« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年10月

2014/10/30

正夢

日々時間に追われて余裕がなく、ストレスを感じている時に、

私が繰り返しよく見てしまう夢があります。

10年近く前に退職した、とある診療所の事務仕事の夢です。

人生出戻りで再雇用されているという、なんともリアリティのある設定で、

きまって収支の計算にアクセクしていたり、

人間関係で冷や汗をかいていたりという、

起きた後は、それはそれは疲労感たっぷりの夢です(タダ働きだし)

改めて自分にとって影響力のある職場だったのだな、と感じさせられるのでした。

先日も事務計算に焦っている場面や、出勤したらもぬけの殻で、

慌てて移転先を探すという場面がありました。


そんな夢を見た事も忘れたついこの間、

退職してから初めて、差し入れでも持って顔を出そうと思い、いそいそと出かけました。

午前勤務のパートの人とも会いたいなと思い、

ベビーカーをいそいそと押しながら行ってみたら、

診療所の入った階には、他業種の看板が!!

予想外の状況に、軽いパニックを起こしてしまいました。

きっと近くの新しいビルに引っ越したに違いないと、なぜか思い、

電話をかけてみるも「現在使われていません」と繰り返されるのみ。

近所に移転なら電話番号は変えないだろうから、まさか廃業したんじゃないよねと、

しばらく頭が混線し、その辺をうろうろ歩き回ってしまう始末。

訳がわからないまま差し入れを持って帰宅するのは、腑に落ちないと、

当時の同僚に連絡しまくったら、たまたま近くに出て来ている人がいて、

会って事情を聞く事ができました。なんともラッキーな事でした。

ここまででようやく冷静になれて、

そういえば最近同じような夢を見た事を思い出したのでした。


しかし残念な事に、1年くらい前にその院長の命式を調べていたのです。

「辞める辞めると院長が言ってるけど、どうなの?」と聞かれ、

何十年も続けてきたものを、きっぱり辞める大きな節目ではないし、

何か新しく開始するタイミングでもなし。

「3〜4年後には多少変化があるけど、あと10年は大丈夫だよ」

なんて返答したのが恥ずかしいばかり。

運勢分析にすっかり自信を失ってしまいました。

「失った」とか「あまりのストレスで判断を間違えた」としか言えないタイミングです。

去年の星の配置変化が相当な激震だったのかなと思いますが、惜しいですね。

とても個性的な院長だったので、話題には事欠かない毎日でした。


伊勢先生と同じ干支で、フィーリングが似ているのですが、

加えて「偏」な命なので、従業員一同はそれはそれは特殊な洗礼を受けてきました。

シラフでは聞けない話が朝からてんこ盛りで。。

社会的立場から下りた今、どうか平穏にお暮らし下さいと、

言えた柄ではないですが、願わざるを得ない心境になりました。

正夢って見る事もあるんですね。

2014/10/15

腱鞘炎

出産直後からさまざまな体の不調に見舞われましたが、

長々とお付き合いするハメとなったのが、手首の腱鞘炎です。

当初はそのうち消えるだろうと思っていたものの、半年経っても結構痛いまま。

手首の使い過ぎと言えばそうだけど、それにしても治らな過ぎではないか、

と整形外科へ重い腰を上げたのでした。


「痛くなりはじめに来てれば処置もあったけど。。」

と言われ、ドケルバン腱鞘炎のパンフレットを渡されました。

産後はホルモンの乱高下で、更年期や高齢期並みの状態になるとか。

慢性化したものは、指を極力使わない以外に方法はないとの事。

親指を固定するサポーターを作るまで、包帯を巻いておく事になりました。


親指をGOODの形に立てて、Drに包帯を巻いてもらっていたら、

なんだか急に胃がムカムカしてきて、吐きっぽくなってしまい、

しばらく奥のベッドで横になる、という情けない事態に。

少し痛みはあったものの、急に気分が悪くなるなんて不甲斐ない思いでした。

後になって、あのパンフレットに描かれていた「炎症が酷い場合は切開手術もあり」

という図解に強く反応してしまったのだと思いました。

昔から骨とか筋関係の話には、背筋がぞぞぞっとしてしまうタイプです。

さらに体の一部を固定されるというのも大の苦手でして。

麻酔でうとうとしている最中に、指にはめられた機械を外してくれと懇願した事もあります。


そんな訳で自分でも包帯を巻く事になったのですが、

よく考えれば、今まで包帯なんぞ巻いた事がなかったので、扱い方を知らないんですね。

試合前のボクサーみたいだな、などと適当に巻いていたら、

包帯の巻き方も知らないのか、と主人にバカにされました。

包帯が円柱に丸めてある理由や、剥ぎ取った包帯を丁寧に巻き直す理由も、

この年になってはじめて知りました。

スポーツとは無縁の生活でしたから。

ようやくサポーターが届き、親指を固定する生活に入ったのですが、

親指を休ませるなんて時間を取るのは難しいですね。

個人的には、今年関わる事は後年にも響いてくる年なので、

長期化しちゃうかなーと今からうんざりしています。

« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »