« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012/11/30

徳井義実さん 高橋光臣さん

お笑いチュートリアルの徳井さんと、今年前半の朝ドラで知名度が上がった、

俳優の高橋光臣さんは、顔がとても似ていると思いますが、

面白い事に個性も似た者同士なんですね。

運の巡りや、取り組む手法は違いますが、

基本的な価値観は同じで、兄弟以上の親近感が持てるのではないでしょうか。

 

〜共通した個性〜

周囲との連帯意識を持ち、協調しながら進んでいるつもりでも、

個性が強く、どうしても周囲から異質な感じを持たれてしまうタイプです。

専門分野を絞り、深く掘り下げて行く事で良さが出て来ます。

すべての事に平均的に取り組むのでは開運できません。

独特の個性を発揮して、平均的ではない人生を歩むべきタイプです。



〜徳井さんの個性〜

表面的には愛想良く、本音を悟らせない態度を取っていますが、

かなり野心が強く、目的の為には手段を選ばないという素質を持っています。

また情報収集力に長けていて、鋭いカンを持って決断し、実行して行く手法を持っています。

時には突拍子も無い言動となる事もあり、周囲との調和を乱す事もありますが、

独立して単独行動する事はなく、必ず何かの組織やチームに属して活動して行く人です。


〜徳井さんの運勢〜

2009年から今の運勢に入っていて、自身の気力がものすごく強まっている時期です。

もともと野心が強い上に、やる気満々になる運気に入っているので、

一緒に仕事をする人はやりづらいでしょう。

また、気力が十分に満ちている状況でありながら、目の前に現れる獲物が小さ過ぎるので、

ガツガツ精力的に取り組んでも手応えが得られず、逆に苦心しやすい時期です。

言動のセーブも効きづらく、行き過ぎ&やり過ぎになりやすいです。


2010年に、これまでの事にけじめが付き、新規着手をして今の生活に入ったと思います。

2012年は相手の為に犠牲を払う事が多い年です。

相手に世話を焼いても、尽くすばかりとなってしまう状況です。

2013年は拡大発展の年で、順調に過ごせるでしょう。

2014年はお相手とのタイミングが合えば、結婚が決まる年です。

良くも悪くも世間を騒がせる年になりそうです。


〜恋愛について〜

恋愛に関してもハンター徳井といった感じです。

常に冷静で燃えにくいですが、獲物を取り逃がした時にはかなり未練を引きずるタイプです。

過去のNさんとは相思相愛でしたが、デリケートなNさんは徳井さんに付いて行けなかった事でしょう。

過去のSさんとは、Sさんの人目惚れで、徳井さんはそれ程でもなかったと思います。


〜高橋光臣さんの運勢〜

2005年デビューの年は、これまでの事にけじめが付き、心機一転して進んで行く年でした。

その後、2007、08年の所属変更など、時の巡りに沿って進まれて来ています。


2010年から今の運勢に入り、金銭面の出入りが大きい時期になりました。

徳井さんとは違って大きな獲物ですが、自身の気力が不足ぎみで獲得するのに疲労しやすい状況です。

異性面でも縁が多くなる時期で、大小のトラブルは抱えそうです。

2012年は朝ドラで知名度が上がりました。

しかし達成までには、色々と乗り越えるべき試練があったと思います。

又、お相手とタイミングが合えば結婚が決まる年です。

2013年は親や目上との対立を抱えやすく、自身の主張が通りにくい状況ですので、

淡々と進まれると良いでしょう。

2014年は趣味や特技などで、今までとは違う縁を持つと気分が安定してくる年です。

又、結婚が決まる年です。


〜高橋光臣さんの個性〜

出生時刻にもよりますが、なかなかすっきりと言動が定まりにくい傾向があります。

ひとつを考えながら、もう一方も気になり集中しづらく、

ブレーキとアクセルを同時に踏んでいるような不明瞭さを抱えています。

心理的にもはっきりとした充実感を持ちにくい人です。

仕事に対しては、自身が好きで楽しめるかどうかを重視しています。

日々勤勉で、地道に努力を重ねる人で、客観性が強く、一歩引いた見方をしやすいです。

ラッキーカラーは黄色です。


〜恋愛について〜

今を楽しむという意識が強く遊び好きな傾向です。

世間受けが良く、献身的に愛情を捧げてくれる相手を好みます。

2012/11/29

叶恭子さんと叶美香さん

お二人に巡ってる時の流れを見て、そろそろ何かあるのではないかと前から張っていたのですが、

謎の多いお二人ですので、公表の生年月日が本当かどうか不安でした。

でも多分合っているのでしょう、ターニングポイントを迎えています。

30年に1度の大きなターニングポイントである「接木」の頃には、

何かしらの出来事が起き、立ち止まらされて、人生を振り返り見直す、

そういう時間やきっかけを与えられるんですね。

私の周囲では、ケガや病気などの体調不良をよく聞きます。

余程多忙で鈍感でない限り、何か気持ちがざわざわとして落ち着かない状況になります。



叶恭子さん

〜運勢について〜

もともと自立して社会的に活躍するエネルギーは不足している方ですが、

1972〜2002年は運の応援を受けて、自身が強くなれる時期でした。

2002〜12年は接する相手によって、吉凶が変わって来る時期で、

相手の迷惑が自身に降り掛かって来やすい時期でした。


2012年の10月からはエネルギーが弱くなりますので、

今までのような広い社会を相手にした活躍から、身近な活動へと移行して来ます。

今まで以上に誰かに頼りながら進んで行く必要がありますし、

もしかすると頼っていた相手(パトロン?)との離別があるかもしれません。

10月〜節分までは逆境を感じる状況ですが、2022年までの全体的な運は安定しています。

再起をかけるとか、再縁があるとか、何か再開するという気配が強く、

概ねうまく回って行きやすいです。

2016年に物事の決着があり、生活が変わって行くでしょう。


〜個性について〜

合理的で現実的な思考の持ち主です。

何事にも臨機応変に対応でき、周囲に対しての配慮も行き届いています。

競争意識は強く、体当たりで理想に向かって行く意欲を持っています。

しかし、すぐに結果を求めたがる傾向もあり、途中で失速する場合があります。

時代の流れを見抜く眼力があり、鋭い感性を持っています。

品格を保つ事には常に気を使い、磨かれた知性とセンスで相手を魅了させる人です。

リスクを負う事を避ける為、深入りせずに距離を保った人間関係となりやすいです。


〜好きな男性のタイプ〜

知的で合理的な判断力を持った人。

社会的に成功し地位を築いている人。

自身に良い影響をもたらしてくれる人。



叶美香さん

〜運勢について〜

2013年から大きく人生環境が変わります。

2003〜13年は地位や名声には縁遠かったものの、利益には恵まれた時期でした。

スキャンダルやピンチをかわしながら進んで来られたと思います。

また、自分らしさが発揮できる時期でもありました。

2013〜23年は財運が活発で、評価にも恵まれ上昇して、喜び事の多い時期です。

2013年はこれからの方向を決める出来事があるでしょう。

物事に答えが出て、新規着手して行く時です。

2016年に身の上の動きが出て、ふさわしい獲得や達成があるでしょう。


〜個性について〜

周囲に対する気遣いや雰囲気作りに長けていて、大衆相手のサービス業に向いている人です。

華やかで賑やかな雰囲気の中に居ながら、内面では孤独や不安が強い人です。

情熱的で興奮しやすいので、平凡な家庭生活には向かず、波乱な生き方をしやすい傾向を持っています。

また、自分がやりたいと思った事は、反対されても押し通して行動して行く人で、

自分のスタイルを貫き通します。

誰に頼らずとも、自立して社会的に活躍できるエネルギーのある人です。


〜好きな男性のタイプ〜

優しく、センスや教養を備えながらも、どことなく気弱ではにかみを持った人。

束縛せずに自身を尊重してくれる人。


〜姉妹の相性について〜

話しやすい関係ですが、一緒に組んで上昇できる関係ではありません。

どちらかが強く相手を求めるという事もなく、大きな人生の節目には離れやすい相性です。

どちらかが11〜13時でもう一方が19〜21時生まれなら、

結びつきは強まり、一緒に居ると上昇できる関係です。


今後はお二人の関係が変化してくると思います。

一度足を止めてこれまでの人生を振り返り、生活様式も、仕事分野も、

大きく変化させて進んで行く時を迎えています。

2012/11/28

コンサート

葉加瀬太郎のコンサートに行きました。

どちらかと言うと主人の趣向につき合った感じです。

音源を聴く限りでは、分かりやすい馴染みやすい音楽だな〜という印象だけでした。

まぁ実際の生演奏、ステージは良かったです。

題名の無い音楽会という番組内で「はかせ博士」というキャラをやっているらしいのですが、

そのコーナーをステージでも取り入れて、緩急付いたステージ演出として良かったと思います。


ステージで興味深かった所をいくつか挙げたいと思います。

まず、ごちゃごちゃと配線が繋がった机の上にMacノートを広げて、

手元でボタン操作をする人もステージに居た事。

DJよりもさらにメンテナンスっぽい作業をされていて、

音楽に携わっているのは間違いないですが、

他のステージ上の奏者とは異質に感じました。

ヘッドホンをして音楽にのせて体を揺らすのも仕事の一つの様でした。


次に、すべての楽器にアンプが接続されていましたが、

コントラバスはサイレント楽器を使っていて、とっても合理的でした。

ボディーが無いからコンパクトで演奏も移動もしやすいのでしょう。


そして、パーカッション。

太鼓ポコポコ、鈴チロリロ、缶カンみたいなのをシャカシャカ。

これでお金もらえるなんていいなぁと思ってしまいました。

えぇもちろん、曲のアレンジや演出センスが重要なのは分かっておりますよ。

ピアノも居ましたが、やはりという扱い。

殆どの時間、音が聞こえる事はありませんでした。

音譜をあんなに沢山弾かなきゃいけないのに、損な役回りです。


さて、最近のコンサートでは、場内でプログラムを販売するのが増えていますね。

今回はなんと羽のセンスを売る、売り子さんが登場してびっくりしました。

ディスコアレンジした情熱大陸にノッて、羽のセンスをフリフリするのです。

もちろん私たち周辺は重い腰をドッシリと下ろして鑑賞しちゃいました。

ごめんなさい、情熱大陸では羞恥心が飛ばせませ〜ん
coldsweats01

なかなか楽しめるコンサートでした。

2012/11/26

そっちで元気にしてる?

小学校時代の同級生Rが突然旅立ったという連絡を受けたのが2年前の今日だった。

Rちゃんが途中で転校してからずっと再会する事はなく、

実質的には別世界で暮らす間柄だったのだが、

いつか同窓会などで集まるものだと思っていたので、

それがもう永遠に叶わない事になるのは残念でならない。


Rちゃんとは塾が一緒で、いつも私が自宅まで迎えに行き一緒に通学していた。

家のチャイムを押しても、玄関先でちょっと待たされるのが常だった。

彼女のせいで遅刻しそうになる事もあった。

ある時は「はいっ」と、そら豆を1つくれた事もあった。

彼女はちょっと姉御肌で、服装も大人びていて物知りだった。

「あんたさぁ、◯◯なんだよっ」とか「あいつ◯◯な所があるからね」

と、愛情を含みつつも断定的な言い草が特徴的だった。


お線香をあげに同級生達で集まった時にも、

「あんたって言われたの、彼女くらいだったよねぇ」と懐かしんだ。

彼女は結婚して2年目で、まだまだ新婚気分が残っている時だった。

ウエディング姿で写真に収まる彼女を見て、

本人ともう会えないという実感を湧く者は居なかっただろう。

思わぬ形ではあったが、こうして皆で集まる事になったのも、

もしかしたら彼女らしいプレゼントかもしれないねと言い合い、

乾杯をしてそれぞれの近況を報告し合ったのだった。


不謹慎ではあるが、陰陽五行学を勉強している身として、

彼女に巡っていた運を見てみた。

旅立つタイミングでは無い。しかし師匠が言う「運にやられるタイミング」だった。

風邪をこじらせて治りが悪く、菌が心臓に回ってしまったのは、

医学的にみても運が悪かったとしか言えないらしい。(専門医より)


