2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 矢部さんと青木アナさん | トップページ | コーヒーケーキ »

2012/09/12

特殊な嗜好

師匠の授業を受けて来ました。

今回盛り上がったのは、特殊な嗜好を持つ命式についてです。

生年月日から割り出された式(命式)が、とある条件を備えている場合、

特殊な嗜好を持つ人、と予想されます。

福山雅治さんは例として前から勉強してきましたが、

福山さんの場合、その条件をある程度、備えているものの断定はできず、もしかしたら?という範囲です。

しかし時折、浮いた話が出ては消える現象、これはカモフラージュ目的では?と憶測しちゃいますね。

カミングアウトが受け入れられやすい時代とはいえ、これだけ女性に人気があれば難しいのでしょうね。


次に「平井堅さんは、そういう命式では無いけど、世間では特殊だと言われてますよね?」と発言がありました。

「あの歌詞は、ホモじゃないと書けないよ」と言いながら、師匠は平井堅さんの命式とにらめっこしています。

その間、人生経験豊富な方の発言がありました。

「芸能人は若い頃から遊び慣れているから、早くから満足して飽きちゃうのよ」

そして、未開ゾーンへと進んで行く可能性がある、という持論でした。

なるほどねぇ。人はどん欲ですからねぇ。

師匠によると、もともと特殊な嗜好を持っている人もいるけれど、

そうじゃなくても特殊な世界に踏み込んでいる人もいる。

全くその気配を持っていないのに、たまたま相性抜群な相手が同性だったというケースもあるし、

痒い所に手が届く喜びを覚えたら、なかなか抜け出せないんじゃないの?との事。

確かに、特殊とうわさされる有名人の命式を調べてみると、

最初からその気配がある場合とそうでない場合があります。

命式だけではっきりとと判別するのは難しいようです。

その後、松平健さんと大地真央さん、佐久間良子さんと元旦那さんの、

割り切った結婚だったとうわさされている話や、

昔住んでいたアパートの隣りが、特殊嗜好の方々のたまり場だったという話が出て、

にぎやかに談義が進みました。

真っ昼間から酔わずに、こんな談義をしている私たちも、ある種の変態と言えるでしょうね。


« 矢部さんと青木アナさん | トップページ | コーヒーケーキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/47045206

この記事へのトラックバック一覧です: 特殊な嗜好:

« 矢部さんと青木アナさん | トップページ | コーヒーケーキ »