« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/03/26

運を感じて

おはようございます。

花粉とうまくつき合えるようになった、水上ゆり詠です。

腸活いいですよ。内服薬は必要なくなりました。


ところで私は、伊勢流を学び始めてから、家族(夫含まず)や友人に少し話してみたのですが、

たいていは、変な信仰にハマってしまった残念な人と思っているようです。特に家族は。

家族は超身弱なので、そこまで激しい人生を送っていないんですよね。

真面目にコツコツ生きていれば何とかなると思っているし、現に何とかなっています。

羊刃つきの魁ごう生まれ、超度級の身旺の身内もいますが、あの十二運だから全く信用しません。


反対に羊刃つきの超身旺の友人達は、それ相応の波を経験しているからか割と興味を持ってくれます。

誰も頼りにならない場面や、にっちもさっちも行かない場面を経験しているからでしょうか。

私のお節介で運勢などを伝えてみたら、今では「今年はどうなの?」と聞いてくれるようになりました。

ただやっぱりあの十二運だからか、

言葉の影には「好調だって言ってたけど、体調悪いし、前向きになれないし、当たってないんじゃないの?」

という心理が見え隠れ。グロウイングポイントの年の、グロウイングポイントの月、ちっとも悪い要素はないのに、、。

よく聞くと「体調が悪いから家でじっと引きこもっている」生活をしていると判明。

「それじゃダメだよ〜、外に出て人と会って活動しなきゃ。とじ込もっていたら逆効果だよ。」と言いました。

強いエネルギーを発散しないと、自分の身に降り掛かってくるんですよね。

ま、良い運と聞くと、勝手に気分が盛り上がってくれて、じっとしてても幸運が転がって来るもんだと思いがちですよね。

あの十二運の保守性を改めて確認しましたよdown

「積極的に行動しないと、良い運だってあっという間に終わっちゃうよ」と脅しておきました。


もう一人は仕事の拘束時間が長くて、プライベートの時間が全くない、40日ぶりに休みができてもペースが狂って、

日用品さえ買いに出る元気もない、今回異動がなければ、わたし仕事辞めるっshockと壊れる寸前の友人。

この友人も、大きな巡りが良い時期、今年もいい成約が見込める年、内示が出る月も良い月、という事で悪い要素なし。

「異動がなくても周囲が変わるとかで、いい環境になるはずだから。これまでの仕事が認められるから。」と励ますも、

「異動しなければ絶対無理」と切羽詰まっている様子。

こうなっては、いい辞令が出てくれないと、私の信用も完全に失ってしまいそうです。

運を感じるって、結構難しいものですね。


Photo


2016/03/23

良い時にしておきたい事

こんばんは。水上ゆり詠です。

滅多にUPしない当ブログを読んで頂きありがとうございます。


最近、急に寒くなりましたが、インフルエンザが再燃しているようですね。

Photo_5

子供や姪がインフルという友人達に会いました。

親切な友人は、うつさないように気をつけるね、と言ってくれたのですが、

変人「水上ゆり詠」は、むしろインフルを持ち帰りたいと思ってしまいました。


私はかれこれ30年弱、インフルに罹患していません。

どれくらい辛いものかも覚えていません。

気が向いたら予防接種を打っていますが、打った日はだるくて、半分インフルにかかった感覚がします。

だから、知らない内に発症して治っていたという事はなさそうで、

運良くウイルスを避けていた、だけだと思います。

10年くらいは医療系の職場だったのですが。。免疫力を鍛えられたか?!


さて、今年は私にとってラッキーな年なので、病気をしても人生を左右する程のものではないのです。

そう、伊勢流で言うところの「良い運の時に病気、ケガをしなさい」という時ですね。

だから純粋な私は、今年のうちにインフルの抗体を作っておきたいと思ったのでした。

そもそも発症してない友人からもらえるのかは不明な所ですが。。

悪寒を待ってもう4日、貰えませんでした〜coldsweats01

変なタイミングでもし30年ぶりにかかった時には、どうなってしまうかわかりません。


ところで私の主人は結婚するまでは、毎年1回はインフルにかかっていましたが、

結婚後ぱったりとかからなくなりました。

葉っぱや根っこばかりの粗食生活が効いたのかもしれませんが、最近、笑えない情報を知りました。

男性ホルモン値が高い若い男性はインフルにかかりやすく、型によっては予防接種で抗体ができにくいとか。

残念ながらこの線が濃厚でしょうね。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »