« X'masケーキ | トップページ | 戦力外通告の選手の今後 »

2012/12/26

年貢納め

納め時が近づいて参りました。

暗黙の徴収、また人によっては合法的恐喝とも表現する、

「お年玉」を郵送する頃合いです。


日経記事によると、住信SBIネット銀行の調査で、お年玉支払い総額の平均は、

2万6143円との事。去年より800円減ったそうです。

(なんだ〜、うちってあげ過ぎだったんじゃないの〜)

あげる相手は3人→6人→4人の順だそうで。

小学生は3400円、中学生は6200円、高校生は8500円が平均値との事。

(なんだ〜、やっぱりあげ過ぎだったんじゃん)

今さら減額できないから諭吉を送るけれど、

いったいいつまで送れば良いのか、という素朴な疑問を夫婦で話し合いました。


自分達の頃はバブル時代も重なり、もうちょっとで2桁だとか言って、

札束をにやけながら数える生意気な子供をやっていました。

時代もお金もぐるぐる回っていた当時から、

何もかもが停滞し、いろんな意味で懐が寂しくなってしまった現在。

今の子たちにとって、当時よりも諭吉の価値が無いのは可哀想でしょうね。


実のところ私は、2回目の二十歳が目視できる年齢だというのに、

祖父母からのお年玉を貰ってしまう大人をやっているので、

二十歳まではあげた方がいいかな、という案で収まりました。

(奴らが就職したら、今度はこちらがタカる番だ、と主人は言ってますが。。)


弁解しますと、祖父母からのお年玉は3000円です。

そうでないと孫は受け取らない事、また年金受給者にとってはそれが妥当である現実から、

祖父母なりの策を練ったようです。

孫からすると、祖父母の前では大人過ぎてはいけない、ましてや越えてはならない、

あくまで孫で居なきゃいけない、という感じが伝わってきます。

勝手な解釈かもしれませんが。


「もういっそ、袋だけ交換したいよね〜」と、

私の母は笑いながら、しかし半分以上は本気、で叫んでいたのを思い出す年末です。

« X'masケーキ | トップページ | 戦力外通告の選手の今後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これ 様

すみません。全員分を公平にのせた方がいいかなと思いまして編集しました。
財まじりの件、教えて頂きありがとうございます。
検討してみます(^^)

中村真人さんの鑑定、消してしまったんですね。
私は中村さんには財の混じりがあるんじゃないかな?と推測してまして、興味深く読ませていただいたので残念です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/48477616

この記事へのトラックバック一覧です: 年貢納め:

« X'masケーキ | トップページ | 戦力外通告の選手の今後 »