« かあさ〜んっ | トップページ | パンとケーキ »

2013/05/16

風疹抗体

去年辺りから感染者が急増し、予防接種が推奨され始めた風疹。

特に20〜40代の男性は接種を受けなかった世代という事で、

感染者が続出しているのは周知の事と思います。

女性なら1度は接種しているのですが、時間が経つにつれて抗体数値は下がるらしく、

その数値によっては殆ど免疫効果が無い場合もあるようです。


私も重い腰を上げて検査をしてきました。

結果は陽性だったのですが、はたして感染しにくい数値なのかどうか、

という所までは医師の説明が無く、結局自分で調べるはめになりました。

「抗体が0じゃないから陽性、はいっ大丈夫でした」じゃダメなんですよね。

女性が検査を受ける真意をくみ取って、適切な説明をしてもらいたいものです。


幸い厚生労働省のガイドラインのページを見つけたので、

自分の抗体数値が感染に耐え得るものかどうかが判断できました。

日頃データ解析をしている主人でさえ、

「基準値の◯倍持ってたら、相当な数値があるって事だよ、心配し過ぎだよ」

なんて言ってたのですが、抗体が機能すると言えるのは基準値の◯倍以上の場合である、

とガイドラインに明記されていました。

やはり調べないとわからないものです。


さらに、抗体があるかどうか調べる検査自体にもいくつかの検査法があり、

HI法やEIA法などなど他にもいくつかあり、それぞれの数値は全く違います。

レアな検査法を受けた場合は、調べたくても情報が少ない事もあります。


遠回りせずに、さっさと予防接種を受けちゃった方が早くない?

という人もあるでしょうが、個々に事情がありますしね。

そんな訳で、主人の結果ももうすぐ出てくる予定、

実家の両親にも検査を受けてもらいました。


自分には関係ないと思われている方も、意外に関わっているかもしれませんので、

お早めに抗体を備え付けておかれるといいと思います。

しかし体質によっては抗体が全くできない場合もあるみたいです。

血球を提供しているガチョウ達にとっては、

優雅に走り回ってばかりじゃいられない今日この頃でしょう
bearing

« かあさ〜んっ | トップページ | パンとケーキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/51650883

この記事へのトラックバック一覧です: 風疹抗体:

« かあさ〜んっ | トップページ | パンとケーキ »