2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ほっとしました | トップページ | 四尾連湖 »

2016/05/14

運を感じられない

昔、超身弱の混じり人間をやっていた、水上ゆり詠です。

体験したから分かります。

自分の人生を生きているという実感を持つには、やはり身旺でないと。

今はもろもろ解消、幸も不幸もしっかり実感してます。

Photo_2


さて以前、「運を感じて」などと、あやしげな言葉を使いましたが、

運がはっきりと感じられないタイプの人もいます。


例えば、前進しているのか、停滞しているのか、はたまた後退しているのか、

運があいまいに現れるので、運を感じる事ができません。

そういうタイプの場合、自分が幸せなのか不幸なのか、ハッキリした手応えがなく、

充実感が得られにくくなります。

そして思考も一転二転して、考えがまとまらない。

やっと決心したのに、土壇場でやっぱり別の選択がいいのでは?と悩み始めたり、

すでに1つの道を選択して進んでいるのに、もう一方の選択が頭から離れず集中できなかったり、

という症状が出ます。


周囲の人から見れば、そこそこ良い状況で進んでいるのに、本人は今いち満足できないという状況です。

そんな心境で歩まなければならない時期は、消耗が激しく、

元々エネルギーが少ないタイプにとっては、自力ではどうにもならない事です。

頼れる人の支えが必要です。家族、配偶者などです。

又、仕事の場合は、組織に所属して守ってもらう必要があります。

それでも等身大の試練しか来ないので、そこそこ平穏にやって行けるとも言えます。


さらに、あまりない事ですが、自分の運に関わる星を持っていないタイプの人もいます。

運を全く感じられない訳ですから、生き方がいいかげんになりやすいですが、

巡って来る年によって運が発現する事もあります。

また、運命を共にする相手との相性によっては、運が現れる事もあります。

運を感じるって、タイプによって難易度があるという事ですね。

« ほっとしました | トップページ | 四尾連湖 »

伊勢流へいらっしゃい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/64659745

この記事へのトラックバック一覧です: 運を感じられない:

« ほっとしました | トップページ | 四尾連湖 »