2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« クッキング教室 | トップページ | 気になる本 »

2013/01/27

10円ハゲを修理

主人が車の10円ハゲを塗り直す作業をしていました。

私はこのところ具合が良くなく、おとなしく(というより殆ど関心なく)

動向を見守っていましたが、なんだか大変な作業だったようです。


まずはイエローハットで諸々の材料を購入していました。

最初に、ハゲてしまった部分を研磨し(爪磨きと同じくヤスリに段階があるようです)

した所で、「もう後には戻れない」というセリフをやたら真剣に唱えていました。

私などにとっては、もうちょっと人生かかった場面で吐くセリフなので、

何と反応してあげればよいのか迷いました。


その後、お店で調合してもらった塗料を吹きかけて、コーティング剤を塗る所まで行き、

ここで現実と対峙したようです。

自分で塗った所だけ光沢がなく、はっきりとした地図状になり、

手作り感が丸出しになってしまったそうで。

絶望感に苛まれたらしいです。

あぁ、自分の手でこんなイケてない車にしてしまったと、焦りに焦った中、

奇跡的に、普段使っている磨き剤を使ってみる案が閃き、全力で磨いてみた所、

なんだか中腰で1時間も磨いたらしいですが、

見事に修理痕が消え去り、指摘されてもわからない位までに、

光沢を出す事に成功したという事でした。


詳しい人にとっては、何の不思議もない作業だと思いますが、

主人は今回の修理にかなりご満悦で、、「俺、すごい」を連発していました。

私といえば、テキトー人間ですので、

「やっぱすごいね、すご過ぎる!」と繰り返して、

嘘くさい御神輿を上げたのでした。

とにかく車の見栄えが戻って落ち着きました。

« クッキング教室 | トップページ | 気になる本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/48994790

この記事へのトラックバック一覧です: 10円ハゲを修理:

« クッキング教室 | トップページ | 気になる本 »