« 夏のスパイス | トップページ | パン研修2回目 »

2012/06/30

全治1ヶ月以上

母親が、免許取り立ての車にぶつけられてから1ヶ月強経ちました。

肋骨と肩甲骨を骨折しているので、そうそう簡単には完治しないと思いますが、

徐々に動かせるようになって来ているみたいです。

普段の健康体では気付かなかった、体のしくみを実感しているようで、

腕を動かさなくても、静かに歩くだけで体幹に響いて痛むとの事。

また、意外に電話もしにくい時期があったそうです。

そっと息をするのは平気でも、会話をしながらリズムよく呼吸すると、

じわじわと体の内部が痛むようで、電話にも出たくなかったそうです。

Drにも、力むと痛いのでトイレが辛いと訴えたようで、変人扱いを受けたらしいです。

確かに正直過ぎるsweat02

字も、例えば「まる」を書く時には、肩に響くらしいですcoldsweats01

さらに、しばらく運動していないので、筋肉が衰えてしまい、近くのポストに投函しに行くだけでも、ぐったりしてしまうようです。

「冠帯」で進んで行く母ですから、体の事よりも、外に出られない、人と会えない生活が続く事を私は心配していました。

人と会わずに家で静かに過ごし続ける事は、母には「毒」とも言えるでしょう。

今まで長期間に渡って、そういう静かな生活をした事がないのではないかと記憶しています。

今はメールがあるので、多少いいでしょうが。

私からも時々電話をして、安否確認と会話の相手をしています。

命に別状がないので幸運だったのですが、仕事復帰もメドが立たず、

身動きが取れない生活が続くのは、やはり災難だったと思います。

« 夏のスパイス | トップページ | パン研修2回目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/46034182

この記事へのトラックバック一覧です: 全治1ヶ月以上:

« 夏のスパイス | トップページ | パン研修2回目 »