私は先の見えないトンネルを歩いているような気分になる時、彼女の事を思い出す。

「生きてるならいいじゃん」ときっぱりと言ってくれる彼女を連想させては、

抱えすぎた不安を一度置いて、重い腰を上げるようにしている。

まだまだ修行が必要な身ですから。

彼女、多分元気にやってるんだろうな。

是枝裕和 映画監督

映画監督、ノンフィクション、CM、本の出版と幅広く活躍されている是枝裕和監督。

どんな時の流れの中に置かれているのか見てみました。



〜個性について〜

机上であれこれ思案するよりも、まず実行してみるという人で、

日々勤勉に物事に取り組んで行く人です。

努力を積み重ねて、結果を出す事こそが重要だと考え、

専門の技術力ひとつで生きて行くタイプです。

仕事では自身ですべてを把握しておきたい人ですので、

相手に任せず細部まで徹底したチェックをします。

気持ちが純粋で正義感が強く、批判力もあるので、

社会に対してメッセージを投げかけるノンフィクション部門は最適だと思います。

一方、創作や未来予測は苦手で、早く答えを出したい傾向がある為、

現実味の少ないファンタジー部門、息長く練って行く長編部門では良さが出にくいでしょう。

創作に関しては、既存のものに工夫を加えて、さらに良いものにしていく手法を持っています。

独自の人生観を持ち、周囲とは異質の鋭い感性を活かして進んで行く人です。


〜運勢について〜

2002〜12年は、地位や名声には縁遠くなるものの、

金銭的な利益はかなり恵まれる時期でした。

それでも、地位や名声が全く消えてしまう程にはならない時でした。

2012年10月に大きな節目を迎え、これからは今までとは違う生き方

をして行く事になります。

仕事に関してもこれまで通りとは行かず、分野、環境、取り組み方など

大きく変わって来るでしょう。


10月〜節分までは、これまでの事に一区切り付き、生活が変わる可能性があります。

2012〜23年までの時期は、身近な人に対する消耗が増える時期で、

金銭的にも精神的にも消耗が激しくなりそうです。

家庭内や仕事のチーム内での苦心を抱えやすいです。

出生時刻が1〜3時又は13〜15時の場合は成果が出て来やすい状況です。


2013年は身の上に動きが出ます。

周囲と意見が合わず妥協を強いられる状況で、方向転換が必要になってくるでしょう。

しかし方向を変えた事で、意外なチャンスが舞い込む可能性もある時です。

体調は崩しやすい時です。


2014年は周囲の応援や評価に恵まれ発展できる年です。

これまでの地位を捨てる事になっても、かえって大きな発展ができる時です。


ラッキーカラーの深緑を使い、物事を仕掛けるのにふさわしいタイミングで

進まれると良いでしょう。



〜一緒に仕事をする場合〜

日々努力する姿勢を見せて、目に見える結果を出す。

話は周りくどくせず、簡潔に要点を説明する。

着想力、推理能力、予測能力をアピールする。

お酒や会食の席で距離が縮まる可能性あり。



これまでの分野とは違う分野で活動され始める事は、

時の流れから見ると自然な動きだと思います。

個性派で、これからも独自の技術力を武器に取り組んで行かれると思います。

2012/11/25

止まり木さん

携帯に留守録があった。

何ヶ月ぶりかの「止まり木」さんだ。

可笑しい事に、電波OFFしなきゃいけない時ばかり掛けてくる「止まり木」さん。

声と番号から推測して、60代の西東京〜神奈川のおばちゃん。

いつも「止まり木ですけどぉ、もう皆集まってっから早く来なよぅ、待ってるからねっ」という内容。

私は最初の時点で、すぐ着信拒否に登録させて頂いたのだが、

番号違いにまだ気付いていないのだろうか。

本人とは連絡付いてないのだろうか。


以前、連続して入っていた時には、代わりに私が行こうか?

と思える程、待ちくたびれてる感じだった。


フムthink

暇なので空想してみた。

何かおばちゃん連中の定期的な集まりなのか?

時間的には飲み会の誘いのようだし。

フム
think

でももう本人から正しい番号を教えてもらっても良い頃だよね。

あっ
sign02

もしかしてお店のママとか?

売り上げUPの為に、片っ端から連絡入れているのかもしれない。

そしてその客は、デタラメな番号を教えて逃げているんだろう。

お願いですから、連絡取れないで居る「止まり木」さん、いい加減もう気付きましょうよ。

2012/11/24

ロシア料理

ロシア料理を習いました。

ボルシチ、ピロシキとお馴染みのものから、

色々な香辛料を混ぜ混ぜして、異国風味たっぷりなソースをかけた蒸し鶏とか、

鱈をヨーグルトが入った衣をまとわせて焼くとか、変わった料理が多かったです。

今回始めて出会った、ビーツという食材。

北海道産の赤かぶを使いましたが、独特の香りを放っていましたね。

最初に丸ごと煮るのですが、土の香りがなんとも外国チックでした。

ブルーベリーもハスカップもドラゴンフルーツもびっくりという位、

真っ赤っかに染まった「かぶ」です。

それをジャガイモやピクルス、りんごと一緒に、

サワークリームベースのベーストで和えたサラダにしたり、

ボルシチに入れて煮込んだりしました。

他の食材達を有無を言わせず赤い世界に巻き込んでしまう強烈な食材です。
Photo
Photo_3

ロシアは寒いので、昔から正式な場では1品ずつ給仕されてきたようで、

それをフランスが真似て、コース料理へと発展したそうですよ。

寒い国だから、辛い料理かと思いきや、サワークリームのような、

乳脂肪分を多用する食事が多いようです。

あとはひたすらウォッカで保温でしょうか。

今回は、ハスカップジャムorカシスジャムの、ロシアンティーで頂きました。

2012/11/23

志賀廣太郎さん

名前だけでは顔を思い出せない方が多いかもしれませんが、

コンスタントに脇役で出られていて、よく見かける俳優さんです。

もともと大器晩成型になりやすいタイプの方ですが、

運勢もその通りの巡りとなっているので驚きました。

志賀さんは、もとはエネルギーがあふれている人ではないですので、

組織に入り、そこで守られながら活動して行くタイプの人です。

しかし運の応援を受けて自身が強くなった時、

より広い社会での活躍ができる情勢になりました。

芽が出なくても腐らず過ごしていれば、花開く季節に才能を開花させる事ができる、

そんな真理を実現させた俳優さんだと思います。




〜運勢について〜

長らく演劇系の教壇に立っていた志賀さん。

42歳で劇団に入り45歳で俳優デビューを飾り、今や脇役として欠かせない存在です。

劇団に入団した1990年は、志賀さんにとって身辺の動きがとても激しくなる

午年の年でした。

良い事も悪い事もアップダウンが激しくて、すんなりとはいかず、

周囲との意見調整や家庭内の諸事情など、試練を乗り越えて獲得した道

だったのではないかと思います。

志賀さんは良い配偶者に恵まれる人ですので、奥様の理解もあったと思います。



1991〜2001年は、順調に過ごしやすい時期ではありましたが、

より広い社会で活発に取り組んで行くには、まだエネルギーが少ない状況でした。


2001年から運の応援が始まり、自身のエネルギーが充実して活動的に

なられたと思います。

以降、自身のエネルギーが充実し、より大きな活躍ができる時期が続きます。


2001〜11年は、目立つ活動が吉と出る時期でした。

大衆に向かってアピールする事で上昇できる時で、

実際にこの頃から
TVでよく見かけるようになったようですね。


2011年からは少し環境が変わって、今の生活に入っています。

2011〜21年は、自己主張を控え、周囲と合わせて行く姿勢が持てれば、

順調に過ごせる時期です。

親や目上との関係を良好に保つ事がポイントになって来ます。

また、理屈っぽく思案しやすい時期でもあります。


2021〜31年は、正攻法で取り組む分、又それ以上の成果が見込める時期です。

狙っていたもの、ふさわしいものを獲得する発展運です。

社会に向けたアピールも活発になるでしょう。



直近の午年である2014年は、やはり身辺の動きが大きく出て来る時です。

良い形で達成ができ、ふさわしい獲得もできる時で、殆ど良い暗示の年ですが、

念のため体調には注意されておかれた方がいいと思います。


〜個性について〜

続きを読む "志賀廣太郎さん" »

2012/11/21

爆笑問題(2)

〜太田光さんと奥さんの相性〜


一家の主が二人居るというような関係なので、適度な距離を保って関わって行く必要があります。

価値観は理解しやすいですが、どうしても相手のやり方が気に入らなくて、

逐一イラっと来やすい関係です。

太田さんは奥さんを気に入りやすく、手応えも持ちやすいですが、

奥さんは愛されているものの、自分はどこか心から満足できないという心境になりやすいです。



〜太田光代さんの個性と運勢〜

少女的な茶目っ気と気まぐれさを持ったロマンチストな人です。

分析的な判断よりも、情熱と直感で物事を判断して行きます。

流行や社会情勢に敏感で、多くの人と関わる環境で良さが発揮される人です。

また、マネージメント能力が高く、社会的に活躍するパワーもあふれていて、

実業家として十分に発展して行く人です。

内面では芯が強く、とても意欲的な人ですが、

周囲からはソフトな印象を持たれやすく人気も得られやすいです。


2014年後半から大きく人生環境が変わりますので、そろそろ身辺が落ち着かなくなって来ます。

仕事も家庭もこれまでの形から徐々に変化して来るでしょう。夫婦間も変化しやすいです。

2014年に何か一区切りつく出来事がありそうです。

2014年以降は、自己主張を控えて、周囲に合わせる姿勢が吉と出る時期です。


ご夫婦はお子様を強く望んでいらっしゃって、その活動を公表されていますね。

奥様は人生のターニングポイントですので、何かしらの大きな変化がある時です。

私は、ご夫婦の希望が実って、後に続く多くの女性を勇気づけてもらいたいと願う一方で、

子供を持たなくても女性として輝ける人生があるという事を広めてもらいたいとも思います。

どちらにしても、かっこ良く生きる現代女性として、世間から注目される人ですので、

これからも彼女らしく進んで行かれる事でしょう。

爆笑問題(1)

爆笑問題の田中裕二さんが、成人者には滅多にかからない病気をされて、

ピュアな奴だと言われていましたが、冗談ではなく本当に純粋で傷つきやすい一面を持った人ですね。

爆笑問題の太田光さん、田中裕二さん、そして事務所社長の太田光代さんについてみてみました。

〜太田さんと田中さんの相性〜


お互いが強く惹かれ合う関係です。

兄弟のような親近感もあり、一緒に仕事をするとお互いが上昇できる抜群の相性です。

価値観は違いますが本音を言い合えて、心から満足できる関係です。

太田さんはより個人的な理想に向かって進んで行く人で、

現実や裏を知ると夢ばかり追いかけずに安全志向になるのに対して、

田中さんは夢や目標は必ず実現させるものだと考える人で、

その為の作戦を練りに練った上で、周囲を巻き込んで具体化して行きます。



〜太田光さんの個性と運勢〜


ひょうきん者で口八丁手八丁な手法を持ち、表向きは自信満々な人だと見られがちですが、

内面は神経が細やかで対人的な警戒心も強く、心身共にデリケートな人です。

世話好きで、周囲に対する面倒見が良く、目下からは慕われやすいですし、

礼儀正しく熱血漢なので目上からの人望も得やすいです。

しかし、とにかく自分の信念を貫き通して行くので、

頑固でアクが強く変わり者だと周囲から思われやすいです。

それでも何かと周囲からの人気があり、マスコミ、企画、大衆サービスの分野で発展する人です。

大変な読書家で、著書も出されていますので、もしかしたら17〜23時のお生まれではないかと予想しています。


2008年から今の運気に入っており2018年までの時期は、

日々常に苦心を抱えがちで、苦しい中からも活路を見いだして進んで行く時です。

愛情面、金銭面、ビジネス面での苦心を抱えそうですが、最終的には成果が出る時期です。

2013年はこれまでの事に区切りがついて、新規着手して進んで行く年です。


〜田中裕二さんの個性と運勢〜

何事にも即断即決で、白黒はっきりさせ、物事に体当たりで挑んで行く人です。

ただ、最初の意気込みは素晴らしくても、途中で思わぬ障害に出くわすと、

途端に意欲を失い尻すぼみになる傾向はあります。

博識で数字に強く、理論的に分析する思考の持ち主です。

また、流行感覚や庶民感覚に優れていて、自身のアイディアやセンスを発揮して進む人です。

素朴で真面目な人柄から、目上には好かれやすいですが、

目下には偏屈で堅苦しい印象を持たれやすいです。

我がままで自分勝手な面が、女性の母性をくすぐるので、

女性にしてみれば、何かとお世話を焼きたくなってしまう男性です。



2012年は逆境の年、すべて守りの姿勢で進む時ですが、

現在の全体的な運気は良好ですので、後を引く程ひどくはならない時です。

2013年からは少し環境が変わりますので、今は多少身辺が落ち着かない状況です。

2013〜23年は全体的に悩みやすい時期です。

もともと目標が定まらない場合、とことん悩みやすい上に、

はっきりとは手応えが持てない時期に入りますので苦心しやすいと思います。

それでも、乗り越えるだけのパワーを持っていますし、

逆境には強い人ですので、コツコツ地道に進んで行かれると思います。

趣味の時間やリラックスできる時間を持ちながら過ごされるといいですね。

2013、14年は発展運です。

2014年は身の上に動きが出て、ふさわしい獲得、成約ができる年です。



2012/11/20

肉まん

この冬3回目にして、ようやくマトモな肉まんを蒸す事ができました。

Photo_2

これでは何だかわからないcoldsweats01

前に作った時の中身の写真は以下です。

2012

この肉まんが待っていると思えば、温かい布団から抜け出す事ができます。

具の状態によって包む難易度が高くなります。

カレーまんは汁っぽくしてしまい失敗しました。

汁気に注意して、ピザまんとかラタトゥイユまんとか作ってみようと思います。

あっ、あんまんは無事クリアしてます。

そうそう、長野で食べたローメンマンにも挑戦したいですが、

麺の取り扱いがワザいるかも?



2012/11/19

北野武さん

「北野武も来年から大きく変わるからね」

と師匠がぽろっと言ったのが気になって、調べてみました。

過去の出来事から出生時刻をあれこれ探ってみましたが、よく分かりませんでした。

よって3柱の推命とします。


〜運勢について〜

国内の芸能活動だけでなく、世界の北野と評されるまでに自身の世界観を確立した北野武さん。

1973〜2012年は運の応援を受けて、自身が強くなる時期が巡っていました。

2013年からは運の応援が静まり、これまでの大きな世界での活動から、より身近な範囲での活動へと移行してきます。

2013年は30年ぶりの大きな節目であり、これまでとは全く違う環境に身を置いて、今までとは違う生き方をする事になります。

出演されているテレビ番組も、その他の仕事も縮小方向になると思います。

特に2013年と2015年は守りに徹する年。

思わぬアクシデントに遭遇するとか、小さなアクシデントであっても今後に響いてくるような事態に発展しかねない時です。

間合いを大事にされてきた北野さんですが、2013、15年は多くの魔が潜んでいますので、

魔を避けながら進んで行く事、間を外す過ごし方が重要です。

間が合ってしまえば、前記のような今後に響く事態となって来るでしょう。

2012年辺りから気持ちがざわついて、得体の知れない時の流れの大変化を予感されていると思います。


2013年からの全体的な運勢は、地位や名声には縁遠くなり、目先の状況は思わしくない状況が多くなります。

思わしくない状況から、最終的に良い着地ができるか、思わしくない着地となるかは出生時刻で変わってきます。

人間関係では、常に意見調整が必要で、議論を交わしながら進んで行く情勢です。

複雑な人間関係の中よりも、物質性の高い環境の方が落ち着く方ですので、次第により個人的な静かな環境へ移行されるのではないかと思います。




〜個性について〜

社交性に富んだ人ですが、自分のすべての内面をさらけ出す事はなく、一定の距離を保つ交際をする人です。

腰低く構える訳でもなく、大物ぶる訳でもなく、自分なりのスタイルを貫いている人です。

さらに、現状に満足せずより大きなものを掴もうという姿勢が強く、人生を楽しむ事に重点を置いた生き方をします。

また時代の動きの中で、自分が合理的に活用されているかどうかが大事だと考える人です。

人を魅了する独特の雰囲気を持ち、洗練された知性とユーモアを兼ね備えている人です。



〜ラッキーカラーについて〜

特に初期の映画作品では、青の色調を多用されて「北野ブルー」と言われて来ましたが、

面白い事に北野武さんのラッキーカラーは青であり、この色を使う事で自身の運が上がる事になっています。

運の応援が弱まるこれからの時期、何かしらの形で生活に青を取り入れると、今までよりも効果を発揮してくると思います。


〜最後に〜

2012年10月に「間抜けの構造」という著書を出された北野武さん。

私はまだ読んでいないので大きな事は言えませんが、

北野武さんは今現在、これまで以上に「間」に敏感になっていると思われます。

来年はどうか間を外しまくってお過ごし下さい
sign03


余談ですが「ビート」とは甜菜(てんさい)という砂糖大根なんだそうですね。

2012/11/17

賑やかにコアラ作り

久しぶりにキッズコースの補助を頼まれました。

前回から間が開きすぎて、いろいろと忘れていました。

開始30分も前から教室入りした姉妹の、威勢の良さにまずノックダウン。

その後現れた男の子が準備中の材料をいじくり始めて、こちらもヒヤヒヤ。

今回は和菓子の卵ボーロとコアラです。Pap_0167_3

コアラに目を入れてないですが、カラメルでちょこっと入れる事になってます。

コアラの中には、白あんとさつまいもをまぜた餡が入っています。

味のイメージとしては、市販されている「ひよこ」です。

しかしなぜ、作るには馴染みが薄いコアラなんだ?という疑問が。

案の定、ワン子になったものやハリセンボン?みたいなもの、

さらには、散々こねくり回したあげく自分の親指型に終着したものまでありました。

それぞれ思い思いの形でいいと思います。

今回は泣き叫ぶ声が出なくて良かったです
confident

床には小麦粉の雪が降りましたが。

2012/11/16

パン ポロネーズ

今回はポロネーズというパンを習いました。

ポーランドの儀式の時に作られるパンだそうです。

2012
写真の両脇にある白いのがポロネーズ。

ショパンのポロネーズとは印象が少し違いますね。

牛乳と卵、バターたっぷりのリッチな生地で、

中にカスタードクリームが入り、表面をメレンゲで飾り付けしてます。

上品な見た目です。

写真一番奥も、中にカスタードクリームが入っています。

表面は粉糖です。

手前のパンは、中に栗のペーストが入っていて、

表面をチョコでコーティングしてあります。

美味しそうなテカリが確認できると思います。

試食して口の周りにチョコが付いたまま帰ろうとしていた私。

思いっきり指摘されました
coldsweats01

まだまだお子ちゃまですね。

え?老化現象だって?まぁ、そっとしておいてください。

2012/11/15

高嶋政伸さん 美元さん

ネットに「高嶋政伸さん離婚に成功」と書かれた記事がありました。

なんだか脱出成功みたいな雰囲気があって、不謹慎ですが言い得た表現だと思ってしまいました。
さっそく授業の時、師匠に質問しました。


Q.この二人は全く惹かれ合う要素がないのにどうして結婚しちゃったんでしょうかねぇ。

A.結婚当初の運気の時は、女性の方が好きになる可能性が少しあったけど、
運命的な意味合いの無い相性を選ぶ時は、運が良くない時だからね。

(解説)

運が良くない時は、良い判断ができないので、そういう縁を持ちやすく、運も下降してくるという訳。確かに結婚を決めた2008年は二人とも思わしくない年でした。




Q.なんだか美元さんに非があるという風に世間に広まっていますが、実際はどうなんでしょうか?

A.どちらの言い分も正しいと思うよ。どちらも自分の価値観で判断して主張してるんだから。どっちの言い訳も良くわかるよ。


(解説)


お二人の価値観は全く違うので、同じ物事を見ても判断の仕方がまるで違って来るという訳です。

高嶋政伸さんは、思い込みが激しくて思い込んだら一直線なタイプ。
とことんのめり込むし、表現が大げさになってしまう。また欲が深い。

高嶋さんの怒りポイントは、プライドを傷つけられる事。
何らかの形で、高嶋さんのプライドを大きく傷つける事があり、
それに対する復讐心が強いので、事態が大きくなっているとの事。

美元さんは責任感が強く、家庭は自分で仕切りたいタイプ。
外面には見せないけれど、人が見ていない所で努力して、次の機会にはモノにして行こうとするガッツにあふれる人。

試練に対しても、ぐっと耐えるパワーがあります。
遊び好きで感情的になりがちだけど、折衝能力抜群の人です。

授業を受けていた人生の達人のひと言もありました。
「女優さんなんだから、商売道具のメンテナンスにお金がかかるのは当然だと思う」
確かに、普通の主婦感覚で決めつけてしまうのは良くないですよね。


高嶋政伸さんは、2010年から運が変わって、少し生活が変わります。
何事にも効率の悪さは出るものの、成果は出て来る時期に入っています。

美元さんは、2012年6月から今の運に入って、やはり少し生活が変わる。
周囲と調和して進む事ができれば、良い成果が出て来る吉運になっています。


二人とも今年いっぱいは落ち着かない心境ですが、来年からは落ち着いた心境になれるのではないでしょうか。
お互いにとってふさわしい道が開かれて、いい脱出ができるといいですね。

2012/11/14

ペナルティーワッキーさん

身体能力の高さをアピールする機会が多いワッキーさんですが、

先日サハラ砂漠レースを完走されたようですね。

気持ちのもやもやを払拭したいという思いもあってレースに参加されたようで、

まさにそういう気持ちにさせられてしまう時の流れの中にいます。


〜運勢について〜

2013年の3月を軸に人生環境が大きく変化してきます。

2012年辺りから身辺に変化が出始めて、落ち着かない心境だったと思います。
仕事、生活、身の上、人間関係すべての事が過去となり、大変化をして新しく進んで行く時です。

2013年からの10年間については、出生時刻によって正反対の状況になります。
1〜5時、7〜9時、15〜17時、19〜21時生まれの場合は、環境が変わるものの特に問題なく順調に発展して行ける時期です。
一時的にピンチを迎えてもさほどひどくはならないです。

これ以外の時間の場合は、一見良さそうな雰囲気であっても、次第に思わしくない状況となり苦心を抱えやすい時期です。仕事(子供の事も)の迷いが多いので集中できず、答えも見いだせない状況です。
今の仕事から離れる可能性も十分にあります。

どちらの場合でも、2013、14年は人生に関係して来る動きが出て、
これからは、今までとは違う生き方をして行く事になります。



〜個性について〜

自身が思い描いた通りのものを実現したいという野心が強い人です。

競争社会で力を発揮して行ける素質を持っていて、スタンドプレーが許される環境が合っています。
表面はにこやかでそういう素振りを一切見せませんが、内面では周囲に対する競争意識がとても強い人です。

どちらかというと専門的な技術者として、人付き合いの少ない、物質性の高い環境が性に合っています。
周囲に甘えたり頼ったりする事はなく、自身の力で切り開いて行こうとする姿勢が強いです。
文章力があり、解説能力が高いです。


〜一緒に仕事をする場合〜

ワッキーさんからの働きかけよりも、こちらから働きかける姿勢が必要です。
また、手法はワッキーさん流で取り組んでもらう事。協調性は望まない事。

メリット、デメリットをはっきり提示し、特に現状に不安がある場合は、
先行きの見通しを示唆するとスムーズに進めやすい。

〜相方ヒデさんとの関係〜

ヒデさんとは縁の深い関係で、別れたくても別れられない程の強さです。
ワッキーさんはヒデさんを気に入っていますが、ヒデさんは可も不可もないという具合です。

価値観は全く違うので、お互いの事を理解するのには時間がかかりますし、
いつまで経っても相手の手法を認めたがらない場合もあります。
しかし殆ど夫婦のような関係です。

2012/11/11

蔵出しと収穫

今年2月に仕込んだ味噌を受け取りに行きました。

こちらの方言で言うと、仕込んだ味噌を「持ちに行って」来た訳です。

9ヶ月間、蔵に保管されていました。

大正時代のワイン蔵なので、住み着く"酵母"も年季が入っており、

とてもいい感じに味噌を「かもして」くれる蔵だそうです。

今回は2回目。

お味噌を受け取ったあと、収穫体験という事で、落花生、完熟大豆、大根を3株づつ掘らせていただきました。

落花生の産地で育った私ですが、まだまだ理解不足でした。

ベビー落花生、青年落花生、おじいちゃん落花生の3種類がいるなんて。

注)私独自のネーミングです。

貴重な塩ゆで法で食べました。
2012

まだ小さな落花生は殻が柔らかく、中身も半透明で蜂の子みたいな感じ。

ソフトなクッションもチュルっと吸うと美味しい。

青年落花生は、渋皮が少しピンクに染まりつつも、まだ柔らかい豆。

おじいちゃん落花生は十分に香ばしさを放って、これも美味。

次に大豆ですが、これは曙大豆という通常の粒より大きい枝豆です。

黄色のさやで枯れた感じですが、完熟の証拠、甘みが増して美味しいです。

2012_2

最後に大根です。

小さめですが、特別仕様の大根にも出会えました。

Photo_2

主人が「当たり」を引っこ抜きました。

本人はとっても満足のようです。

2012/11/09

山下達郎さん

今年、これまでの集大成とも言えるアルバムを出された山下達郎さん。
大きな節目を目前に控えて、過去を振り返る時間が増えたかもしれませんね。
そろそろX' mas定番曲も流れ始める頃です。

〜運勢について〜

山下さんは2013年に30年ぶりの大きな節目を迎え、これまでとは全く違う生き方が始まります。

2012年はふさわしい形で物事が達成されて、一区切りが付く年。
身の上の動きもあったと思います。
少しずつ身辺が落ち着かなくなってきて、徐々に今までとは違う環境へと変化して行きます。

2013年以降はさらに自身のエネルギーが高まり、ますます意欲的に活動して行く心境になりますが、
意欲に反して、なかなか成果が出にくい状況になって来ます。
また、大事なものをなくしやすく、体調には十分注意が必要です。

 

山下さんは1975年にグループでのデビュー、76年にソロデビューをされています。
その頃である1973〜83年は、意外な出会いや、ある分野の有力者との出会いによって一身上の変化をする時期でした。

1983年に最初のおおきな節目を迎えてガラッと環境が変わりました。
結婚や所属変更などで、身分や立場、環境が大変化した頃と重なります。

1983〜93年は運勢でも、世間から才能が注目されて、常にプレッシャーを感じつつも、さまざまな仕事に取り組み多忙な状況となっていました。金銭の出入りも激しい時でした。

1993〜2003年は、目の前の状況は手放しで良い状況ではなかったものの、結果を出して行ける時期でした。

2003〜2013年は周囲に構わず、自分が取り組みたい事を自由にやって行くという状況でした。
周りからの応援にも恵まれる時で、順調に進まれて来たと思います。


2013年前半は思う様に進まない状況です。
後半からは試練の後に物事が達成できる状況です。
苦心の末、ふさわしいものを獲得するという流れになるでしょう。

その後2018年までは波乱含みの状況で、現状改革は避けた方がいいです。
2018年には人生上の一区切りが付いて生活が改まります。


〜個性について〜

周囲との調和を大事にして、自分の主張を通さず受け身の姿勢でいる事が多いですが、
組織内部や家庭内では、気難しい一面も持った人です。
物質的なものに価値を置いている事と、自ら率先してチームを引っ張って行く姿勢が少ない事から、
ライブなどのパフォーマンスよりも、作品作りに重点を置いた活動になりやすいのだと思います。

情報収集力や観察力が優れていて、客観的で平均的な結論を出しやすいです。
また、独自のアイディアやセンス、企画力を発揮し発展して行く人で、
その時々の流れによって環境が左右されやすく、同じ場所に留まるよりというよりも、常に環境が流動しやすい傾向があります。


〜奥様について〜

奥様の竹内まりやさんも同じく、独自のアイディアや企画力で財を作る人で、狭く深く極めて行く事で発展できる人です。
3柱の推命では、仲の良さがはっきりとは出ていないのですが、恋愛結婚のカップルで価値観も理解しやすい関係です。

2000年までに比べると、気力が十分に充実する時期に入っていて、自主的な活動が増えて来ていると思いますし、
2010年からは、ふさわしい成果にも恵まれる時期ですので、これからさらに活躍されると思います。
「出会い」がキーポイントになって来ます。

2012/11/08

速水もこみちさん

2010年頃から料理分野でも注目されはじめ、その独特な作風も話題となっている速水もこみちさん。
彼もまた、来年は大きなターニングポイントを迎えます。



〜個性について〜

着想豊かで文章力があり、独自のセンスや芸術性を持ち、一般からは離れた嗜好の持ち主です。
自身の感性や気分、手法に合わないものは受け入れず、主張を曲げない意志の強さを持っています。
自由な着想で企画演出し、専門的な立場として自分の守備範囲を維持しながら進んで行くのが最適です。

周囲の思惑には無頓着で干渉もしない為、自分を飾る事もなく、少しぶっきら棒で淡々としている印象を持たれる人です。しかし普段は淡々と構えていても、いざという時には男気を発揮する頼もしい一面も持ち合わせています。

たいていは、個人の理想を実現する事を目指し、常にこれからの事を考えている人です。


〜運勢について〜

2002年のデビューの年は、公私共に狙い通りの動きがあり、新規着手して生活を変えて行く時でした。

2003〜2013年は、環境や境遇が変動しやすいですが、趣味的な事では楽しみを持てる時期です。

2011年は仕事で良い発展ができたと思います。
2012年は試練を抱える年で、思い通りには物事が進みにくい状況です。
2月8月12月の出来事は決定的になりやすいです。

2013年末から大きく人生環境が変わる事になりますので、今年辺りから身辺が落ち着かない状況になってきていると思います。

2014年には生活上や身の上に大きな動きがあり、これまでの事にくぎりが付いて、生活を変えて行く事になるでしょう。

2013〜23年は本業と副業をするとか、何に付けても2つの道筋ができやすい状況で、心理的にも迷いがちな時期です。また人気は得られるものの、金銭的な利益にはさほど反影されにくい状況です。

現在、俳優と料理分野で活動されている速水もこみちさんですが、ターニングポイントを迎えた彼の、
今後の人生の舵取りに注目したいですね。

2012/11/07

11月がスタート

今日から11月の空気が始まります。

11月は冬の始まり。

冬の空気を吸う事で、良くなるのか、変わらないのか、悪くなるのかは人それぞれです。

5月生まれの人、巳の日生まれの人は身辺に動きが出ます。

さらに巳年生まれとか朝10時前後の生まれが重なれば、

動きは激しく出て来るでしょう。

今漂う空気が、あなたをどう変化させるのか、

それを知る事ができるのが陰陽五行学なんですね。

物体をあらゆる環境下に置くと、自然の法則に沿って変化するでしょう。

それと同じです。

陰陽五行学は、物体の性質+それを取り巻く環境=変化した結果 を知る事ができる学問なのです。

2012/11/06

うわさの二人

オリラジの藤森慎吾さんとTBSアナウンサーの田中みな実さんの交際が話題となりました。
推命的にも興味深いお二人です。


〜相性について〜

お二人は一体感があり、すぐに仲が良くなる相性です。
特にみな実さんの方が藤森さんを気に入っています。
基本的な価値観が合いますし、スムーズに意思疎通ができる関係です。


〜今後の流れについて〜

お二人ともに、結婚が決まりやすい年が2014年に来ますので、それまで交際が続いていれば結婚の可能性があると思います。
お二人とも2013年に生活上の動きがあり、藤森さんには、物事が決定し新しい出発をするという暗示が少しありますので、来年の状況次第ですね。


〜個別の運勢について〜

藤森さんは2017年まで、仕事や人間関係で迷いや不満を抱えやすい状況です。
これというものが見つからず集中もできず、何をしても手応えが持てないですので苦心されていると思います。
物事がスムーズに決定しにくい運です。
しかしエネルギーは強い人ですので乗り越えて行けるでしょう。


みな実さんは、2012年の3月に節目を迎えて、これまでとは少し生活が変わる状況です。
これからの10年は物事に取り組んだ分、もしくはそれ以上の発展ができる大吉運で順調に活躍されると思います。
周囲からの評価に恵まれ、地位が上がりますので、それに伴う多少の苦労は出て来るでしょう。


〜個性について〜

藤森さんは眼力鋭く、物の価値や人の実力を見抜くのに長けている目利きの人です。
チャラ男というキャラを確立し、女性好きというイメージで活動されていますが、
実際は多くの中から本物だけを見抜いて狙うハンターの人です。

興味のないもの、価値のないものに気持ちが動く事はなく、本物だけを確実に手に入れようとします。
また、欲しいものが手に入らなかった場合の執念は並み大抵のものではありません。
しかも過去にこだわるので、いつまでも執着し続ける可能性が高いです。

さらには、これらの内面を周囲に悟られないようにカモフラージュをしますので、外見はにこやかで愛想が良いです。
チャラ男のイメージで周囲の警戒を解いておき、確実に獲物を手にする凄腕ハンターといったところでしょう。

とはいえ基本的には無謀な冒険はせず、有能で権力のある人の側で、身を守りながら進んで行く人です。


みな実さんは情緒性が濃く、我がまま気ままがいつまでもコントロールできない所が残る人ですが、
本人は色気のある人間だとは思っていない事が多いです。
女性特有の甘さを全面に出して活動されていますが、実際に実力と名声共に備わっている人です。(出生時刻で変動あり)
さすがハンター藤森さんが見初めただけの事はあると思いました。

常に自身が中心的存在になっていないと気が済まず、相当に頑固ですが、
周囲からは人望があり、誠実そうな人として受け入れられやすいラッキーな人です。
独自のセンスやアイディアが発揮できる環境で大いに発展できます。

今までは仕事や異性面で苦心を抱えがちな運でしたが、これからは迷いなく進んで行ける運です。
現場主義で、自分なりの技術を磨こうと目標を掲げて進んで行く人です。

松下奈緒さん

女優、演奏家、作曲家として活躍されている松下奈緒さん。
2010年の朝ドラ「ゲゲゲの女房」でさらに有名になりました。
彼女もまた、2013年に大きな節目を迎えます。


〜運勢について〜

2013年10月に大きな節目を迎え、これまでとは仕事も生活も大きく変わって来ます。

松下さんの場合は、出生時刻によって運勢が変わって来ますので、大まかな把握しかできませんが、

これからの10年は、地位や名誉には縁がなくなり、目先は思わしくない状況が多くなります。
しかし彼女自身の気力が今までよりも充実して来るので、何とか対応して進んで行けるでしょう。

3〜9時、11〜15時、23〜24時生まれの場合は、粘り強く物事に対処して行く事で、
最終的には良い結果が出て来る状況です。

それ以外の場合は苦心が多い状況ですが、金銭的な利益には縁のある時です。
生活上の動きや身の上の動きが2014年と特に15年は大きく出ます。



〜個性について〜

プロ意識が強く、負けず嫌いで、物事に要領よく対処して行く活動的な人です。
決断力もあり、こうと決めたら迷いなくその方向へ突き進みます。
そこに裏表はなく、全身が心模様の通りに染まる人ですので、周囲からはとても分かりやすい人と言えます。

知的で品格のある彼女に、さらなる洞察力や思慮深さが身に付いた時、表現の幅が大きく広がってくる事でしょう。

独特のひらめきやセンスを持ち、人とは違う独自の表現力を発揮して進んで行く人です。

普段からどこへでも気軽に出かけて、誰とでも仲良く交流しますが、適度な距離を保った交流を好み、あっさりした関係になりやすいです。

好きな男性は、知的で合理的な判断や対応をし、社会的な成功と発展をして行ける男性です。

2012/11/05

関ジャニ∞横山裕さん

2013年が大きな節目の有名人(いつの間にか)シリーズ化してますが、
関ジャニ∞の横山さんの事も記載したいと思います。


〜運勢について〜

横山さんの経歴から、13〜15時のお生まれではないかと予想しますが、
確信がありませんので3柱で推命してみます。
2013年からの10年は時刻の影響が少ないです。

2003〜13年は、ひとつの事に集中する時期ではなく、いろいろな事を同時にこなして行く時期でした。
仕事でも人間関係でも、同時に2つ以上の縁ができやすく、消耗しやすい状況がありました。
(あくまで3柱での推命)

2013年は大きな節目の時で、ここ1年程落ち着かない状況だったと思います。
これまでの生き方を大きく変えて行くタイミングです。

2013〜23年は、追い風の時期で、始めのうちは苦心があるものの、次第に伸びて成果が出て来る状況です。
積極的に取り組んで行く気力が大切になります。
ラッキーカラーの「青」を取り入れると良いです。

2016年までは迷いやすく答えも出ないので、手応えがはっきりとは持てない状況ですが、
2016年にこれまでの事に結論が出て、新しい生活が始まる事になります。
新規の事はこの年に開始するとうまく回って行きます。


〜個性について〜

一見とっつきにくい面と、ユーモアあふれる面が合わさった人で、
すぐには理解されにくい傾向がありますが、純真で裏表のない人です。
自身の腕ひとつでのし上がって行こうとする気質を持っています。

独特のセンスがあり、物事に対して独自の見解をして行く、個人主義の強い人です。
博識で物事に徹底して取り組む性質から、息の長い研究や事業に向いています。
打撃を受けても立ち直りは早く、常に先の事を考え、将来の事にとても関心が強いです。


〜好みの女性〜

女性としてたくましく進みながらも謙虚さを持ち、人間的に深みがある人です。


〜一緒に仕事をする場合〜

念入りな計画を立てる人なので、その計画を忠実に実行する事。
この人の思考や着想を活かす事。直接目を通して納得してもらう事。
妥協は求めない事。
派閥争いや人間関係の管理、即断即決は苦手なのでフォローが必要。
私生活に干渉しない事。



場外
かんじゃにえいと、は一発変換するんですね。

2012/11/03

バカリズム 升野英知さん

最近、CMやドラマでもよく見かけるようになったバカリズムの升野さん。
脚本、演出なども手がけているので、出生時刻が絡む可能性もありますが、
とりあえず3柱(年月日)で見てみました。


〜運勢について〜

1992〜2002年は仕事の事で悩みやすく、日常的に迷いの多い時期でした。

2002〜2012年は物事が裏目に出やすく、思わしくない状況の中から可能な事を選択して取り組んで行く時期でした。

2012年は大きな節目の年で、これまでの生き方から脱皮して、次の新しい人生ステージに進んで行く事になります。仕事や生活の環境、身分、立場が大きく変化します。

2012〜22年は、仕事は概ね好調で、地位や評価が高まり、財運も活発になる時期です。
今までに比べると順調に物事が進んで行くので、調子に乗ってやり過ぎ、行き過ぎになってしまうと一転して逆境となる可能性もあります。

2013年は生活上に動きが出る年で、身近な人との関わりが多くなる時です。
ただ、忙しく取り組む割には成果が出ず、長続きしにくい心境で、物事を達成するには難しい年です。

2014年は人間関係で苦心を抱えがちで、目先の状況は思わしくないですが、最終的にはふさわしい結果を手にする年です。結婚が決まる可能性もある時です。


〜個性について〜

今現在の流れの中で、自分が合理的に活用されている事が大事だと考える人です。
同僚に対するライバル心は強く、成果を急いでせっかちになる傾向があります。
また、粘りが少なく、途中で放り投げてしまう事も。

大衆の気持ちを掴むのは上手で、感覚的に物事に取り組んで行く面もあります。
さっぱりした気質で軽薄に見られやすいですが、実際は面倒見が良く、サービス精神が旺盛です。
一般業務ではなく、得意な専門分野での発展ができる人です。


〜恋愛について〜

女性が苦手というキャラで活動されていますが、
自身の子供との縁は強い人ですし、身分が変わる運勢状況ですので、結婚の可能性は十分あるでしょう。
女性に限らず、人に対して猜疑心が強い人です。
好きな女性は、知性的で合理的な判断ができ、社会的に活躍できる女性です。


〜一緒に仕事をする場合〜

徹底した能力主義で、組織作りや人を動かすのは得意です。
競争意識をくすぐると良いです。
メリットデメリットを提示して、合理性や効率性をアピールするのも良いです。

2012/11/02

佐々木則夫監督

なでしこJAPANの監督続投が決まった佐々木則夫監督。

監督に巡って来た「時の調べ」はどういうものなのか、探ってみたいと思います。



〜運勢について〜

佐々木監督が開運したのは1982年からだと思います。
しかし1992年までは、仕事に対する不満が多い状況でした。

1992〜2002年は、主体性がとても強くなり、周囲にとらわれる事なく、独自の人生を確立して進んで来た時期でした。
2002〜12年は、目の前の状況は思わしくないものの、最終的には吉と出る時期でした。
佐々木監督の手腕が十分に発揮される時期でもありました。

2012年の9月から運勢は大きく変わりました。
今までの事がすべて過去となり、新しい生き方を始める大きな節目です。
佐々木監督自身は仕事で結果を出した達成感と共に、次に向かうべき方向を模索して、この1年は気持ちがざわついていたと思います。

本来は、全く違う環境へ進むべき時で、監督自身もそういう気持ちが高まっていたと思います。
しかし、もともと土壇場で迷いやすい性質を持っている事と、運もブレやすい傾向がある事、
新しい環境に飛び込むのが苦手な個性、周囲からの期待などが作用して、なでしこジャパンの監督続投という状況になったと思います。

何も変わらず今まで通り進んで行くのは今後良くないですので、
引っ越しをするなどの私生活の大胆な変化をするとか、
仕事では活動場所を変える、選手メンバーを総入れ替えするなど、
ガラっと環境を変える必要があります。
それをしない場合は、生活を変えざるを得ない状況が起こるでしょう。

2012〜22年は、やりたい事をやらずにはいられない時期で、周囲におかまいなく猛進しやすい時です。
周囲への配慮を忘れずに過ごす事ができれば、良い結果が出て来る時期です。

2013年は生活上の動きが出る時で、成績を上げるために奔走しやすい年です。
それなりの成果もある時ですが、周囲との調整(精神面、物質面の両方)に手間取りやすく最終的には思わしくない状況です。

2015年の
W杯、16年の五輪まで続投されているかは不明ですが、
監督自身の運の巡りでは、2015年は3割くらいは良い結果が見込めて、16年は思わしくない状況です。

〜個性について〜

穏やかで誰に対しても腰低く構える姿勢を持ち、ソフトな印象を与える人ですが、内面には相当な野心があり、
どんな手法を使っても徹底して達成しようとする強さを持っています。

アクが強くやり手で、相手に内面を悟らせない手法は、勝負の世界で十分に発揮されている事でしょう。
大きな組織の配下で、小さなチームを統率して行くのは一番適した仕事のスタイルです。
義理、人情に厚く、情緒豊かにチームを引っ張って行く人です。
しかし、分析面や構想面には弱く、気分に左右される傾向があるので、冷静で客観的に示唆してくれる補佐を置く事が必要です。


〜一緒に仕事をする場合〜

仕事抜きで親しくなる事を心がけ、人間性を重視した信頼関係を築く事。
細部にまでチェックが入るので、抜かりない仕事をする事。
何事にもマメにけじめを付ける事。

2012/11/01

せっかち&せっかち

丹波の黒豆を送った方からお礼の梨が届き、また玄関チャイムが鳴ったので、

はて?また何か頂くのかな?と、指示されるままに印を押して、

とんでもなく重たい荷物(多分10kg以上)を受け取りました。

なんちゃらウォーターと書かれていて、心当たりなしな荷物。

配達のおじさんは、さっさと次に行こうとするし。

よくよく伝票を見てみたら、名前が違ったので、慌てておじさんにそれを告げました。

ここの土地はのんびりした田舎ですが、早とちりをしやすい気質の人が多いんです。

私もせっかちな質なので、お互いに早とちりしてしまう事が多いのですが。

今回の早とちりは、重かったsweat02

2Lの水が何本入っていたのだろう。。

ちょっとしたドッキリ被害に合った気分ですwobbly

とりあえず初心に戻り、届け先の名前を口に出してください、と言いたいです。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »