« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/31

開放的な年越し

今回の年越しは、なんとも開放的に過ごしております。

世間では孤独と言うらしいですけど、痩せがまんでもなく快適ですっ
happy01

主人は本日まで仕事をして、その足で帰省しました。

電車を乗り継いで、どうにか今年中には到着でしょうか。

妻は?・・・少々込み入った事情がありまして、正しい嫁、やってません。

善良な皆様は大変危険ですのでマネをしないで下さいませ。

という訳で、開放的過ぎてお節の準備が、、止まっています。

まぁ、明日までに仕上がればいいし〜、一人分だし〜ってな具合で、

お気楽な時間を過ごしております。

別名)天野雀子の私には、こんな年越しが今の気分に合っていて、

飲んでもないのにいい気分を味わっていますhappy02

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

2012/12/30

水があふれる年

年末に筋肉痛です。

昨日の雪かきが体に来ました。凍ると厄介なので、やや張り切りました。

今年は水があふれる年というだけあって、すでに2回も積雪しました。

乾燥地域なのにめずらしい現象です。

2月の節分まで、まだまだ積雪が多そうな気配ですね。

それにしても、湿度というのは体感温度にかなり影響するのを実感しました。

同じ5℃の気温でも、普段の湿度10%位の時と、雪が降って湿度が上がった場合では、

体感が全く違います。雪が降った方が温かいです。

湿度10%で5℃以下の気温という寒さは、身を刺すような寒さ。

体内の水分をこれでもかという程、吸い取られて行く感じがしますね。

今日は雨ですが、水分大歓迎です。

地元の熟女たちは、お湿りがないと肌がカサカサしてしょうがないと、

よくぼやいています。

さてと、年越し蕎麦とお節の準備に取りかかりましょうか。

2012/12/27

戦力外通告の選手の今後

戦力外通告を受けた野球選手の奮闘を追ったTV放送は、なかなか勉強になる番組でした。

なぜ通告を受ける事になったのか、また今回のきっかけがどういう意味を持つのか、

選手によって違いますので、その辺を鑑定したいと思います。

〜中村真人さん〜

2011年6月に大きく人生環境が変化する節目を迎えていました。

これまでとは全く違う生き方を始めるタイミングですので、

今回のような状況が変わったという事はふさわしい流れだと言えるでしょう。

2012年はふさわしい獲得ができる年でした。

今年出た答えは運命上の答えだと思います。

今後は2017年に新しくスタートを切る流れになるでしょう。

2011〜21年は周囲の援助や応援に恵まれやすく、追い風となっていますので、

意欲的に物事に取り組むと良いでしょう。

もともと、エネルギーが強くない人で、運からの応援もまだ少ない為、

家族の支えは必須ですし、組織に守られながら活動するスタイルが最適です。

大衆の気持ちをとらえるのが上手で、流行や時代の流れにも敏感です。

人に見られない裏方の仕事では芽が出ません。

今後は転身の方向に進まれるのではないかと予想します。


〜古木克明さん〜

2009年11月に大きく人生環境が変化する節目を迎えていました。

それまでの生き方から大きく変わる時ですので、全く違う分野である格闘家への転身は良い選択だったと思います。

もともと、決断する時にはスパッと決断して実行する気質ですので、転身には時間がかからなかったと思われます。

また、ダメだと思えば諦めるのも早く、過去や現在よりも常に先の事を考えているタイプです。

2012年は物事に決着がつく年。

身辺を変化させるタイミングですので、野球界へ再挑戦したい気持ちが高まったと思います。

しかし大きな節目を越えた今、過去と同じ生き方では前進できません。

新しい道を選択するのが望ましいと思います。

2009〜19年は、周囲からの評価に恵まれやすく、努力した分の成果も出やすい順調な時期です。

自身のエネルギーも以前より強くなっていますので、ぜひ積極的に進んで頂きたいです。


〜松本幸大さん〜

2005〜15年は、その前の10年に比べると歩みづらい時期です。

自身は真面目に取り組んでいても、相手側の態度に立腹する場面が多いという状況と、

身近な人間関係で苦心しやすいという状況が考えられます。

奥様は真面目で我慢強い方となっていますが、自身の生き方が配偶者を困らせてしまう傾向はあります。

一つの環境で落ち着くと、次に取り組むべき目標を模索し始めるので、

一定の場所に留まる事が少ないタイプです。

2015年前半に物事の決着がつく状況で、生活が変化して次の運へ入って行きます。

次の運は今よりも断然進みやすいでしょう。

〜GG佐藤さん〜

2008年に大きく人生環境が変わっています。

2008〜18年は上昇機運ですのでピンチがあっても一時的な事で済みそうです。

もともとのエネルギーが強いですし、運からの応援もありますので、

どこでもやって行ける人だと思います。

品行方正で間違った事をしない人、また人気もあります。

2012年は積極的に動く時ではなく、受け身の形で物事が決まって行きやすい状況でした。

2013年は良い動きが出そうです。

2014年か2016年に生活を変える出来事がありそうです。


〜木下達生さん〜

2014年末から少し生活が変わる流れになっています。

2004〜14年は何事にも無駄が出やすく、報われにくい時期です。

気力は充実していますが、手応えが少ないという心境になりやすいです。

2010年に人生上の区切りがつく出来事、決定があったと思います。

2012年は今までの地位を捨てる事になっても、かえって大きな利益を獲得する可能性が高い時でした。

精神的な打撃もひどくはなかったと思います。

2013、14年と思わしくない状況で、節目前後で体調もすぐれないと思いますが、

2015年になれば順調に進んで行けるでしょう。

2014〜24年は今までよりもずっと過ごしやすい時期となります。

プロ意識が強く、地位や名誉、名声に縁が強い人です。


各選手たちの今後の発展を応援したいと思います。

2012/12/26

年貢納め

納め時が近づいて参りました。

暗黙の徴収、また人によっては合法的恐喝とも表現する、

「お年玉」を郵送する頃合いです。


日経記事によると、住信SBIネット銀行の調査で、お年玉支払い総額の平均は、

2万6143円との事。去年より800円減ったそうです。

(なんだ〜、うちってあげ過ぎだったんじゃないの〜)

あげる相手は3人→6人→4人の順だそうで。

小学生は3400円、中学生は6200円、高校生は8500円が平均値との事。

(なんだ〜、やっぱりあげ過ぎだったんじゃん)

今さら減額できないから諭吉を送るけれど、

いったいいつまで送れば良いのか、という素朴な疑問を夫婦で話し合いました。


自分達の頃はバブル時代も重なり、もうちょっとで2桁だとか言って、

札束をにやけながら数える生意気な子供をやっていました。

時代もお金もぐるぐる回っていた当時から、

何もかもが停滞し、いろんな意味で懐が寂しくなってしまった現在。

今の子たちにとって、当時よりも諭吉の価値が無いのは可哀想でしょうね。


実のところ私は、2回目の二十歳が目視できる年齢だというのに、

祖父母からのお年玉を貰ってしまう大人をやっているので、

二十歳まではあげた方がいいかな、という案で収まりました。

(奴らが就職したら、今度はこちらがタカる番だ、と主人は言ってますが。。)


弁解しますと、祖父母からのお年玉は3000円です。

そうでないと孫は受け取らない事、また年金受給者にとってはそれが妥当である現実から、

祖父母なりの策を練ったようです。

孫からすると、祖父母の前では大人過ぎてはいけない、ましてや越えてはならない、

あくまで孫で居なきゃいけない、という感じが伝わってきます。

勝手な解釈かもしれませんが。


「もういっそ、袋だけ交換したいよね〜」と、

私の母は笑いながら、しかし半分以上は本気、で叫んでいたのを思い出す年末です。

2012/12/23

X'masケーキ

シャトーノエルというケーキを習いました。

直訳通り「白いお城」が出来上がりました。

飾りとなる、チョコプレートやもみの木、マカロンなどは事前に作ってあり、

Photo

下の段にある丸太のような小枝のようなものは実際に作りました。

Photo_2

台になる部分は、クリームチーズ味です。

ホワイトチョコ入りで濃厚な上に、レモン汁とレモン皮で酸味のアクセント、

さらにピンクペッパーの刺激で大人向けの風味に仕上がっています。

完成をイメージしながら、いろいろ組み立てていくのは、頭を使いますね。

夕飯は手巻きで手抜き戦法です。

手のひらサイズのケーキですが、なかなか濃厚なので、食べごたえは十分です。

2012/12/22

イタリアンおせち

誘われて参加した「イタリアンおせち」の回。

意外な発見もあり大満足です。

2012_2

メニュー(こちらはまだX'mas)

2012_3

材料は普段から使うものばかりですが、アレンジにはいつも新しい発見があります。

さといもは、しょう油味の煮っころがしや、煮物が定番のところ、

オリーブ油やハーブで煮ると、ワインが欲しくなるようなおつまみに変身しました。

かぼちゃも型にグッと詰めるだけで目新しくなります。

ラザニアは生地作りから、なんですが、事前に先生が作って茹でて頂いてたので、

実際はソースを仕上げて重ねて行くだけでした。

先生たちの事前準備が大変だっただろうと思います。

雪が降り始めたのは朝3時ごろだった、と明確に答えておられましたから。

そうです、今日の朝はすべてが雪に包まれていました。

やはり雪になった方が寒さがやわらぎますね。


シュトーレン(2)

今年のクリスマス講座で習ったシュトーレンと食事パン。

左下)クライナーシュトーレン 右上)アプフェルブロート

2012

クライナーシュトーレンは、バター菓子みたいな感覚でした。

香辛料が入らないので、クリスマス時期でなくてもOKな感じです。

アプフェルブロートは、シードミックスやシリアル、刻みりんごが入る、

香ばしい風味の食事パンです。

バネット型にして、サラダを挟むのもいいみたいですね。

表面にハサミでジョキジョキと切り込む、面白いクープを入れます。

色と言い、周りの種と言い、まるでひまわりの中心部みたいですね。

フランスパンを焼く時と同じく、オーブンで余熱した石にお湯をかけて、

ジュッannoyと蒸気を立ててから、パンを焼いて行きます。

外はパリパリ、中はしっとりのパンが出来上がりです。

2012/12/21

ダイサッカイ?!

先日、友人とランチをしました。

情報通で美味しい物ハンターである友人は、占いにも興味が強いのですが、

やはり「大殺界」という言葉を使用していました。

また出たなと思い「大殺界って無いんだよ」と一応伝えておきましたが、

有名人の影響力というのは計り知れないもので、

私みたいな凡人の助言など少しも響かなかったようです。

正しい理論を学ぶと、世間で恐れられているような大殺界などという怖い理論は成立せず、

もちろん専門用語も無いのです。

なので、大殺界だから何かを諦めようとか、来年まで待とうというのはもったいないですね。

むしろその時に動いた方がいい場合だってありますし。

よく耳にする噂だからと言って真実とは限りませんよね。

不安を煽り立てて、求心力を得るのは望ましくないやり方でしょう。

そういえば、今日は地球滅亡の日らしいですね。

1999年以来、久々に訪れる不安な日といった所でしょうか。

2012/12/20

寒すぎて

明日は冬至ですね。冬が最も極まる時。

寒波の到来で身に堪える寒さとなりました。

充電池にとってもこの寒さは厳しいようで、ストを起こされました。


〜ユーミンの曲に乗って〜

♫寒すぎて〜寒すぎて〜充電池ぃイカれた〜

ストーブで〜温め〜たら、息を吹〜き返した〜♪♫


そう、冷えきった電池によって、充電が始まらなかったのです。

というより寿命かな?

あと1ヶ月強、寒いを通り越して「痛い」季節を乗り切りたいです。

しょうが湯にしょうが紅茶で、今年こそ霜焼けに勝ちたいです。

2012/12/19

シュトーレン

X'masの1ヶ月前に焼いて、毎日少しずつ食べながら当日を楽しみに待つ、

ドイツのセレモニー的なお菓子、シュトーレンを作りました。

Dsc_0488

左のツリーは、母手製のものです。

パッチワークを飽きずに長年やっています。

1年ぶりのシュトーレン作りで、だいぶ忘れていたので、

錆び付いた記憶の引き出しを徐々に動かしながら作りました。

このシュトーレンという菓子パンは、出来上がるまで、

作っているという手応えが感じられないパンなんです。

生地はパンみたいな感じではなく、柔らかいクッキーみたいで、

途中で膨らむ訳でもなく、オーブンに入れた後も大丈夫かぁ?

とハテナマーク連発しながら焼き上がりを待つ感じです。

焼き上がったら、すぐに溶かしバターを塗りたくって、

グラニュー糖を擦り込むくらいに振りかけます。

本来は1ヶ月保存が効くようになっているようです。

生のフルーツが手に入りにくいドレスデン地方が発祥で、

ドライフルーツをぎっしり詰め込んだお菓子パンです。

市販のよりも、教室の方が美味しいらしいですが、

私は勉強不足で他のを食べた事がありません。

そろそろ店頭に並ぶ頃です
ね。

2012/12/18

天海祐希さん戸田恵梨香さん(2)

〜天海祐希さんの運勢〜

2007〜17年は、離別や解散の暗示が強い時期で、思わぬハプニングに遭遇しやすい時です。

生活上の苦心があるか、常にストレスやプレッシャーがかかりやすい時です。

それでも、自身が強くなれる時期ですので、悩みながらも自力で前進して行けるでしょう。

この時期は誰かに頼りたいという気持ちが減るので、結婚願望は弱いです。

金銭面、体調面には注意しながら進まれるといいでしょう。


2012年は人生上の区切りが付く年で、2月に何か決定したか、

12月(1/4まで)に物事が決定しやすいです。

仕事上の変化、人間関係での変化、生活上の変化など、

これまでの状態から離れて新しく出発する年となっています。

2012年に新規着手した事は、2014年に拡大発展して行きます。

2013年はトラブルを抱えている場合は悪化しやすいです。体調にも注意です。

なかなかスムーズには運ばない状況ですが、物事を開始するには悪くないタイミングです。

2014年は動きが出る年で、良い発展ができる状況です。



1997年から人生環境が大きく変わり、現在の30年運気に入っています。

これまでの生き方が大きく変化する節目の時で、

宝塚歌劇団を退団し、芸能界へと活動場所を変えた時期と重なります。

1987〜97年は勝負強く、縁を変えながら進む事で達成できる時期でした。

1997〜2007年は相手側の迷惑がふりかかりやすい時期でしたが、

それ以外の事は安定した時期でした。


〜戸田恵梨香さんの運勢〜

2012年4月から少し運勢が変化していて、生活もこれまでとは少し変化します。

2012〜22年は目の前の状況は悪そうな気配でも、結果は良くなる時期です。

仕事上の不満、家庭内での問題、異性関係のごたごたなどは抱えやすいです。


2012年4月以降は良い雰囲気で過ごせますが、

2013年14年は思わしくない状況が多いです。

行き過ぎたりムキになったりすると悪化しますので、ある程度の妥協は必要だと思います。

2015年はマスコミ活動が活発になります。

また、良い成約、達成、獲得にも恵まれる年で、結婚も決まりやすいです。


うわさの俳優
Aさんとは、一緒に組むと上昇できる相性では無いですが、

縁だけは非常に強いので、なかなか別れられないでしょう。


A
さんはまさに遊び人というタイプですので苦心は必須だと思います。

天海祐希さん戸田恵梨香さん(1)

似た者シリーズとして、天海祐希さんと戸田恵梨香さんを見てみたいと思います。

外見、印象ともに異なるお二人ですが、価値観は似た者同士です。

とはいえ物事に取り組む手法や巡って来る運など細かい違いはあります。

〜共通した個性〜

現場で体を動かして仕事を覚えて行くタイプで、

その場その場の空気を肌で感じて、ふさわしい対応をして行きます。

感受性が強く、芸術的なセンスが抜群です。

人に逆らわず、相手を刺激しないよう、常に受け身の姿勢を保っているので、

精神的な疲労感を抱えやすく、疲れやすい傾向があります。

極端に抑圧された環境では、我慢をし過ぎて無気力になってしまう事も。

華やかさがあり、派手なイメージを持たれやすく、衝動的な言動も多少ありますが、

人生においては突拍子もない賭けをするタイプではなく、

安全志向で保守的な選択をする人です。

経験を積んで、自分なりの技術を身につける事を重要視しています。

伝統芸能にも縁があります。

私生活では、束縛を嫌い自由な環境で気の向く作業にだけに専念する傾向です。


〜個別の個性〜

天海さんはより器用で、時には正攻法、又ある時には変化球で、

臨機応変に物事に取り組む手法を持っています。

交遊は活発で世話好き、商売センスにも長けています。

戸田さんは、自身の世界観が強く、好みのものしか受け付けない傾向があります。

アイディアあふれる人で、気持ちは移ろいやすいです。


さらに次のページで個別の運勢を。


2012/12/16

小春日和と選挙

「明日は最低気温が0℃らしいよ」

「おお!暖かそうだね」

なんて会話が成り立つ程、氷点下に震えた日々でしたが、

本日は17℃まで気温が上がり快適でした。

たまにでもこういう緩みがあると嬉しいですね。

選挙に出かける時、いつも通り分厚いダウンを着ようとしていた夫が居ましたので、

恥ずかしいから薄いのを羽織って、と催促しました。

ダウンなど着たら芽が出そうです。


選挙はどうなるのでしょうかね。

師匠は「これからは安倍時代だよ」と宣言していました。

安倍さんの運気は以前とは違い、良いらしいのです。

しかしまだネジレは続くようですね。

本当の勝負は参院戦だとか。

それにしても、政治家が一番本気で仕事しているな、と感じるのは、

選挙の時期だと思いませんか?

わかりやすいくらい生き生きしてます。

2012/12/14

すみれさん

モデルからタレント活動と、最近よくTVで見かけるすみれさん。

芸能一家に生まれ、現代的な家庭環境で育った彼女ではありますが、

そんな事情をものともしないカラっとした明るさが特徴的です。

ブログに0時生まれと出ていましたので(有り難い!)

この時刻で鑑定したいと思います。

時差の関係で1〜2時になると変わってきますが、多分0時台だと思われます。

〜運勢について〜

2013年半ばから大きく人生環境が変わります。

2014年に、それを決定づける出来事が起きそうです。

仕事面でも愛情面でも、これまでの事にけじめがついて新しい方向が決まる年です。

身辺を動かすなら2014年のうちにされておくのがいいですね。

その後はしばらく落ち着かない状況で、

2019年にふさわしい達成や成約ができる流れになっています。


2013〜23年は、仕事面、金銭面、愛情面ともに順調な時期ですが、

接する相手側の失敗や不正に嫌な思いをしやすい時期です。

広い心を持って相手を許しながら進まれるといいですね。


〜個性について〜


名実ともに備わり、独自の表現力で実力発揮して行く人です。

文章を扱う仕事も上手です。

現場に身を置き、いろいろ考えるよりもまず実行に移して取り組む手法を持っています。

女性的な甘さや柔らかさは少ないですが、周囲に甘えず毅然とした強い意志を持ち、

着実に実績を積んで行く人です。

好きな事、趣味的な事を仕事にしやすいです。

家庭内でも堅実で、てきぱきと家事をこなし、教育熱心な良妻賢母になるでしょう。


関わる男性によって運が作られる傾向ですが、良い夫に恵まれる人です。

情緒的な人よりも、知的で合理的な判断をする人を好むでしょう。

一人で生きて行くタイプではないので、早ければ2014年、

次は2019年に結婚を決めるかもしれません。

今後大きな変化をして活動して行く事になるでしょう。

2012/12/13

住吉美紀アナウンサー

NHKからフリーに転身したあとの番組の評価は厳しいようですが、

どのような流れの中にいるのか見てみました。


〜運勢について〜


2013年に大きな節目を迎え、これまでとは全く違う人生環境に入ります。

NHKを退職した2011年は、人生上の一区切りがつく年で、

これまでの事にけじめがつき、新しく出発するタイミングでした。

2011年の決定によって変化が始まり、2013年前後はしばらく身辺が落ち着かない状況です。


2013〜23年は、縁を変えながら進んで行く時期で、

現状を立て直しながら進んで行く事になります。

目先の状況は思わしくないものの、自身のエネルギーが高まるので、

粘り強く対応して成果を出して行ける時です。

一人でも生きていける時期ですが、同時に再婚の縁も高まります。


2012年は引き立てや支援に恵まれるものの、

手応えのある成果や結果が出る状況ではありません。

2014年までは停滞ぎみで状況を変える時期ではなく、

2015年に新規着手して変化して行く事になります。

(2014年にそのきっかけとなるひと区切りが付きそうです)

2015年に開始した事は2017年に拡大発展して、

2018年にふさわしい成果が出ているという流れになるでしょう。


〜個性について〜

自身では全く色気のない性格だと思っているふしがありますが、

情緒豊かな面が異性にとっては魅力的に受け取られやすい人です。

人生においては派手に挑戦して行く人ではなく、保守的で着実に経験を積んで行く人です。

初対面の相手や、初めての事柄にすぐには打ち解けない反面、

情報収集力に長けていて、未知の事を学ぼうとする好奇心が強いです。

現場に身を置き、体を動かしながら仕事に取り組む人なので、

現場からかけ離れた環境では良さが発揮できません。

時には正攻法で、またある時には変化のある手法で物事に取り組む人です。

ラッキーカラーの黒を使うと、さらに魅力が発揮されるでしょう。

これまでよりも強いエネルギーを得て、今後も社会的な活躍が期待できる方です。

2012/12/12

中山雅史さん

先日引退宣言をされた、ゴン中山こと中山雅史さん。

2013年に大きな節目を迎え、今までとは違う形での活動をしていくタイミングです。

時の巡りに沿ったふさわしい決心ですね。


〜運勢について〜

1993〜2003年 

目の前は思わしくない状況があるものの、

ひとつひとつ丁寧に対処して行く事で成果が出てくる時期でした。

一度区切りが付いた事柄に、再び縁を持つ事で発展できる時期でした。


2003〜13年 

意欲を持って活動的に取り組むものの、手応えのある成果が得られにくい時期でした。


2013〜23年 

財運が活発で出入りが大きくなる時期です。

無駄や世話損を抱えるものの成果は出て来る時期。

特に2014、16年にふさわしい結果や評価に恵まれやすいでしょう。

2019年に新規着手して生活を変えて行く事になります。


〜個性について〜


たとえ無理だと思われる状況でも、また周囲の反対を押し切ってでも、


自分が決意した事はやらずにいられない意欲的な人です。

何からも束縛されない自由な立場を求め、

自身のスタイルを貫きながら発展する人です。


カンが鋭く瞬時に状況をとらえて反応して行く所や、

物事のコツをつかむのが早い所は、
スポーツ選手として存分に発揮された事でしょう。

また情緒豊かで人の気持ちをとらえるのが上手く、

人間関係の調和を保つために細かい配慮を欠かさない人柄が、

周囲からの人望を得られています。


さらに、良くも悪くも世間の注目を浴びる強いエネルギーがあり、

人気者になる要素を十分に持っている人です。



これからは、今までとは全く違う形で活動をされて行く事になりますが、

流行や時代の流れを見抜くカンにも長けていますので、


大衆向けのサービス業などでも十分活躍される事でしょう。

小さい組織でもトップの立場で活動する事が合っています。

奥様とはそれほど強い縁ではありませんので、大きな節目を迎え、


夫婦関係にも変化が出やすいです。


これからの活躍にも期待できるゴン中山さんです。

2012/12/10

シャキりん

今年も信州中野から美味しいりんごが届きました。

いつも職場の生協で注文しています。

Photo

蜜が入っていて、シャキりん(注*しゃきっとした歯ごたえのりんご)。

12月の朝食に欠かせない果物となっています。

Pap_0170


本日もまた、雪山に張ったテント内に居るかのような強風が吹いていますが、

りんごパワーで乗り切りたいと思います。


*注 関西人が使う造語(?)

例「これ、シャキりんちゃう。お母さん!次はシャキりんにしてっ!」

2012/12/09

ころ柿

ころ柿が店頭に並び始めました。

渋柿を干して、中身がゼリー状になった頃合いの柿です。

干し柿になると中身もそこそこ固くなりますが、ころ柿は途中段階、柔らかい食感です。

2012

家の軒先やベランダに柿が連なり、冬の風物詩となっています。

生産している所では、こんな感じにオレンジ色のカーテンが。

1000637_top
一般家庭ではこんなに沢山は無理。

干し柿になるのは、百匁柿(ひゃくめがき)という大きな渋柿。

Dsc_0274_2

皮を剥いて、1ヶ月程軒先につり下げておきます。

今年は面倒で作りませんでした。 

渋柿のうちは手頃で売ってますが、干されると高級品に変身して、

おスマシ顔で店頭に並んでいます。

家庭での出来上がりはこんな感じです。

Photo_2

標本みたいな写真ですみませんcoldsweats01


表面に付いた白いものは糖です。とっても甘い。

味覚が多少鈍感になった大人が好む甘さですね。

こちらの地域では、年始の挨拶回りでお茶菓子として出て来るらしいです。

こたつでみかんよりも、こたつで干し柿な地域です。

2012/12/07

ポン・デ・トマト

米粉100%のもちもちパンを作りました。

Photo

地元ブランド米の米粉が、たまたま店頭に置いてあったので、それを使ってみました。

仕込み水は野菜ジュースです。

なのでだいたい野菜ジュースの味。

習ったのはずっと前で、たしか意外に美味しかったような記憶が。。

今回は野菜ジュースの域を出ず、家族の反応もいまいち。

野菜ジュースがトマトベースのものだったのが敗因か?

もっとお米の甘みがあったはずなので、いつか再チャレンジします。


2012/12/06

久々の大爆笑

TVを見ていた主人が本気で笑っていたので、おやおや?と思い覗いてみたら、

平井堅さんが肩に鳥をのせて大真面目に歌っているではないですか。

その鳥はいかにも作り物という仕上がりで、材質まで分かるような手作り感満載だった。

それが肩から掛けたマントみたいな衣装にくっつけられているので、

動く度に少しずつズレて、斜めになって行く。

そういう可笑しな状態にも関わらず、平井堅さんは気難しそうに歌っている。

真面目に歌えば歌う程、可笑しい。

久々にお腹の底から大笑いさせてもらえた。

変幻自在に大衆の気持ちをつかむタイプの平井堅、笑いのセンスも幅広い。

その後、我々夫婦は、その鳥の斜めった姿を実演し合ったり、

ネットでうわさを調べたりして、お腹をよじりながら笑った。

お恥ずかしい程くだらないが、おバカにならないと2人暮らしは保たない。

大笑いして、かなり免疫力がUPしたのは間違いないだろう。

ありがとう平井堅さん。

2012/12/04

宮迫博之さんと蛍原徹さん

雨上がり決死隊の宮迫さんと蛍原さん。

宮迫さんの病気報道がありましたが、どんな運勢状況なのか見てみました。

〜宮迫さんの運勢〜

2011年11月から大きく運勢環境が変わっています。

これまでの生き方から大きく変化するターニングポイントでした。

2011〜21年は様々なプレッシャーがかかりやすい時期で、

ストレスを抱えるものの、自身の才能が注目されやすい時です。

気力が充実する時期に入りましたし、押しつぶされてしまう程のプレッシャーではないので、

苦心はありますが粘り強く対応して進んで行かれるのではないかと思います。

技術、技能の向上、趣味分野での活躍が期待できる時期です。

金銭面や異性面でのトラブルは抱えやすいです。


2012年は運命的な動きや、身の上の変化が出る年で、

0〜1時または23〜24時生まれの場合は要注意です。

過去の出来事から、宮迫さんはこの時刻では無いと予想しますが。

4月に何か身辺に動きがあったと思います。

腰が重いので、なかなか精密検査に足が向かなかったかもしれません。

でも今年は動かされる年です。

抱えている問題がはっきりとは決着せず、流動的な形で進んで行く年です。

仕事や職場の件でも悩みやすく、何か答えを出したいという気持ちになりますが、

結論が出ないので悩みやすい時です。

趣味や芸事など、リラックスできる時間を持って進む事が必要な年です。


2013年は周囲からの評価がもらえて、何かと協力してもらいやすい年です。

それを素直に受け取り、周囲と調和した方がうまく行くでしょう。

2015年にはこれまでの事に答えが出て、これからの方向が決まりそうです。

公私共にこれまでとは違う方針で、新しい縁を持って進んで行く事になります。

相方の蛍原さんの2015年も身辺に動きがある時ですので、

関係に変化があるかもしれません。



〜宮迫さんの個性〜

常に控えめで自身を飾り立てるのを嫌い、物事にも派手に挑んで行く人ではないです。

人目につかない所でコツコツと努力を重ね、組織内では縁の下の力持ち的な存在でいる人です。

優しい人柄で弱者に対する思いやりにも長けています。

正攻法で安全に進んで行こうとしながらも、独自の感性や感覚、才能を兼ね備えていて、

真面目な性格が才能開花にブレーキをかけやすい傾向です。

また、平均的な生き方では芽が出ず、独自の技術、研究、専門分野を掘り下げ、

極めて行く事で発展できる人です。

本人は至って地味な性格なのに、人生は何かと激しくなりやすい傾向です。



〜蛍原さんについて〜

宮迫さんとは真逆で、普段は周囲と協調して過ごしている風ですが、

内面の好き嫌いは激しく、好きなものしか受け付けない所があります。

断定的な発言が特徴的です。

闘争心や批判力が強く、普段は内に秘めていますが、ある時プツッと切れると、

後先構わず破壊の方向へ突っ走ってしまう場合があります。

社会の動向や常識に詳しく、きっぱりとした言動は、

人々の意向を代弁してくれる良き理解者となる事もありますが、

なかなか激しい人ですので、人によって評価は分かれるでしょう。

TVでは激しさを感じさせない、どっち付かずなイメージが強いですが、

仕事上、ある程度おさえていると予想します。

運勢も吉凶が激しくなりやすい人です。

2015年は良くも悪くも激しい変動があり、周囲との対立でストレスを抱えやすいでしょう。

場合によっては決定的な事態となるかもしれません。

今は地位や評価、目上との縁が薄まる時期ですので、突拍子もない言動には注意です。


〜二人の相性〜

宮迫さんは蛍原さんをかなり気に入っていて、蛍原さんと一緒に仕事をする事で上昇できます。

蛍原さんはそれ程でもなく、徐々に宮迫さんの良さを理解してくる感じです。

どちらかが21〜23時の生まれであれば、お互いが上昇し合える関係です。


〜おまけ〜

恐妻家で知られている宮迫さんですが、宮迫さんが折れないと回って行かない関係でしょう。

蛍原さんも負けず劣らず、妻には頭が上がらないと思います。

どんな我慢にも耐える奥様ですが、あっさり捨てられてしまう可能性も。


まずは体調を整えて、これまでとは又違った活躍を見せてもらいたいですね。

2012/12/02

笹子トンネル

笹子トンネルの天井が崩落したニュースは衝撃的だった。

この辺の住人が車で都会に出る時には必ず使う道だから、かなり身近なトンネルで、

皆、もし自分が通っていたら、、と想像して不安に思った事だろう。

私も月2回はバスで通過しているので他人事とは思えなかった。

全長4.5km
あるトンネルで、通る度に「長居したくない場所だな」と何となく思っていた。

地震や豪雨などで少しずつ均衡が保てなくなっていたのだろうか。

いつ崩落してもおかしくなかったのだとしたら本当に怖い。

高度成長期に使われたコンクリートが揃って寿命に来ているらしいので、

その関係だろうか。

閉じ込められた人達の一刻も早い救出を願う。

2012/12/01

12月の気配は7日から

12月の空気が漂い始めるのは7日からです。

冬至に向けて、冬の気配が最も極まる時。

師走の時期は記憶がない程、気ぜわしい時ですが、

特に6月生まれの方、午の日生まれの方は、身辺に動きが出やすいです。

さらに午どし生まれとか、11〜13時生まれなどが重なると、

動きはさらに激しくなってきますよ。

該当する方の中には、金銭的な利益に恵まれたり、

周囲の評価に恵まれたりする方もあるでしょう。

冷え込みが強まるこの季節、体調管理には気をつけたいものですね。


こちらは最低気温2℃になって来ましたが、まだまだ序の口、普通に耐えられます。

あと8℃は下がるのですから。

あぁ、今日も空っ風が吹き荒れて、水分という水分を奪い去って行きます。

盆地はつらいよ〜の季節の始まりです。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »