« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/31

ぶどう三昧

いよいよ本格的に、ぶどうが出て来ました。

もっとも幸せな季節です。


lovelyピオーネlovely
Photo
果肉がしっかりして、酸味と甘みのバランスがGood!!


lovelyシャインマスカットlovely
Photo_2
マスカット系では、ダントツの甘さ。
ワンコインでは買えない高級品種です。


lovelyゴルビーlovely
Dsc_0422
粒が大きく、酸味のない甘〜いぶどう。
ゴルバチョフ元大統領に由来したネーミングです。


lovely藤稔(ふじみのり)lovely
Dsc_0421
巨峰のおいしさをパワーアップさせたぶどう。
おやじみたいな名前だが、巨峰系の中では一番おいしい。
他の地域では高級品種だけど、地元ではワンコインで頂けます。


平日の午前でも、直売所には、わんさか人が集まって、秋の実りを物色しています。
暑い思いして買いに行った甲斐があった〜。

しばらくはぶどう三昧の日々なので、そのうち体内が紫に染色されているかも?!

2012/08/29

オロカモノーッ

ドラマ「黒の女教師」より

思わずカナ表記にしてしまう程、決めセリフが浮いている印象のドラマですが、

それでも回を重ねるうちに、慣れて来た感じです。

おバカな我が家では早速「愚か者!」使わせて頂いてますよ。

例)オヤジ化した私の振る舞いを見た旦那が私に対して「愚か者!」
  かつての恥じらいもなく堂々と、空気を勃発した旦那に対して私が「愚か者!」

失礼。我が家の事情は、ここでは必要ないですね。

ドラマの成功は、出演者だけでは計れないものですが、ひとまず出演者だけで、粗方推し量れないだろうか、

という設定で、キャストの相性や運勢、個性を調べてみました。


<主な出演者の相性>


榮倉奈々さんと小林聡美さんは、二人だけで組むと運が下がる最悪の相性です。

お互いが相手に違和感を持ち、ぎくしゃくしてうまく行かないです。

市川実日子さんは、榮倉さんと小林さんとはやりづらいです。

特に榮倉さんとは、距離が近くなると、相手の嫌な部分が見えて不満を持ちやすい関係です。

ドラマでは3人が団結して、悪退治をしているのですが、

実際はぎくしゃくして、一緒に組んでも良い仕事ができない相性です。

しかしこの3人組に、木村文乃さんや光石研さん、駿河太郎さんが加わると、

ぎくしゃく感が無くなって、仕事がスムーズに進めやすくなります。

誰と組むかというのは、良い仕事をするには重要ですね。

次の回に、運勢と個性を書きます。

2012/08/26

不意打ち

夕方になり、ようやく日差しが緩んで来たので、買い物に行こうと歩き出しました。

東の空には、夕日に照らされて真っ赤になった入道雲、

西の空には、ウロコになりそこねたような雲、

季節の移り変わりを感じるこの頃です。

途中に介護付き老人ホームがあるのですが、夏祭りをしていて、テントの下でご年配方とその家族が団らんしていました。

すると舞台から、吹奏楽が演奏を始めました。

近所の高校の吹奏楽部です。自宅まで練習音が聞こえてくるので分かりました。

曲は「川の流れのように」です。

もちろん歌はありませんが、吹奏楽の柔らかい音色が辺りに広がった途端、思わずこみ上げてくるものがありました。

その瞬間、涙しそうになっている自分がいました。

何度も聞いている曲、いい曲なのは分かっているのですが、生演奏の音がダイレクトに放たれた時、

言いようのない感動がこみ上げてきたのです。

演奏している高校生たちは、自分達の音がそこまで感動の波を送っているとは想像していないでしょう。

タダの通行人である私が、その場を通り過ぎても風に乗って聞こえて来る音楽を耳にしながら、

言い様のない感動を味わっていた事、そっと記載しておこうと思います。

それにしても、突然の感動でした。

多分、今日同じ光景に出くわしても、同じようには感じなかったかもしれず、不思議なタイミングでした。

平穏に暮らしてはいますが、思いの外、疲れてるのかもしれない。

秋が近いから?

2012/08/25

ベランダ対策

早速サンシェードが届いたので、設置しました。

Pap_0143

日差しは快適です。

が、、窓を開けても、ぬるい風しか入ってこないので、

今まで通りエアコン頼みにはなってしまいます。

それでも日差しがカットされるだけで、気分が落ち着きますね。

突き刺さるような日差しがやわらいだので、残りの夏も乗り切らなきゃ。

今日は、ぴっちぴちのピオーネで「安らぎ」頂きました〜happy02
Dsc_0420


2012/08/22

危ない数字

とうとう今年も、危険な数値をたたき出しました。

Pap_0141

車の温度計です。

今まで、41度までは見た事があります。

8/7から初秋に入って、朝晩の涼しさが増して来たな〜と喜んでいたのも束の間、

太陽が傾き始めて、日差しが窓から入ってくる時間が長くなりました。

真夏の時は、太陽が高い位置にいたので、ベランダもそんなに日が差し込まなかったのですが、

最近は、ベランダをピザ釜のように熱くしてしまうかのように、太陽が照りつけています。

その日差しにうんざりして来たので、サンシェードなるものを買いに行ったのですが、

遅かった(ノ_-。)

1件目のお店は、イマイチな大きさのシェードしか残っておらず、

2件目のお店は、売れ残った和すだれしか置いておらず、

お目当ての布のシェードはもう、準備の早かったご家庭に配属されてしまったようです。

1日も早くベランダに付けたかった〜。

しょんぼりと帰宅して、ワンクリック注文したところです。

早く届け〜upwardright

2012/08/20

リッチマン プアウーマン

私はこのドラマが理解できない派なのですが、多くの人はかなりわくわく感を持ってご覧のようですね。

エセ)スティーブジョブス氏みたいなストーリーで、見ていてこそばいです。(ファンの方ごめんなさい)

時代遅れのおばちゃんなのでご勘弁を。


<主要なキャストの相性>

小栗旬さんと石原さとみさんは、お互いが相手を気に入りやすく、一緒に仕事をするとうまく行く関係です。
しかし、考え方や物事を進める手法が違いますし、お互いが自分のペースで進めて行く関係なので、
適度な距離を保って関わる必要があります。
関係が近くなればなる程、相手のイヤな面に耐えられなくなるでしょう。

小栗さんと相武紗季さんは、一体感があり一緒に仕事をするとお互いが上昇できて、
良い仕事ができる関係です。気持ちも強く惹かれ合う関係です。

小栗さんと井浦新さん、小栗さんと丸山智己さんは最悪の相性なので、
二人だけでは組まない方がいいです。
お互いが相手に違和感を持ち、どうしてもぎくしゃくする関係です。


<小栗旬さんについて>

小栗さんの2012年は、逆境の状況で、目上や親との対立や身近な人との問題で苦心しやすい年です。
思う様に物事が運ばない年ですが、小栗さん自身ではそこまで逆境を感じていないと思われます。
生活上の動きが出て結婚された訳ですが、2011年に結婚の意志を固めたと思います。
2016年まで、無理や強引さが出なければ、順調に進んで行ける時期が続きます。

小栗さんはプロ意識が強く、外見はにこやかに周囲と協調しつつも、
内面には野心を強く持ち、競争社会で力を発揮していくタイプです。
情報収集力があり、客観的な批判力を持っています。
世間の常識から外れた事はせず、仲間同士の交流を好みます。


<石原さとみさんについて>

石原さんの2012年は節目の年です。
12月末から次の運勢環境へ入り、生活に動きが出て変化します。
2012年までは、縁を変えて粘り強く対応して行く事で運が開けていく時期でした。

2012年末からは、財運や異性運が活発な時期ではあるものの、
意欲が強すぎて大事なものをなくしやすい時期です。
2012年はスカウトや昇進のチャンスの時で、評価や利益が上昇する年です。

石原さんは、強いエネルギーを持っていて、都会で活躍できるパワーにあふれた人です。
外見はにこやかでも、強い意志を秘めていて、どんな手段を使っても自分の理想を実現して行こうとする強さを持っています。
固い仕事ではなく、マスコミ、流行、海外などの分野に縁を持って発展します。
感受性が強く、感情の起伏も激しい傾向があります。


<井浦新さんについて>

井浦さんの2012年は節目の年です。9月から次の運勢環境に入り、生活も少し変化します。
芸名を改めたのも、ひとつの区切りが来たからでしょう。
今までは、気持ちが揺れやすく右か左か迷いがちで、本業と副業をするなど、一つに集中しづらい時期にいました。
9月以降からは、思わぬ出来事に遭遇しやすい時期に入り、変動も激しくなりやすいです。

派手さはないものの、独特のユーモアと人懐っこさが特徴的な人です。
職場では、はにかみ屋で腰は低い方です。
演出企画、デザイン、流行、といった独自のセンスを活かせる環境で発展できる人です。
流行に敏感で、大衆の気持ちをくみ取るのが上手、人に見られる事で良さが出て来ます。


<相武紗季さんについて>

相武さんは、2011年から周囲からの引き立てや支援に恵まれて、良い仕事にも出会える吉運の時期です。
2015年に新しく生活が変わりますので、ご結婚の可能性はありますね。

相武さんは、感覚が非常に研ぎ澄まされた人です。
独自の才能やアイディアを持ち、自己演出がとても上手です。
束縛を嫌い、とにかく自由な立場にいたいと願う人です。

2012/08/19

ぶどうの季節がやってきた

今年は全体的に遅めのお目見えでしたが、いよいよぶどうのシーズン到来です。

甲斐路に似たリザマートという品種(左)と巨峰系の紫玉という品種(右)
Dsc_0412


リザマートは、果肉がかっちりしていて、皮ごと食べられます。
ただ、種がいくつか入ってます。
丸みを帯びた細長い形が特徴的です。
香りは少ないそうですが、私はりんごのような風味を感じました。
糖度は巨峰に比べると低めです。
ぶどうの概念を覆した、という説明がありますが、確かにぶどうっぽくないぶどうです。


紫玉は、ほとんど巨峰です。
種なしのものは、すっきり食べられますね。
味が濃くて、酸味が無いので、食べごたえのあるぶどうです。

2012/08/18

オコゼに苦戦

海の幸とは無縁と思われる地域に住んでいますが、1件いい魚屋さんがあります。

スーパーでの品揃えがいまいちなこの時期、いそいそとその魚屋さんへ通います。

車でしか行けない距離なのが残念。

今回はオコゼを買ってしまいました。好奇心が先立って。

サバケばいいんでしょ、と安易に考えていました。

各ヒレ部分には猛毒が潜んでいる事も知らず。

さばくにしても、一応ネットで調べてからの方がいいよと主人に言われ、毒の事を知りました。

手に刺さると大変痛くて、グローブのように晴れ上がるらしいです。

それを知ってから、オコゼと対面するのが恐怖になりました。

いよいよその時が来て、まずはキッチンばさみでヒレを粗方切り取りました。

とはいえ、根元にまだ刺が残っているので、指に刺さないように慎重に包丁を入れました。

小ぶりのオコゼなのに、30分くらい格闘したでしょうか。

お腹部分の皮は妙に弾力性があり、わたを取るのに苦労しました。

あのブー垂れた顔と、ごちゃごちゃ張り付いている胴体を至近距離で眺めていると、

さすがの食欲も落ちてきます。

やっとの思いで揚げました。
Dsc_0414

身はぷりぷりで美味しかったです。白身はGoodですね。

やはり、どことなく特徴のある風味です。

お顔拝見
Dsc_0415

まだまだ冷めない、ズッキーニ熱、今回は黄色で。
Dsc_0416

とにかく食べられて良かった。次からはお店に下処理を頼みます。

2012/08/16

ご主人だけはやめてください

事故で全治3ヶ月の診断を受けた母は、あらかた支障のない生活ができるまでに回復しました。

最近では、仕事にも復帰したようで、平常運転が始まりつつあるようです。

やはり人と接してないと良さが出ない母ですから、本来の姿に戻って活気が出てきたようです。

ただ、娘としては心配な点があります。

それは、人を疑わないという事です。

信頼関係が持てた相手なら問題ないのですが、世の中は皆善人だと考えている点はやはり心配です。

今回の事故後の補償交渉にしても、相手の保険会社がうまく処理してくれるから大丈夫、の一点張り。

相手が100%非を認めた場合は、こちらの保険会社は関与できないそうですね。

相手の対応が常識的なら構いませんが、万が一悪質な相手だったら、とても素人では対応できません。

父も世間に疎い傾向があり、相手を疑うなどこちらの人間性が問われる、などと、

とんちんかんな精神論を振りかざしてきます。

今回は問題なく対応してもらえそうですが、いざ面倒な事態に直面した時、

家族を守る術があるのだろうか、と疑問を抱かずにはいられませんでした。


お盆に帰省して、気がかりが増えたように思います。

また、主人は主人で、面白いエピソードを仕入れて来ました。

義母が手術をした際、緊急連絡先を記入したところ、

看護師さんに「ご主人だけは止めて下さい」と言われたそうです。

緊急事態の時にご主人を呼んでも、大抵のご主人達は役に立たず、逆に迷惑だからという事らしいです。

なんとも、悲しい現実ですね。

自分の身は自分で守ろう、をモットーに女性達はたくましく生きて行かなきゃですね。

2012/08/08

北海道のお土産

主人が北海道のお土産を手にして出張から戻りました。

定番のトラピストクッキーと、元上司に勧められた「めんこい大平原」というお菓子です。
Pap_0142

「めんこい大平原」は、元上司が時々買って食べるというお菓子だそうです。

バターと生クリームの優しい味がする小っちゃなスポンジでした。

50代の常識あふれる男性が、これを自分で買って食している姿を、勝手ながら想像してみました。

男というのは、、いくつになってもピュアな時間が必要なんですね。

しばし優しくされたいって感じなんでしょう。

甘くて軽い食感の、子供が好みそうなお菓子です。


主人ときたら、たった2日しか滞在していないのに、北海道の気候に体が慣れてしまったらしく、

亜熱帯の我が家に帰るや否や、暑い暑いを連発し、今まで最高気温23℃の環境に居たからっ。

と語気を強めていました。

そうは言っても今夜は涼しい方だよ、という私の発言も宙に溶けて消えてしまいました。


2012/08/06

2012ひまわり

60万本のひまわりが植えられている明野のひまわりを見に行きました。

過去の経験から、曇りがちで気温も低めという絶好のsign03お天気の日に行くべし、

という事で、久々に雨となった本日行って来ました。

2012

時期を変えて植えられているので、60万本すべてが一斉に咲いている訳ではありませんが、

いつ来ても見応えのある、ひまわり畑です。

2012_2

ひまわりだって暑い。太陽の方角なんて向いてません。

むしろ反対を向いて、強い日差しから身を守るかのように立っています。

2012_3

「今年も暑くね?」

「うん、この日差し、やばいんだけど・・」

なんて慰め合っている会話があったりして。

初めて見に来るヒトは、車を下りた瞬間に思わず「うわーひまわりやばいよ」

と歓声を上げてしまうようです。そういう声を聞きました。


メイン会場は、まだつぼみの状態。
2012_4

今年もスタッフの方々の尽力によって、大輪のひまわりが一面を埋め尽くしました。

2012_6

蜂もいそがしい。

2012_5

近くには、ブルーベリー狩り、枝豆狩り、ラベンダー狩りができる所があります。

国産のブルーベリーは思ったよりも甘くてお勧めです。

また、ハイジの村という娯楽施設もあります。(入った事がないので詳細は不明)


雲一つない晴天をバックにひまわりを撮ろうとすると、砂浜のように焼ける事を覚悟しなければなりません。

かつて私がそういう「悪天候」の日に行った時には、たった1時間弱の滞在で、

全身が下着の型通りにくっきりと日焼けをして、痛い思いをしました。

そう、明野は国内トップの、日照時間がある地域です。


2012/08/02

夏メニュー

教室のサマー講座を受けてきました。

上)ふわふわスペインオムレツ
左)パエヤ
右)2色のガスパチョ   です。
Photo

ふわふわスペインオムレツは、中にじゃがいもが入っていて、
卵白をメレンゲ状に泡立てて、ふんわりと焼き上げる、まるでケーキのようなオムレツ。

パエヤは、豆がはいったパエリアの事らしいです。
ムール貝、あさり、えび、固め仕上がりのご飯にレモンを絞り、さっぱりと頂けます。

2色のガスパチョは、生クリームを加えて彩りと味わいに変化をつけています。
にんにくが効いて、冷たく冷やした、夏らしいスープです。
ガスパチョの中でも随分飲みやすいガスパチョでした。

今日は昼間から風が出て来て、おかしな、、と思っていたら、
随分早くに夕立が来ました。
強風と共にじゃんじゃん降ってくれて、建物およびアスファルトは平熱に戻ってくれた事でしょう。
毎日のように、水道からお湯が出て困ってます。

恵みの雨に感謝ですねhappy01

2012/08/01

偽装の疑いあり

学生さん達が、夏休みに入るこの時期、将来の受験生向けのオープンキャンパスが開催されます。

その期間中、高校生向けの実験教室が毎年行われていて、主人はその担当をしています。

毎年、DNA抽出という実験をしていて、初期の頃は牛肉、最近はマグロを使っています。

DNAを抽出すると、牛肉であれば、牛なのか他の肉なのかどうかが分かりますし、

マグロであれば、キハダマグロ、ビンナガマグロ、クロマグロ‥etc.と種類が明確に判明します。

DNA抽出実験は、高校生にとっては難易度が高い作業のようで(細かい且つ時間がかかる)

誰でもできるように簡素化した実験を構成するのが、頭を使うところのようです。

又、高校生に興味を持ってもらえるようなテーマや導入なども、吟味しているみたいです。


もうすぐ始まる講義の前に、主人自身が予備実験をしたようです。

マグロは何種類か揃えるので、大阪のとある業者からネットで取り寄せました。

簡易抽出の結果、不可思議なデータが出てしまい、いきなりトラブル発生だったそうです。

再び、時間を掛ける方法で作業したところ、買った時に表示されていたマグロの種類と、

DNAで判断できるマグロの種類が違う事が判明。

Photo_2
(本文とは関係ありません)

偽装の疑いが出て来たという訳です。

メバチだと表示されていたものが、キハダのDNAだったというのです。

それは、よくやられている偽装の1つで、メバチと言って売れば1.3倍の値段で売る事ができるのです。

大阪では、あまりマグロは食べられないので、騙しやすいのではないか、と主人は予想しています。

さて、業者にはどう責めるのでしょうか?

何かおまけしてくれればいいよ、なんて呑気な事を言っているので、

他に被害者が出ないように、ちゃんと償わせるべきだよ、と私は忠告したのですが、とはいえ、

きっといたちごっこでしょう。しかもこのご時世、生活がかかっていて手段を選べない人もいるでしょう。

人体に危害が加わる偽装でなければ、消費者も選別する「舌」を持たないといけないのかもしれませんね。

監査が入らなくても、こういう実験をしている所がありますので、

偽装を常習している業者は、ご注意あれ、といった所でしょうか。


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »