« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/30

真夏の合唱

ようやく田んぼに水が入りました。

去年の今ごろは、もう田植えが済んでいたと思います。

週末くらいに苗が植わり、一気に緑が増えるでしょう。

水が入ると早々にカエル達の合唱が始まり、

あぁまた、彼らの恋の季節が来たんだなぁと思い知らされます。


人間が頃合いを計って水を張った訳ですが、

生き物はほんと季節に従順に暮らしていると感じますね。


さて、主人の職場では、社会人に対して聴講制度を設けているので、

現役生に混じって一緒に授業を受ける、社会人の方がおられるみたいです。

単位が取れる訳ではないのですが、先日の試験もしっかり受けられたようでした。

主人は少々やりにくいみたいで、なぜ聴講しているのか分からない、

などと言っているのですが、私はその人の想いを何となく想像してしまうのです。

決して安くはない聴講料を支払い、孫くらいの世代に囲まれて授業を受ける。

彼らと仲良く交わる訳でもない、けれども授業を受けたいという想い。


勝手な想像に過ぎませんが、何かやり残した想いがあっての事じゃないかなと思う訳です。

「田植えで忙しく、勉強する時間がありませんでした」

と書かれた解答用紙を見たら(これ公表したらまずいですねsweat01ナイショでsweat01

ちょっとしたドラマを想像してしまうものだと思うのです。


今夜から、かえるの合唱がBGM。けっこう騒々しいですが
coldsweats01眠れます。









2013/05/29

林文子さん(現横浜市長)

再生を望む企業から数多くのオファーがあり、そして待機児童ゼロを達成した実績から、

国も関心を寄せている林文子さん(現横浜市長)について調べてみました。


狙いを定めた目標に対して、何が何でも達成しようとする意欲が強い人です。

しかしその意欲を相手に悟らせない術を持っているので、

人当たりがソフトで親近感の持てる人柄となって表れています。

また、細やかな気遣いで相手の気持ちを掴むのが上手で、

相手が心地良いまま心理的な駆け引きがなされます。

収支の勘定も抜かりがなく、勝負時を逃さない鋭い勘も加わって、

営業成績の向上や起業再生などの実績を作って来られたと思います。

また、トップの立場にあっても必ず現場の状況を把握しておく、

というモットーもうなずけるポイントです。

現場に赴き、経験や実践を積んで自分なりの技術や能力を身につけ、

実績を作って行くというのが林さんの手法です。



車の営業販売業に再就職してからダイエー
CEOを退任するまでの30年間は、

自身のエネルギーと直面する試練やテーマが程よいバランスで保たれていた時期でした。

身内や身近な人、同僚との関係は、悩みを抱えやすい状況ではあったものの、

仕事ではやりがいのあるテーマに出会い、それに立ち向かい勝ち取って行く、

という歩みだったと思います。

特に1986〜96年は、何か大事なものを手放したり失ったりする事が多かったと思います。

2006年からは運勢的に大きく変化したので、

民間から行政へと活動分野を大きく変える選択となったと思います。


2006〜16年は自身のエネルギーの方が強まり、益々意欲的に活動されると思いますが、

身近な関係者にとっては、やりづらさが増すのではないかと思います。

周囲の意見をどれだけ取り入れる事ができるか、又、行き過ぎやり過ぎを、

いかに適度にセーブできるかがポイントになってくるでしょう。

2013年はこれまでの締めくくりをする年、そして新たな方向を模索して行く年となっています。

2014年は物事に結論が出て、進む方向を新たに変えて行くタイミングです。

市長としての仕事は終えて、次は政界進出となるのかもしれませんね。


林文子さん語録こちらもおもしろいですよ
eye

2013/05/28

美容院

「大丈夫ですか?想像されてたのから、かけ離れていないでしょうか?」

と美容師さんに言われて、

「ん〜何も想像してなかったから、かけ離れようがないけど、

正直"あまちゃん"にされるとは想像できなかった〜」と叫びたい所でしたが、

穏便にお礼を言い、また次を探すのかと思うと、ややブルーな気分に。

歯医者はようやく普通の所が見つかったのですが、

美容院はまだ適当な所が見つからないのです。

私の髪は融通がきかないので多くを望んでいる訳ではなく、

普通にカットしてくれて、居心地も普通の所で良いのですが、

普通というのが実は難しいのですね。


ティーンズ御用達のお店と知らずに行ってしまった時は、シャンプー後放置されて30分余り、

仲睦まじい時間を過ごす女子高生と美容師さんを横目に、クーラーの冷気が身にしみました。

へぇ、ティーンが誰にも咎められず背伸びできる空間なのかぁと社会勉強してきました。


またある店舗では、ありえない事にマッサージの肩揉みで首を絞めてくるので、

生きて帰れなかったりして?と気が気ではありませんでした。

私の肩はそんなに規格外ですか?

M3D発祥店では、やたら商品を勧めてきて、とても高いのに沢山通うよう勧めてくるので逃げて来ました。

丁度、震災の日で「地面が揺れる地震は初めてですぅ」なんて意味不明発言を聞いたのも、

このお店だったと記憶しています。よほど動揺したのでしょう。


あまちゃん(いや勿論オバちゃん)にされてしまった事は大目に見ても、

声が大きくてマシンガントークの美容師さんだけは避けたくて、

「女性のスタッフさん以外ならどなたでもいいのですが」と言ったら、

「では指名料を頂きますね〜♪」となったやり方には解せないものがあります。

好みが分かれるスタッフを1人置いておけば、

指名料が入りやすいという、、これも技の一つなのでしょうかね。

再び、美容院探しの旅が始まりそうです。

次々にもらう名刺を全部並べてみたら、あーっこの人、このお店に移ったんだぁ、

と転職事情まで知れてしまう位、あちこち通いまくっています。

2013/05/20

温泉

「そうだ、この町は温泉が湧いていたんだ」と思い立ち、

1年ぶりに源泉かけ流しの銭湯へ行きました。

何番煎じかも分からない草津温泉という名を付けた銭湯です。

しかし入ってびっくりでした。

その驚くべき保温力は、夜中暑くて眠れなかった位で、

翌日になっても体の芯がぽかぽか、足の裏がいつまでも真っ赤でした。

他の方も評価されているように、お湯の効果は本場と大差ないかも?と私も思いました。


「卵とヨーグルトの持ち込み禁止」という、噂の張り紙もまだありました。

そうです、オモシロ甲州人はたま〜に出没するのです。

流行が去っても張り続けるオーナーの苦労が垣間見えた気がしました。

また「おむつの方はご遠慮ください」は、現代社会を反影しているのかもしれません。

乳幼児と断定していない所がsweat01

温泉適齢期になっても、いろんな意味で健康でないと、

温泉を楽む事ができないのだと気付きました。


お湯の効果を体感したところで、定期的に通ってみようかなと思ったのですが、

数日後、マッサージの揉み返しに似た、温泉返しみたいな事になり、

体全体がだるく調子が狂いました。

多分このところの急激な気候の変化だと思いますが。


観光の場合は、景色の良い"みたまの湯"(見晴らし最高)や

"要害温泉"(プチ夜景&ホタル)がお勧めです。

開放的な方は"ほったらかし温泉"というヌーディスト村もどうぞ。

まだまだマニア好みの温泉が色々あるらしいので、気が向いたら入ってみようと思います。

2013/05/19

パンとケーキ

教室オリジナルのパンとベーグルです。

Photo

生地にカレー粉が入り、具はカシューナッツや鶏肉、ピーマンなどでカレー風味、

と〜ってもオリジナルなパン
delicious

Photo_2

ベーグルは胚芽入りの生地やエダムチーズ入りの生地など、

市販のものよりも食感が柔らかくてGOOD
sign01

なぜか、クリームチーズとレーズンを配給されました。

でも意外においしかったです。


それから自宅でも復習しました。

チーズケーキとミルリトン
Photo_3

Photo_4

今のところ、混ぜて焼くだけの簡単なお菓子にトドメています。

本格的にお菓子の世界の扉を開くのは後の楽しみに取っておこう、

まだ禁断の扉を開いてはいけない
confidentと思っています。

(でも実は半開き、、)

2013/05/16

風疹抗体

去年辺りから感染者が急増し、予防接種が推奨され始めた風疹。

特に20〜40代の男性は接種を受けなかった世代という事で、

感染者が続出しているのは周知の事と思います。

女性なら1度は接種しているのですが、時間が経つにつれて抗体数値は下がるらしく、

その数値によっては殆ど免疫効果が無い場合もあるようです。


私も重い腰を上げて検査をしてきました。

結果は陽性だったのですが、はたして感染しにくい数値なのかどうか、

という所までは医師の説明が無く、結局自分で調べるはめになりました。

「抗体が0じゃないから陽性、はいっ大丈夫でした」じゃダメなんですよね。

女性が検査を受ける真意をくみ取って、適切な説明をしてもらいたいものです。


幸い厚生労働省のガイドラインのページを見つけたので、

自分の抗体数値が感染に耐え得るものかどうかが判断できました。

日頃データ解析をしている主人でさえ、

「基準値の◯倍持ってたら、相当な数値があるって事だよ、心配し過ぎだよ」

なんて言ってたのですが、抗体が機能すると言えるのは基準値の◯倍以上の場合である、

とガイドラインに明記されていました。

やはり調べないとわからないものです。


さらに、抗体があるかどうか調べる検査自体にもいくつかの検査法があり、

HI法やEIA法などなど他にもいくつかあり、それぞれの数値は全く違います。

レアな検査法を受けた場合は、調べたくても情報が少ない事もあります。


遠回りせずに、さっさと予防接種を受けちゃった方が早くない?

という人もあるでしょうが、個々に事情がありますしね。

そんな訳で、主人の結果ももうすぐ出てくる予定、

実家の両親にも検査を受けてもらいました。


自分には関係ないと思われている方も、意外に関わっているかもしれませんので、

お早めに抗体を備え付けておかれるといいと思います。

しかし体質によっては抗体が全くできない場合もあるみたいです。

血球を提供しているガチョウ達にとっては、

優雅に走り回ってばかりじゃいられない今日この頃でしょう
bearing

2013/05/12

かあさ〜んっ

今年もクリックをポチっで、カーネーションを送るだけの母の日。

本当はカードを添えたり、電話入れたりしなきゃいけないのですが。

特に提供する話題もないし、多分聞き役になってしまうしで、もっぱらメールのみ。

母はお陰さまで健康で、職場で結集されたあやしげなおばさん軍団に所属し、

着々と活動をしているらしいのです。

還暦前後のおばさん軍団なのですが、取り仕切っているアラフォーさんが、

話を聞いていると何だか昔のレディース?みたいな雰囲気の方のようで。

名字の呼び捨てをするとか、各自に役目を言い渡すとか。

時間と共にその異様な雰囲気にも慣れて、全体的にはまとまっている、、らしいです。


どんな活動かと言うと、毎月誰かの誕生日祝いの会を開いたり、退職祝いの会を開いたり、

退院祝いの会をしたりと、プレゼントを持って集合して乾杯して食事しておしゃべりして、

結束力を高め合う、といういかにも面倒臭そうな活動です。


職場の関係がそのまま私生活になだれ込み、生活に影響してくるという、

女性特有のあの現象ですね。

でもその軍団のお陰か?母は生き生きしているので、いいのかもしれません。

母が選んだ会場が好評だったとか、選んだプレゼントが褒められたとか、

なんだか嬉しそうに話しています。

一癖も二癖もある個性が集まった職場なので、その位の異様さが功を奏するのかもしれません。


では平泉成似さんに〆てもらいます。

「かあさ〜んっ」

2013/05/10

柴咲コウさん 吉高由里子さん

配役を巡ってのひとコマがあったようですが、

お二人とも人生のターニングポイントを迎えていますね。


柴咲コウさんは2012年を境に大きく人生環境が変化する状況で、

2013年にはっきりとした動きがあり、今後の方向が決まります。

今年の動きや出会いは、すべてが意味のあるものとなってくるでしょう。


もしかしたら去年に決まりかけていたかもしれませんが、

今年は結婚が決まる可能性が高く、そうなれば2014、15年と子供に恵まれる流れです。

2016年も結婚が決まりやすいです。


仕事も大きく変化してくるタイミングで、

2013年にスタートした活動は2015、16年と飛躍させて行けるでしょう。

これからの10年は自身の意欲が増す上に、取り組みたいテーマが目の前に現れるので、

どん欲に活動して行く時期となっています。

ただ、行き過ぎたり強引になってしまったりしやすい時期なので、

周囲との調和をはかりながら進むと良いでしょう。

自立心が強い人ですが、一人の生活でも平気というタイプではないので、

今年には結婚を決めるのではないかと予想します。



吉高由里子さんは2013年を境に大きく人生環境が変化します。

2014年に方向がはっきと決まってくるでしょう。

周囲からの応援に恵まれて、無理をしなくても自然に成果を出して来た時期から、

変化が多く落ち着かない時期に入り、すんなりとは達成しにくい状況です。

身近な人との苦心も増える状況で、ストレスは溜まりやすいですが、

将来の飛躍の為の準備期間ととらえて進むのがいいでしょう。

2013年前半は絶好調で、何に関しても良い結果が出て来ます。

後半からは今までとは違う分野に目を向けて行く状況で、周囲との意見の相違を抱えやすいです。

周囲あるいは自分自身が、これまで通りに進めて行こうとしても、

方向を大きく変えるタイミングに差し掛かっているので、変化すべき時です。



お二人は可も不可もない間柄です。

ライバル視はするかもしれませんが、競い合っても相乗効果は見込めません。

柴崎さんは自信を内に秘めていて、ひけらかす事はないです。

吉高さんは、自分の本心をそう簡単には相手に見抜かせない人ですが、相当意欲は強いです。


お二人の今後の選択に注目したいところです。

2013/05/09

歯医者

しばらく足が遠のいていた歯科を受診しました。

知らない土地に移り住んでから、色々と聞いて通ってみたものの、

納得できる病院に出会う事ができず、見て見ぬ振りをしていました。

そうしていたらとうとう詰め物が取れてしまい、病院探しからスタートする事になりました。


以前通った病院は、とてもびっくりするような所ばかりで、

オモシロネタをもらえたとは思いますが、必要以上に身を削られてしまったかもしれません。

最初に紹介された病院は家族経営の所で、一家全員がエアタービンを操っていました。

よちよち歩きの孫が側にいた時などは(まずその状況がありえないのですが)

孫のご機嫌を取りながらの作業なので、片手間な治療をされているのが丸わかりでした。

うがいの時に「若いのに電動に頼って!腹筋で起き上がらなくちゃダメよ。皆そうしてるわよっ。」

と言われたのも、生まれて初めての体験でした。

歯科で腹筋を活用させられるとは、思いもよりません。


次に自力で選んだ病院は、いつも院長が従業員を叱咤している所で、

患者としても不安ばかりが増す所でした。

機械ではなく、ガリガリと手動で削るという、原始的な方法で歯石を取っていて

(機械の方が良いとも言えないらしいですが)

いざ院長の治療となった時、生暖かい手が口腔内に侵入してきました。

え?まさかの素手!です。

これに関しても、素手であれば患者毎に手を洗ってもらえるという事で、

手袋だから安全と一概には言えないですが、感覚的に不衛生な印象を持ってしまいました。

それにしても院長は自身の感染に対して無防備過ぎる。


最後に行った病院は、ここで救われたという人の話を聞いて行ってみたのですが、

レントゲンも撮らず、ひとつひとつ叩いて「ここ痛みます〜?」

という確認だけで治療に入ろうとしたので、

歯石除去だけにとどめて、そそくさと逃げ出しました。

とにかく普通の歯医者ありませんか?という思いで一杯でした。


今回も大きな賭けに出る思いで予約を取りました。

でも方角だけは拘ってみようと思い、なるべく解決しそうな方角で選びました。

今度こそは面白エピソード無しでお願いします
sweat01

2013/05/08

草彅剛さん

人生のターニングポイントに差し掛かった草彅剛さん。

仕事面でも私生活面でも大変化が待ち構えています。


2013年は物事の締めくくりがある年で、

決定された事柄やこの時期に起きた事は、今後を左右する動きとなる時です。

もしはっきりと意識するほどの出来事でない場合でも、

今後に影響して来るような、意味のある出来事、出会いとなって行くはずです。

特に今月はそのような気配が強く、身辺に何らかの動きがある時です。


2014年を境に大きく生き方が変わるタイミングとなっていて、

2013年はその大変化の方向付けとなる年であり、新しいスタートを切る年です。

2014年以降は、金銭面、ビジネス面、異性面での苦心を抱えやすい状況で、

見た目には良さそうな具合でも、次第に暗雲が垂れ込める状況です。

また、進むべき方向を模索して、理屈っぽく考え悩みながら取り組んで行く時期です。

自力で対処して行くにはエネルギー不足なので、

ぜひとも相性の良いパートナーや頼れる組織に付いてもらいたいところです。


人が良さそうで自己主張が少ない印象の草彅剛さんですが、

”仁侠ヘルパー”の役柄のような一面も持ち合わせています。

達成する為の手段を選ばない強引さや粘り強さが、魅力や武器となり功を奏して来ましたが、

今後はコントロールが効きにくく、暴走しやすいでしょう。

周囲の意見を聞かずに突き進んでしまうと、今後はなかなか難しいと思います。

芸能界から離れて、一般社会で自分なりの技術を身につけて行くような、

生活に入りたいと思っているかもしれません。

2013/05/06

明暗

富士山が世界遺産に、ほぼ登録される運びとなりました。

地元ニュースによると、登録による賛否は分かれているようです。

観光収入に弾みをつけたい派と、自然保護を訴える派で分かれるのは、

他の認定地と同じ道を辿っているようです。


近年、夏の登山客は右肩上がりで増加し、個人のペースで登れないほどの混雑ぶり。

将棋倒しの事故が起きないかとか、不法投棄で環境がさらに悪化するとか、

なかなか懸案事項は減らないようです。

世界遺産の登録が完了したら、さらに世界から人が集まる事となり、

人間の都合で環境整備がされてしまう懸念もあります。

何年後かに行ってみたら、頂上までのエスカレーターができてたりしてcoldsweats01


マイナーな懸案事項としては、研究サンプルの採取に制限が出て来てしまう事も挙げられます。

今までは、富士五湖の水のサンプルを気軽に持ち帰り、研究ができていたところ、

登録後は、毎度申請書を出さなければならず、許可されるかも不明、

また許可までの時間がかかり、スムーズに研究が進まないかもしれないようです。


加えて、許可なく手を加えられないという規則も、管理者を悩ます事になりそうです。

まずは、自然の姿を自然に近い形で保存する意識を持ちたいものです。

(個人的には、しばらくの間入山料を高く設定しても良いのではと思います。)

2013/05/05

5月スタート

今日から5月がスタートです。

11月生まれの人や亥の日生まれの人は、身辺に動きが出て来ます。

さらにいのしし生まれや21〜23時生まれの場合は大きく動きます。

私ごとでは、身内にもちらほらいまして、もうどうしたって何か起きそうな気配。

気を引き締めて行きたいと思います。

良い動き、動いて吉という場合もありますので、そういう方はご心配なく。

2013/05/03

教えてください(^^)

バラエティー番組で登山をしているイモトアヤコさん。

来春はついにエベレスト登頂へ、という企画が進んでいるようですね。

他の芸人やタレントとは違い、彼女は本当にいつも真剣だなぁと感心しています。

プロを同行しての企画とはいえ、エベレスト登頂って、プロ自身が本気出す場所ですよね。

世間ではやり過ぎだとか、いやいやルートによれば簡単だとか、

それより道中の映像を流せるのか?など意見が上がっています。

私も心配している一人で、運勢を見ようとしたのですが、

最初の関門でひっかかってしまって、難航しています。


イモトアヤコさんは公表の生年月日では無さそうなのです。

日にちの境目に生まれていて前日になるのか、

又は、都合で前日で戸籍申請されたのでしょうか?

はたまた単なる事務所の操作でしょうか?

前日がそこそこ当てはまるのかなと思ってみてますが、

未熟な私にはどれも個性がしっくり来ないんですよね。

ご興味ありましたら、師範の方々どうかこんな私にお知恵をお貸しくださいっlovely

メールこちらまで

2013/05/01

稲垣吾郎さん

ターニングポイントにさしかかっている有名人シリーズとして、

今回は稲垣吾郎さんを見てみます。

調べていると安田顕さんも同じ誕生日でした。

それぞれ、グループに所属しながら、個人活動もしている点は共通していますね。

競争心が強く、より競争の激しい環境で独自性を発揮していく人です。

また、努力と実力で成果を出して行く事をモットーとしていて、

早く成果を上げようと焦りやすい気質です。

組織では人の運用が上手で、人情抜きの能率主義を貫くので、

リーダの立場になるとワンマンになりやすいです。


No.2
の立場の方が良さを発揮できるタイプです。

大きなリスクは負わない、合理的で実用性を重視する人です。

配偶者となる人は、家庭をしっかり仕切って行く人で、肩身は狭くなりやすいです。



2014年を境に大きく人生環境が変化して行きます。

もともと野心が強く、人の上に立とうと努力する人ですが、

自力で進んで行くには運の応援が足りない状況で、

グループに属して活動する形が適した時期でした。


2014年以降からは、徐々にエネルギーが満ちて来ますので、気力が充実し、

独立心も強まるので、個人活動がより多くなってくるかもしれません。

また、土壇場での迷いやすさもなくなり、意思決定がはっきりとしてきます。

独身であれば結婚の可能性もあり、

2013年や2017年に決まりやすいです。(2016年も少し)

既婚の場合は、夫婦(家族)関係に変化が起きる時なので、別れる可能性もあります。


2013年は目の前の不安要素が多く、なげやりな対応をしやすい時です。

それでも最終的には良い結果となりやすい状況です。

2014年は行き過ぎた言動を取りやすく、ハプニングにも見舞われやすい年で、

特に前半はひと区切りがつく気配があります。

大きな流れでは2014年から、再縁や再会、再起といった事に縁があり、

状況を立て直しながら進んで行く10年となるでしょう。

苦労はあるものの、最終的には成果が現れてくる時期です。


冷酷な悪役がしっくりとくる稲垣さん、自己主張をしない良い人役が多い印象の安田さん、

大変化を経て、これからは違った一面が見られる事を期待します。


〜おまけ〜
稲垣さんとKさんとは相思相愛の関係で、一緒にいると向上し合える相性でした。

稲垣さんにとって配偶者は、あまり良い存在とはならないですし、

これまでの運では、身を固める決意も弱かったと思いますので、

遅過ぎた春状態だったのでは、と勝手ながら推測します。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »