« フォカッチャ | トップページ | 10月スタート »

2013/10/07

贈り物で大混乱

主人の実家に、注文していない品がAmazonから届いたそうです。

その品は、いずれ買おうと予定していた物だった上に、

息子も近々送ってあげると言っていた物だったので、

てっきり息子が手配してくれたものだと思っていたら、そうではなかった事から、

では一体誰が送ってきたのだろうか?

自分では注文もしていないし、アカウントさえ持っていないのに?

と、大混乱に陥ったようでした。

そう、送り主が一切書かれていなかったのです。


しかも支払い方法が、自分の持っているクレジット会社と同じで、

金額が書かれた明細書が入っていた事から、

まさかクレジットカード情報が漏れて、悪用されたのではないか?とか、

注文した記憶がすっかり飛んでしまったのか?(←これも一大事)

などと色々不安になったそうです。

急いでクレジット会社に履歴を調べてもらったら、使用履歴はないとの事。


結局、誰か身近な人がギフト設定せずに送りつけてきたのでは?

というケースしか考えられませんでした。

しかし貰った側からの問い合わせに対して、Amazonでは送り主を教えてくれないのです。

送り主に「相手に届きましたよ」と勧告(?)はしてくれるみたいですが。

届け先には送り主の個人情報はお伝えできません、というスタンスなんですね。

誰だか分からない人から品物が届いたら、例え欲しかった物であっても、不安しか覚えません。

この辺のセンスが、日本人の感覚では、え?と思う所ですが、

外国の企業なので仕方ないのでしょうか。

まぁ、送った人もその旨を早く連絡するべきだったと思いますが、

サプライズでも企んだのでしょうか。


今では、相手の住所や本名を知らなくても、SNS経由でプレゼントが送れたり、

プレゼント選びに悩まなくても、

相手がネット上に提示した「欲しい物リスト」をクリックするだけで、

希望のプレゼントが送れたりと、大変便利な世の中になっているそうですね。

宅急便を装って、、という万が一の心配から、

送る相手には到着日時を前もって伝えるようにしている私にとっては、

付いて行けない便利さです。


そして実家の騒動は、知人からの連絡によって無事に落着しました。

欲しがっていたから送ってあげた、らしいのですが、

実はいつも、ネット注文を自分ではできないので、

その知人に頼んで購入してもらっていたとの事。

しかし今回は頼んでもいなかったので、

その知人が手配してくれたとは思わなかったというのです。

クレジット会社などに問い合わせると同時に、

ちょっと知人にも確かめておいてくれれば騒動にならなかったんじゃ?

と思ってしまう冷たい嫁でした。

ギフト設定にしないと、送り主が記載されないのは少々注意ですね。

折角のプレゼントも災いの元になりかねません。

« フォカッチャ | トップページ | 10月スタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/53511071

この記事へのトラックバック一覧です: 贈り物で大混乱:

« フォカッチャ | トップページ | 10月スタート »