« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/31

宮沢りえさん

〜運勢について〜

この日に生まれた方は出生時刻によって個性も運勢も違ってきます。
師匠の予想している時刻と仮定して鑑定したいと思います。

1993〜2003年は、仕事や異性の事で苦心しやすい時期でした。
迷いやすい日常に強いストレスを感じやすく、その上エネルギーが弱いので、なかなか踏ん張りが効かない状況でした。
婚約破棄以降の不調だった時期と重なります。

2003〜13年は、まだエネルギーが弱いものの、仕事や異性面での迷いが消え、周囲からの評価にも恵まれて地位が上がる時期でした。
体調が整い、仕事で成果が出始めた時期と重なります。

2013年から人生環境が大きく変わります。
運からの応援を受けて、宮沢りえさん自身が強くなります。
気力や体力が充実して、粘り強く物事に取り組めるようになり、誰に頼らなくても自力で生きて行けるようになります。お母様からの精神的な自立もされると思います。


大きな節目の時には人との縁も大きく変わりやすいです。
現在、離婚協議中という事ですが、結婚された2009年は子供運の方が強かったですし、
配偶者の方とは相性がそれほど良くないのだろうと予想します。
2012年9月に決定したか、12月、翌2月には決定して来るのではないかと思います。

再婚の可能性も十分ある人ですが、今後はお子様を抱えて生きて行ける強さを得てますます大活躍されるでしょう。
海外との縁も強まりますし、国内に留まらず、世界的に活動されて行くと思います。

2023年までは、成果が十分に出にくい状況で、すぐには報われにくいですが、
2023年からは自然に成果が出てきて、すばらしい名誉、名声を手にする事になるでしょう。


〜個性について〜

女性らしく華やかな印象で、異性面では派手なイメージのある人ですが、内面には凛とした芯の強さを持ち、
男性への依頼心や甘えは少ないです。
(今まではエネルギーが弱い分、依頼心が強まる状況にいたと思います。)
悩みを人に打ち明ける事も少なく、精神的には孤独な傾向にある事が多いです。
気持ちが純粋な為、キズ付きやすく感情が激しい面がありますが、
自身の感性や技術力を活かし、純粋に没頭できる分野で名声に恵まれるという運を持った人です。

〜一緒に仕事をする場合〜


メリットデメリットをはっきり提示する事。
現実的、実用的な内容である事。競争心をくすぐる事も効果的。
リーダー的な立場ではなく、
No2の立場で動いてもらう事。
将来の見通しを示唆してあげる事。

2012/10/30

ユースケサンタマリアさん

ユースケサンタマリアさんも2013年に大きな節目を迎えます。
今年辺りから仕事に関しても、私生活に関しても変化が出始めていると思います。


〜運勢について〜

2003〜2013年は、一生懸命に取り組むものの、思う程の成果が出にくい時期でした。
身辺トラブルを抱えやすく、ストレスの多い状況だったと思います。
しかし一方で、独特の個性を発揮して、感覚的、直感的に物事に取り組んできた時期でした。

2013年は物事に答えが出て、これからの方向を決めるきっかけとなりそうです。
2013年からは大きく人生環境が変わり、これまでとは違う生き方を始める事になります。活動分野も変わってくるでしょう。
2014、15年は思う様には進まない年ですので、守りの姿勢で進まれるのが良いでしょう。
2023年までは、途中から局面が変わりやすい状況があるものの、努力した分だけの手応えが得られる時期です。


〜個性について〜

表面的には真面目な印象を与える人ですが、移り気で今この瞬間を楽しむという姿勢が強いです。
文章表現力があり、独自のアイディアやセンスを発揮して進み、芸能、マスコミ、企画演出の分野で発展できます。
普段は明るく周囲を盛り上げていますが、感受性が強く、デリケートな内面があり、人間関係ではストレスを溜めやすいです。
親しい人とそうでない人との付き合い方がはっきりしています。
また、頭の中に帳簿がある人ですので、金銭の管理はしっかりしています。


〜相性について〜

ユースケサンタマリアさんはSMAPメンバーを気に入りやすく、相手からも好かれやすい関係で、
一緒に仕事をすると上昇できる相手です。

特に草なぎ剛さんとはとても縁が強く、価値観も一致して意気投合しやすい相性です。
また、織田裕二さんとも縁が強く意気投合しやすいです。


〜仕事をする場合〜

横から口を挟まず、感情を乱さない事。
不安材料を減らし、清潔な環境を保つ事。
何かしてもらったら必ずお礼をし、頼み事がある時には先に貸しを作ると聞いてくれやすい。
折衝事には強く、こちらの欠点を見抜くのが早いので、抜かりない準備をしておく事。

2012/10/29

田村淳さん

政界への転身がうわさされている、ロンドンブーツの田村淳さん。
さてどうでしょうか?

 

〜運勢について〜

2013年から大きく人生環境が変わって行きます。
これまでの10年は、周囲との意見の食い違いやトラブル、クレームなどを抱えやすく浪費や無駄の出やすい時期でした。
客観的には順調に成功していたように思われても、田村さん自身は精神的なストレスの多い状況があったと思います。
とはいえエネルギーの強い人ですので、プレッシャーを感じつつも、与えられた試練やテーマに向かって意欲的に取り組んで行こうとした時期でした。

2013年からは、意外な有力者との縁がきっかけとなり、一身上の変化をして新しい生き方を始める事になります。
2014年にははっきりと方向性が決まります。

今までとは違う分野での活動になりますが、庶民サービスや大衆事業の分野、文化的な分野、貿易に関する分野に縁があります。


〜個性について〜

田村さんは大きな組織の一員としてよりも、小さくても組織のトップとして活動する方が合っている人です。
集団の中で協調して行くよりも、独自の個性を発揮して、アイディアやセンスを駆使して行く事で田村さんの良さが出ますので、政界では良さが出にくいでしょう。

人を、才能や実力で判断するよりも、その人柄、人間性で判断しますので、家庭的で人情味のある組織を作ります。
また、些細な事にも目を向けてチェックを怠りませんので、身近な人にとっては口うるさく感じる事もあるでしょう。
何事も十分過ぎるほど検討して、できる見込みが付かないと実行しません。

田村さんはこれから良い運に入りますので、田村さんと一緒に仕事をする人は良い方向へ進んで行けると思います。
しかし、田村さんは勝算が見込めるまでは決断しませんし、本当に好きな仕事でないと長続きしません。

〜恋愛について〜

田村淳さんは活発な交際関係が常に話題になる人ですが、話題に上った何人かのお相手を見てみますと、
田村さん自身が純粋に恋愛をしていた事がわかります。
表面的には全然違うタイプの女性でも、田村さんはどの女性にも本気だったと思います。自分の気持ちに正直な人ですね。
特に
misonoさんとは相性抜群でお互いが上昇し合える関係です。

田村さんは愛情がない生活はできない人で、自分も相手に愛情を注ぎたいし、相手からも愛情を欲しいという、嘘いつわりのない愛情関係を求めます。
表現のひとつとして、親しい相手には心を込めた贈り物をよくする人です。
ただ飽きっぽいので、ひとつの場所に留まらず、変転を繰り返す傾向はあります。
2013年からは身の上が大きく変わる時ですので、結婚の可能性は大いに出て来るでしょう。


〜一緒に仕事をする場合〜

実績や技術力だけをアピールしても評価してくれない人です。
安心できる人間性かどうか、仕事抜きで親しくなれるかどうかが重要です。
彼を孤独にさせず、好感を持っている事を常にアピールする事も効果的です。
そして細かいチェック、口うるさい事に慣れる事です。


〜まとめ〜


田村さんは今、大変化の途中にいます。
2014年にはっきりと方向性が決まります。
今までの生き方とは違う生き方を始める事になります。
これからは順調な運が来ますので、どの分野に行ってもうまくやっていけますが、
政界ではなく、独自のアイディア、センスを発揮できる企画演出の分野が合っています。

2012/10/26

織田裕二さんと柳葉敏郎さん

柳葉敏郎さん

〜運勢について〜

1991〜2001年は不遇の時期でした。
物事が裏目に出やすく、周囲からの応援も少ない状況で、心労が絶えない時期だったと思います。

そして2001年から人生環境が大きく変わりました。それまでの生き方から大きく変わられたと思います。
2011年までは、真面目に仕事をしていても、相手側のせいで迷惑を受けるとか、目上や上司のしわ寄せが自身に降り掛かるとかで、打撃を受けやすい状況でした。

2011年から、さらに自身のエネルギーが充満する時期に入りました。
2021年までは2つ以上の事に関わって行く時で、本業と副業、仕事と趣味など、同じ比重で精力的に取り組んで行く時です。最初は苦心があっても、次第に軌道に乗って順調になってくるでしょう。やる気満々ですので、行き過ぎやり過ぎに注意の時期です。

2012年はなかなか思い通りには進みにくい年です。
2013年は手応えのある結果は出ないものの、日々忙しく物事に取り組む年になります。
2014年は要注意の年です。年の途中には良い暗示があり、自身も良い雰囲気に感じて進みがちな時ですが、全体としては思わしくない事態となりやすいです。生活上、運命上の動きが激しく、2月6月12月は特に用心して過ごされるといいでしょう。

 

〜個性について〜

自身の理想を追求しようと進んで行きます。感受性が強くデリケートで、芸術的なセンスがあります。手先が器用で趣味が多く、常に体を動かして物事に取り組む人です。女性に対してもマメで、異性の縁は多いでしょう。

 

 

織田裕二さん

〜運勢について〜

デビューから2009年までは、かなり自身のエネルギーが強い時期でした。
2009年から大きく人生環境が変わり、それまでとは生き方を変えて行く大きな節目でした。
2009年以降はエネルギーが落ち着いてきて、仕事の分野、活躍の場を大きく変えて進む必要があります。
以前と同じやり方を続けるとか、活躍の場が同じままでは発展しにくいです。

1989〜99年は精力的に取り組む姿勢を持っているものの、思う様に進まないとか、ひとつの事に縁を持ちながらも、もうひとつにも縁ができるなど、集中しづらい時期でした。
1999〜2009年は心機一転して今までとは違う分野に挑戦する時期でした。
2009〜2019年は周囲の応援に恵まれ、自然に上昇して行ける時期です。

2012年は人気や評価が高まり名声に恵まれる年です。
2013年は達成度の高い年で、言う事なしの吉運で身の上に動きが出ます。
2014年はこれまでの事に区切りがついて、新しく生活を始める年です。

 

〜個性について〜

物事をより深く掘り下げて追求し、常に次の目標や理想を追い求める人です。
理想を具体的に実現する為に、どう取り組み、どんな手段があるのか、常に試行錯誤するのが日常となっていて、
周囲と調和を乱しても後には引かないところがあります。時には突拍子もない結論を出す事も。
人付き合いは良く、政治力もある人ですが、その手法柄、敵も味方も多い傾向です。

 

〜お二人の相性〜

お二人はとても縁の強い関係で、この先もなかなか縁は切れないでしょう。
織田さんは柳葉さんをとても気に入りやすく、柳葉さんと組む仕事は上昇できます。
しかし柳葉さんにとっては、何とも思わない相手で、織田さんの価値観や手法を理解するのに時間がかかります。
意思疎通がうまく行かないのに、なぜか離れられない相手で、どうしても一緒に仕事をする事になってしまう相手、
という感じです。

柳葉さんは感情を乱されるのが苦手な上、親分肌ですので、
自分をある程度気分良く扱ってくれない相手には親身になれないのでしょう。
親しい人とそうでない人との区別がはっきりしています。

織田さんにとって柳葉さんはとても気になる相手で、関わりたい相手なのですが、
相手からの反応がイマイチで、価値観も合いませんので、内面で色々な思考が巡らされて、
相手に対する判定をはっきり出したと思います。
結果は、長年うわさされている不仲説の通りだと思いますが、内情は織田さんの片思いが含まれていると思います。

2012/10/25

まだまだアナログ全開

私が通っているホームメイド協会改めホームメイドクッキングは、

創設者である灘吉利晃さんの逝去によって人事が入れ替わり、

大胆な企業改革をして、今もその最中のようです。

当初1年くらいは、20代?と噂された甥御さんがトップとして名が載っていましたが、

現在は公の企業公開の中に名前が出ておらず、どのポジションにいらっしゃるのかは不明です。

若いトップになってから、講師の集まりがiPadを使ったテレビ会議になったとかで、

ようやく文明の利器が入って来たんだと私は思っていました。

それまではFAXが最大の利器でしたので。

そして先日教室に行ったところ、昭和にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えました。

ホワイトボード一面に、小さな予定表がずらーっと並んでいたのです。

受講希望者は、そこに毎回名前を書いて予約しないといけないらしいのです。

あのー、iPadは活用しないんですか?ネットで予約できないんですか?

また、受講もチケット制になり、前もってチケットを買っておく事になったそうです。

それはいいのですが、そのチケットと言うのが、A4の通信簿みたいな紙に、

入金日付、確認印、受講済み印などなど、いちいちアナログにチェックして、

双方に漏れがないように、同じものがもう1つ、教室に保管されているようです。

講師は今までにも増して慎重に、印と念を押して、その通信簿に記録して行きます。

前よりも仕事、増えてますcoldsweats01

あのー、iPadは活用されないんでしょうか?

きっと、きっと、まだソフトが出来上がってないのでしょう。

そう思い込ませています。

ホワイトボードを敷き詰める程に並んだ紙を見て、

ある種の鳥肌が立ったのは、私だけでしょうか?

2012/10/24

授業

紹介か何かで知り合って、実際に会ってみたけれど、

どうも気が合わなくて、一緒に居てすごく疲れる相手でした、あなたの鑑定は間違ってました。

という報告を私は最近受けました。

理論的には一緒に組むと運がアップして、お互いに相手を気に入りやすい相性なんです。

理屈に合わないので、ど〜して?と師匠にぶつけてみました。

そうしたら、「多いんだよねぇ、そういう女性」と言われました。

お互いの相性がいいし、今後も発展の見込みがある男性で、年齢的にもこんなにいい条件の人はいないよ、

と勧めるのですが、女性側は「やっぱり顔が」とか「見た目が」となっちゃうみたいです。

一般的には男性は女性の見た目を重視しがちで、女性は男性の人となりを重視すると思われがちですが、

手こずっている女性は、意外にも男性の見た目を重視しがちだとか。

「女は誰だって受け入れるものなんだから。母なる大地なんだよっ」

なんて、やや大きい視点を繰り広げる師匠。

前出の男女鑑定を確認してもらった所「これ相性良いじゃない、もっと押すべきだよ」と言われました。

しかし価値観が全く違うので、相手の考え方を理解するのに時間がかかります。

また、最初の印象が悪くても、もう少し時間をかけて検討するという視点が少ない場合は、

二人の距離が縮まる前に終わってしまいます。

一緒に授業を受けていた人生の先輩方には、

「この方はきっと難しい人よ、わざわざ、当たらなかったって報告するなんて気が強いはず」

となぐさめてもらいました。

師匠の決まり文句はいつもこうです。

「目つぶって結婚しろっ」

確かに色々と求め過ぎるのは良くないでしょうね。

2012/10/21

クッキング教室

全体的に彩りは地味なんですが、今回は中華でした。

Photo

透明な皮の飲茶は、カニの赤とネギの緑で色合いは良かったです。

しかし写真の性能がいまいちで、ぱっとしない感じになってしまってます。

表面を焼いた豆腐に、味噌ベースのそぼろをかけるのは普段の料理に使えそう。

下に敷いた春雨揚げは、懐かしい盛りつけでした。

昔、祖母がやっていて、子供心にはマジックを見せられたような感じでした。

先生のお母様もしていたそうで、昭和時代に一時流行ったのかもしれませんね。

茶色い揚げ物は、えび団子にさいの目に切った食パンをつけて揚げたもの。

ちまきは家でもやってみたい一品です。

これも昔、友達のお母さんが作っているのに驚き、思い入れのある料理です。

「もち米ってなんだか、無性に食べたくなる時あるよね」

と皆の意見が一致して面白かったです。

これから寒くなってきて、一段ともち米が恋しくなりそうです。

おこわ、赤飯、ちまき、あぁ〜もち米をストックしなきゃ。

Photo_2

2012/10/20

防犯アイテム

子供の安全を守る為に、高度な防犯機能が付いたアイテムを子供に持たせるのが当たり前の時代になりました。

通学途中の特定の場所を通る度、親に知らせる機能があったり、

いざという時に居場所を知らせる機能があったりします。

でもこれは主に都会に通用する防犯対策のようです。

人口が100万人に満たない県の、山あいの小さなコミュニティーの子供達の防犯アイテムは、

「鈴」です。

小学校に上がる時に必ず揃えなくてはいけない物の中に鈴が入っているそうです。

そう、クマよけの鈴なんだそうです。

ランドセルに付いているので、通学時間にはシャンシャンと賑やかに音を立てているようです。

それでもサルには通用しないので、サル対策も急ピッチで進めなきゃいけない問題だとか。

夜にはシカが牧草や畑を荒らし、昼間はクマとサルに注意しなくてはいけない。



サルと言えば、高尾山のサルは分担して人を襲うという話も聞きました。

1匹が背後から人を押さえつけ、他のサルがズボンを下し、

人が歩けずあたふたしている隙に、持っていた食料を奪うらしいです。

人並みの知能を駆使する野生動物たち。

人と野生動物の境界線、人として越えてはならない境界線、

どちらももう一度見直す必要がありますね。

2012/10/19

孤独のグルメ

原作の漫画がドラマ化されて、深夜でこっそり放送していたみたいですね。

セカンドシーズンが始まりました。

私は原作もな〜にも知らなかったのですが、食いしん坊な人からお勧めされて見始めました。

いろんな面でおもしろいです。

主人公の井之頭五郎を演じるのは、俳優の松重豊さん。

美味しいものに目がなく、さっき甘味タイムを終えたとこなのに、すぐ次のお店でがっつり食べている、

という設定にしては、ガリガリで骨格がむき出しの骨皮筋雄な体型。

満面の笑みでうまいうまいを連発しているけれど、

もしかしたらすべてが演技で、実は食べるのが苦手?とこちらが心配したくなる程。

本当の食いしん坊ではない人が演じるアンバランスさも良いのかもしれない。

ドラマ中で流れている素朴な音楽は、原作者が演奏?作曲?しているらしく、手作り感満載。

エンディングで、「い、の、がしっ、らー」と聞こえてきて、

???と思っていたら、主人公の名前だったんですね。

素朴なセンス、いいですね。

作品中に出て来るお店には、ちょっと行ってみたい気分になるので、

商業的にも貢献しているドラマのようです。

夜中にお腹すいて困りますが。

リッチな生地

今回のパンは牛乳や卵、油脂が多く入ったリッチな生地でした。

柔らかくてベト付く生地なので、扱うのはやや難しいですが、

焼きたての柔らかいパンを頬張るのは、すべての事を忘れられる至福のひと時です。

左)レーズントップ 右)北欧パン

Photo

かじった後coldsweats01(1/4を、ですよ!)

Photo_2

それからスイスの編みパンです。

2012

お花が手に入りにくい季節に、こうして編んで花束に見立てて、

贈り物にしてきたようです。素敵ですね。

6本の立体編みをするのですが、性格が表れていますねwobbly

最初の6本を均等に伸ばすのがコツのようです。

棒伸ばしは苦手です。

これからの寒い季節は、リッチな生地が美味しく感じるでしょう。

2012/10/17

弾き合い会

SNSで知り合った人が運営しているサロンコンサートに参加しました。

今回は谷保駅すぐのKFまちかどホールという所でした。

商店街の中にある、普段は市民の集いの場として使われているこぢんまりしたホールでした。

解体途中?とも思えそうな、自然のままの天井が、意外にも響きを良くしていました。

外ではにぎやかな子供達の声、鉄板焼きの悩ましい香り等、

庶民的な環境での弾き合い会でした。

ピアノ奏者が多いですが、おなじみとなったリュート奏者の紳士の演奏は、

ほのぼのとした古代を連想させるひと時でした。

ジャンルも難易度もさまざまな奏者が集まっていますが、

人に何か感じてもらえるような演奏というのは、誰にとっても難しいですね。

技術でバンバン表現しても、そこに深みがないと単なる運動会になってしまいます。

また技術はおぼつかなくても、音楽に対する丁寧な姿勢、純真な気持ちを感じる時もあります。

そろそろ私も、騒音域から脱して音楽を奏でたいと思っています。

2012/10/12

紅玉

店頭に紅玉が並んだら、

Pap_0155

甘く煮込んで、

アップルパンか、
Pap_0156

アップルパイにしましょう。
Pap_0154
写真はアレですけど、、と〜っても美味しかったです。

う〜ん、この絶妙な酸味は紅玉にしか出せませんね。

2012/10/07

翠峰とシナノスマイル

200円/kgの高級品となっている翠峰(すいほう)を初めて食べました。

Photo
お店で味見を頂いた所、はちみつのような甘さにビックリしました。

見た目は、すっとぼけた色なんですが(失礼)、

みずみずしくて、と〜っても甘いsign03

食べた後いつまでも口の奥で甘みが残る、そんな甘さです。

マスカット系に見えますが、味の系統はマスカット系ではない感じです。

いつも行く臨時販売所は、贈答用を送ると、自宅用にはね出しを1房まるまるくれるので有り難いです。

とうとう「甲州」が並び始めてしまいましたので、

ぶどうの季節も終わりに来ています。

「甲州」はこの季節の"トリ"的な存在で、ワインになればいいけどそのまま食べるのは、、というぶどうです。

あぁ、楽しいぶどうの季節が行ってしまう。

冬の楽しみが殆どない地域なので、またあの暗い生活が待っているかと思うと、

少々ナイーブになりますdespair

これは、シナノスマイル
Photo

競走馬のようなネーミングのぶどうです。

酸味がなくて、甘〜いぶどう。

ムッチムチでプリップリという形容がぴったりくる、実のなり様です。

2012/10/06

焼きました

Pap_0153

モルトを入れたパリパリ食感のパン。

ねじったのは中にソーセージを入れました。

夕飯と同時進行で作ったので忙しかったです。

これで(市販の)食パンから逃れられた〜という、

お褒め(?)のお言葉を頂きましたcoldsweats01

2012/10/05

妄想できる募金

9月は私にとって動揺の大きい月だったので、初めて賭けというものをやってみました。

結果は、、残念極まりないしょぼさでした。

最近は募金をしていなかったので、これで善い行いができたのでは、と自分をなぐさめています。

わざわざ方角を選んで遠くの売り場まで行ったのですが。

西方面は、ひらけていない地域が多く、売り場を見つけるのが難しかったです。

ぎり西?と思われる売り場で、恐る恐る購入しました。

売り場のおばちゃんはすぐに素人と分かったようで、いろいろな種類のくじを説明したパンフレットを渡してくれました。

記載漏れには丁寧に対応してくれて、お使い頼まれた子みたいに学んで来ました。

それにしても、小遣いくらいはゲットしたかったなぁ。

あと下一桁さえ合ってればなぁ。いい線行ってたのに。

って、良くある状況でしょうね。狙うならやっぱり10月でしょうか?

10月もまた個人的に動揺が出ますので、懲りずに試してみます。

2012/10/02

吐息でNet

今年の6月ごろに流行っていた少々古い話題ですが、、

面白い無線LANのネーミングがあるようですね。

「応仁のLAN」とか「大塩平八郎のLAN」などなど。

我が家は、「名字のネットワーク」になっていて、

長らく、表札をご近所に見せびらかしながらネットを繋げていた状況でしたwobbly

設定を変えるにあたって、何か面白いネーミングはないか、、と思案していた所、

主人は寝入りばなに思いついたそうです。

「吐息でネット」

世代がバレますね。

でもなかなかいいんじゃないかと。

iPhoneの方は、「電撃ネットワーク」にするみたいです。

ファンでも何でもありませんが、くだらない笑いが好きなんですね。

現代版言葉遊びです。

主人は、近所の人もマネして面白いネーミングに変えないかな、、とひそかに期待しているようです。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »