2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 揺れたら大きい? | トップページ | 医療難民 »

2013/01/06

実験レポート

所用のついでに主人の職場へ寄る機会がありました。

机の上に学生さんの提出した実験レポートがありましたので、

何気なくパラパラとめくって見ました。

10ページあるかないかのレポートですが、表紙からグラフまで全部手書きではないですか。

何てアナログで個性豊かなレポート。

主人によると、コピペ防止で苦肉の策との事。

割と皆、小さな字で書いてあり(そろそろ大きめにしてもらわないと焦点合わなくなるかも?)

ページが進むにつれて雑になるものは意外に少なかったです。


その中に、筆圧が濃く文字の筋が通っているものがあり、

この人が「ベストオブ筆跡」レポートだね。

と主人に言ったところ、「その学生さんはできる子だよ」との事。

やはり字は人を表すのでしょうね。


レポートの末尾には実験を終えた感想という欄があり、面白い感想を見つけました。

大部分の人が「非常に細かい作業であり、不手際がデータに誤差を生じさせてしまった」

と書いていて、この反省を次へ生かしたいとあったのですが、

1人「実験過程でやってはいけない事をやらない、そういう人間になりたいです」

と書かれたレポートがあり、私の笑いのツボを大いに湧かせてくれました。


実験から人生を悟れるなんて、すばらしいじゃないですか。

しかし主人に言わせると、単にボキャブラリーが少なくて、

そういう表現になってしまったんだろう、と。


いやぁ私は「笑いのセンスありで賞」を授与したいですね。

上記の感想には、「少し考えればわかる事だったにも関わらずやってしまった」

ともありました。

まさか、実生活でもそういう傾向なのでしょうか。

レポートの本題の方はよくわかりませんが、個性が出て面白いですね。

« 揺れたら大きい? | トップページ | 医療難民 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/48619866

この記事へのトラックバック一覧です: 実験レポート:

« 揺れたら大きい? | トップページ | 医療難民 »