« あっぱれですね | トップページ | 4月スタート »

2014/03/21

写真が証明してくれた

女性は体内に子供を宿すので母性が早くから発生する一方、

男性は子供が誕生してから父親としての自覚を持ち始める事が多く、

心理的なスタート地点に差があるという説を聞いた事があります。

しかし実際はそう教科書通りには行かないんですね。


私は情けない事に、すぐに我が子を受け入れる事ができませんでした。

我が子誕生の喜びに浸る間もなく、満身創痍の体にムチ打って、

オムツ替えと授乳のお世話が始まります。

睡眠もろくに取れない上に慣れない作業で、常に頭が朦朧とした状態。

そんなところに、あまりにも自分の家系に似ていない赤ん坊、

正直なところ親近感が全く湧かず、責任感や義務感で動いていたと思います。

自分のお腹から出て来たにも関わらず、

一体誰の子なんだろう?としばらく悶々としていました。


黒い髪の毛がふさふさ生えていたのも受け入れ難かった要因です。

こんなふさふさの頭が自分の体内でうごめいていた、

と想像するだけでなぜか気分が悪くなったものです。

また、赤ん坊はミルクの香りがするものだと思っていましたが、

病院で沐浴をしてもらう度、あの弱酸性の化学的な香りをぷんぷんさせて帰ってきました。

人工的な香りというのも、判断を狂わす原因だったかもしれません。

たまに育児放棄してしまう母親パンダの気持ちも少しわかるな、

なんておかしな事を真夜中に思ったりしました。


多分、主人側に似たんだろうと思いながらも、

主人も「強いて言うならオヤジに似てるかも」

などと言うのでさらに謎は深まるばかり。

そして最近、主人の実家から送られた白黒写真の写メールが、

すべてを語ってくれました。

年季の入った白黒写真に写る男児は、今いる娘そのものでした。

怖いくらい瓜二つで、似ているという言葉を使うのは相応しくない程です。

謎が解けて気分がスッキリしたら、愛着も増して来ました。

情けない事に母性はまだ間に合っていないようです。

« あっぱれですね | トップページ | 4月スタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/55461453

この記事へのトラックバック一覧です: 写真が証明してくれた:

« あっぱれですね | トップページ | 4月スタート »