてしまい、きれいに溶けず。

フォカッチャ
Photo_2

表面にザラメをまぶして、お菓子風のフォカッチャです。

砂糖をふんだんに使うのは、そうです、今回は砂糖協会の協賛している講座でした。

午前中の授業という事もあり、主婦の面々が集合したのですが、

んんん?

背中に乳飲み子を抱えてエプロンをしている若いお母さんがっ!!

静かにしてたので、違和感ありませんでしたが、

あの重さを背中に感じながら、パンを作る作業は過酷だったでしょう。

熟しているとはいえ女性ばかりの中に、男子1人でモテモテでしたhappy01

それにしても、子を連れて来るという母の大いなる勇気に拍手ですね。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »