« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013/07/29

いただきます

2013

いつも頼んでいる農園さんからお呼びがかかり、ハネ出しの桃を頂いて来ました。

出荷できる品質のもの以外は、ひとケース何百円という値しか付かないようで、

トラックで農協に持っていく方が損失となるらしいです。

ある時、ご自由にどうぞ的にその辺に並べておいたら、

商売道具のケースごと持ち去られてしまったそうで、、

なかなか厳しい世の中のようです。


暑い中もぎ取って、後片付け的な作業をわずかにしてきた主人ですが、

勧められるまま5個も食べてきたらしいです。

さすがに人間の許容量を越えていたのか、何度か個室に籠っていました。

赤子の頭くらいある大きな桃ですからね。


さて頂いた桃は、他にも配ったものの「桃」と並べられる程の量で、

夫婦世帯では食べきれません。

のんりしていると、じゅくじゅくになってしまいます。

まだ今週は、学生さんが来ているので配ってみるそうです。

なるべく県外から来ている、あげても迷惑がらない学生さんに渡すそうです。

県内の人に渡しても、ちょっとした嫌がらせだと思われてしまうでしょう。

それだけ身近にありふれた果物となっています。


我が家のベランダきゅうりは1つ収穫できました。

その後、成長株は見当たりません。

この所の変な天候が影響しているように思います。

Photo_3

実験チックな撮り方、どうにかならないものか。

2013/07/27

ぞっとさせてくれるヤツ

夏に出て来る黒いヤツ。

今年も主人の職場に、特大サイズのヤツがお出まししました。

随分立派だったので、おじさんの子供心を復活させてしまったようです。

プラスチック製のシャーレに入れて、テープで密閉し、ヤツに極限状態を提供してやった、

という説明を自宅で受けました。

その実験の目的は、どれ程の生命力を見せてくれるのか、だったそうです。


しかし、期待を裏切る結末が待っていました。

次の日は変わらず元気に動いているのを確認したそうですが、

その次辺りに、シャーレごと何処かへ行ってしまったそうなのです。

まぁ普通に考えて、良識のある大人が見つけて処分したという所だと思いますが、

聞いた範囲では、そのような事をした人はいないらしく、

まさか、ヤツの仲間が集合して神輿のように担いで保護したのかも?

と皆で笑い合っているのだとか。


私にとっては、今までのヤツに対する恐怖に加え、さらに恐怖を植え付ける結果であり、

早く真相を解明してくれ〜という思いで一杯です。

まさか、シャーレごと逃げたなんて事は、、wobblyギャーっ

※私は、ヤツ恐怖症の遺伝子配列をもっていると断言できます。これも解明されないかな?


2013/07/26

質問攻め

先日、イギリスのロイヤルベビー"ジョージ"君が誕生しました。

自身の立場を知ってか知らずか、さっそく小さな手を振り、祝福に答えていたようですね。

ウィリアム王子とキャサリン妃の飾らない姿勢にも共感の声が多いでしょう。


ところでこのお二人については、陰陽五行学的にも興味が湧いてしまうお二人なのです。

さっそく気になるいくつかの点を師匠に質問しました。

回答には時間がかかる模様で、、ドキドキです。

「先生、この二人はとってもいい相性でありながら、とっても悪い相性ですよね?」とか。

「ウィリアム王子は未来の国王として、ぶっちゃけ大丈夫なんですか?」とか。


師匠はいつだって、こちらの予想をはるかに上回る解説をされるので、

う〜ん!参りましたっ。と唸りながら、勉強させてもらっています。

今回はうっかりミスで、サマータイム制度を失念していました。

どんな解説を頂けるか、楽しみです
happy01

可能な範囲で、こちらで報告したいと思います。

2013/07/22

村治佳織さん

クラシックギターの村治佳織さんが療養に入ったそうですね。

同年代でもあり、技術力が素晴らしくて、昔からCDをよく聴いていたので、

今回の報道には驚きを隠せません。

そして何より、発覚した時期が良くないのでとても心配です。


2013年は病気や不調、諸々のハプニングが起きれば悪化する年で、

7月は物事が決定するタイミング。

できれば避けたい、嫌な"間"が合ってしまった状況です。

それでも、大きな流れでは救いのある時期にいますし、

崖っぷちに追いやられながらも、寸での所で這い上がって来れる強さを持っている人です。

病気に打ち勝って、復活して、また表舞台で活躍されるでしょう。

そう祈っています。

その為には、今年いっぱいは抵抗せず流れのままに過ごす事。

来年は、吉凶が激しく入り乱れるので、調子が良くても無理をしない事が重要です。

基本的にプラス思考の人なので、周囲が思うほど落胆せず、

前向きに受け止めていると思います。

孤独にも逆境にも慣れている人ですが、ほんと無理せず過ごして欲しいですね。

2013/07/19

療養

「一気に悪くなっちゃったねぇ」と主治医が肝数値を見せてくれました。

最近始めた投薬治療の副作用の一つなのですが、思いの外悪かったようです。

女性の上限値の約5倍の数値が印刷されていました。

しかしそれを見せられても、へぇ悪いんだ、、とぼんやりとしか手応えがないのが素人。

少し前に、4桁の数値が印刷された師匠の結果用紙を見せてもらったのもあり、

私はまだ3桁に入ったところかぁ、などと呑気なものです。

自覚症状も全くないですし。

それでも、「な〜んか間空くと気持ち悪いから、来週も又来て」と主治医に言われて、

さすがにその真顔加減が気になりました。

では、あの水を飲むしかないなと思い、マハロ水を取り寄せ。

師匠が4桁の数値になった時、マハロ水を飲み続けたら急激に下がったそうですし、

他にも効果を実感している方がおられるという事で期待したいです。

届いて早々、一口含んでみるもおいしく感じないので、余程体がおかしいのだと思いました。

それでも普通の水はもっと飲みにくいので、頑張って続けたいと思います。

肝数値の悪化で、投薬中止にまでなったケースは無いそうですし、

なるべく続けたい治療なので、次の時には数値が下がっていて欲しいなと思います。

マハロ水をひたすら飲んで、寝倒します。

Pap_0241
ようやく実を付け始めたベランダきゅうり。

やっぱり38℃は、きゅうりにとっても危機
sign02

2013/07/12

枯れてしまう

連日の猛暑で思考がおかしくなりつつあるのでしょうか、

TVで予想気温が38度と言っているのに、動じなくなってきたこの頃です
sweat01


この所、最高気温の全国トップ争いをしている地域では、

ぶどうの熟成が始まる時期にもかかわらず、

日当りが強い房が枯れ始めて、梅干しのような色に変色してきたそうです。


梅干しになってしまった粒を手作業で摘み取っても、

商品価値が下がるので、農家の人にとっては悩ましい先行きの様子です。

房を覆う紙の上にもう1枚、分厚めの傘を1つ1つに付け、

スプリンクラーをフル稼働させて対応しているようです。


また熟成には、昼夜の寒暖差も必要なのですが、ままならない様子で困ったものです。

巡っては、ワインのできばえにも影響してくると思われます。


ところで、我が家のベランダきゅうりは、一向に実を付ける気配がありません。

花までは咲かせていますが、種を残さねばという危機感が足りないのか、

暑くて我を失ったのか、手抜き栽培による栄養失調なのか、

食べきれないくらい沢山できるという噂を実感できません。

まだ気が早いかなsign02

2013/07/08

さ、38度?!

なんか異様に暑っついなぁと思って、Yahoo天気を覗いてみたら、

38という意味不明な数字が。。

何ですかこの数字は。ほんとにたたき出したんでしょうか?

体温を計って数字を見た途端に具合が悪くなる、あの感じに似てますね。

知らないでいた方が幸せかもしれない。


昨夜のNHKスペシャル 遺伝子検査でどこまで未来を知るのか?もそうですね。

自分の遺伝子を知ってしまったが故に、

いつかあの病気になるかもしれない、と必要以上に怯えてしまって、

人生選択が消極的になったり、常に気にしてしまったり、そんなストレスを抱える方が、

体に悪いような気がします。

遺伝子検査だけでは不十分で、この時期に病気をしても大丈夫なんだ〜とか、

この時期はおとなしくしてなきゃいけないんだ〜という流れを知る事も大事ですね。

なにぶん怪しがられて、あまり見向きされない分野というのが残念ですが。

2013/07/07

7月

7月に入ったと思えば、もう七夕ですね。

今日から本格的に土用の月が始まります。

秋を迎える為に、前の季節をしっかり消し去るのが土の役目。

そういえば、カエルの恋歌も少なくなってきました。

もう夏の盛りも過ぎるんだなぁと思うと、少々しんみりしますね。


さて、1月生まれの人やうしの日生まれの人は、身辺に動きがある月です。

又、うし年生まれ、夜中の1〜3時生まれが重なると、もっとはっきりとしてくるでしょう。

普段は変化を好まない場合でも、一歩踏み出してみようかな、と思える時でもあります。

ちょっとしたミスにはご注意。

暑さと湿気がどんどん増してくるこの季節、睡眠と栄養をしっかり補給して、

難なく乗り切りたいですね。


2013/07/05

島の先生

とても丁寧に構成されたドラマ「島の先生」を録画で見終えました。

登場人物達が島で暮らすうちに、心をほぐして行く様が描かれていて、

島は学校の保健室のようなものだと表現していました。

そんな心の回復ができる場所が実際に存在すればいいだろうな、

という夢を見させてくれて、こちらもほっこりできる物語でした。


それにしても仲間由紀恵さんは、ほんといつもいい仕事するなぁと思います。

女優の条件を授けられているというのもあるけれど、

やはり、確かな分析力がそれを支えているんだろうと思います。

自分に無いものは演じられません、では役を広げて行けないですからね。

少し前のですが「99年の愛 JAPANESE AMERICANS」も良かったですね。

そんな正統派もいいし、トリックみたいな軽妙さもまたいいです。

来年頭のラストトリックで、終了してしまうみたいですが、

もう、阿部寛さん共に解放してあげて欲しいと思います。

お二人共、大きな節目を越えてますので、もうかつての二人ではないのです。

残された矢部謙三が独りで昔を語ってる、って位でいいでしょう。(冗)

あぁ、こちらの録画も見なくてはっ。

2013/07/02

ロケ地

録画してあったドラマを見てびっくり。

見覚えのある風景に、柴崎コウさんが歩いていたからです。

普段通る道がロケ地になるなんて、ちょっとうれしいですね。

都会では何でもない事ですが、こんな中途半端な田舎でもロケ地になるんだなと。

"いつも4両”の電車をバックに。。

Pap_0240_2


この河川敷は最近、クマが出没したらしいですcoldsweats01 

Photo_4    Pap_0239_2

今回は何の変哲もない風景ですが、

他にもたくさんのロケ地を提供・斡旋している会社があります。

廃校とか、歴史的な建物とか、山脈が絶景の場所とか。。

基本的に人がうろついていないので、ロケがしやすいのかなと思います。

都内から日帰りが可能というのもあるでしょう。

あぁ、ロケ日と思われる日、呑気に自宅でくつろいでいた自分に喝を入れたいですね。





2013/07/01

提供者になる

今年度から、子宮頸がんの早期発見にふさわしい検査方法を調べる、臨床実験が始まりました。

従来通りの細胞診だけでいいのか、HPV検査も併用した方がいいのか、という事らしいです。

居住地区がその実験の対象となったので、登録する事にしました。

2年毎に検査を受けて、6年間の追跡調査をされるようです。

通常の検査方法よりも丁寧な方法らしく、より正確なデータが出るみたいです。


毎年、特に問題がなかったので気楽に結果を聞きにいった所、

「再検査になりますね」と、やや張りつめた空気が診察室に漂いました。

看護師さん達も押し黙って、こちらの反応を確認するかのよう。

私は多少ビビったものの、運のタイミング的には間を外しているはずだし、

単に「疑われる」というだけだろうと、できるだけプラス思考を心掛けました。


それでも、やはり伊勢先生にメールして、大丈夫だと念を押してもらったという事は、

まだ五行陰陽学を信じきれていないのかもしれません。

いや、自分の分析を信じきれていないのでしょう。

運の流れが大丈夫でも、残りの3割を占めるDNAを無視する事はできない、

というのも以前に体験していて、不安が解消されない内は大げさに不安がる性質である私は、

こういった状況にも動じない強さをそろそろ持たないと、と思いました。


多分、良くないタイミングでは、こういう検査で見逃されてしまい、

気付いた時には悪化していただろうと思います。

陰陽五行学を勉強したお陰で、変に不安がらずに済み、適切な判断ができるので、

つくづく有り難い学問だと再確認しました。


こうなったら、実験を錯乱させるようなデータを提供したくなりますね。



« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »