2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年9月

2016/09/21

抜いても抜いても

抜いて抜いて、さらに抜いて。

この所、無心で雑草を抜きまくっていました。

水上ゆり詠です。

今年から所有し始めた土地に雑草がみっしりと生えていました。

暑さにかまけて重い腰を上げてみたら、

雑草を通り越して、木になっていましたbearing

すぐに音を上げた主人。

ぶつくさ文句を聞きながら、辛い作業をしたくない〜。

黙々と一人で作業しました。


雨が降りそうで降らないような天気を狙って、飽きる前に止める。

1時間も雑草と格闘すれば、ふらふらです。

木みたいになっていたのは、セイタカアワダチソウ。

茎が幹みたいになっていて、ちょっとやそっとでは抜けない。

急遽、枝切りハサミを購入して、背を短くしてから根っこと格闘。

放っておいた月日だけ、地下深くに伸びていて、掘っても掘っても、、、

ヤツらは大きい石ころを支えにしていて、、泣きそうでした。


次に地を這うように侵食していたヒメシバ。

根は深くないけど、どこからでも根を下ろす、やっかいなヒメ達。

抜いて放置していたら、再び根を下ろしていたしぶとい雑草です。

この2種類を引っこ抜き、袋詰めにも日数がかかりました。

最近はお天気が悪かったので、休み休み。

捨てるのも、一気に出したら引き取ってもらえないかもと思い、

何袋かそのまま放置していたら、ごみ収集車が持って行ってくれたのか、

地域の人が出してくれたのか、全部消えていてビックリしました。

後から怒られたら嫌だなと思いつつ、誰かに助けてもらえた事は嬉しかったです。


そんなこんなで、しばらくは、ごぼうとか小ねぎなんて調理したくない気分ですcoldsweats01

Photo


2016/09/15

癒しの時間

水上ゆり詠です。

来年4月から、子供を幼稚園へ入れるための関門が近づいています。

説明会、願書配布、願書提出、面接試験、くじ引き、←もれた場合に行く幼稚園の見学、説明会‥。。

説明会では熱心にメモってるお母さん方がいる中、必死で眠気と戦っている、やる気なしの私。

いや、やる気が無い訳ではないですが、そこまで力む必要性を見いだせず、リラックスしてしまいました。

週2日のお弁当がいつから始まって、いつから週4になるのか、という一番大事な所は押さえました。

年少の間は、週2らしいのでホッとしました、というか、その分早く帰って来ちゃうんですけどcoldsweats01

鼓笛とか習字、スイミング、ヴァイオリン、英語など色々押しつけられる訳でもなく、

ただ毎日ひたすら自由に遊ぶ、それが第一志望の良い所ですが、

すぐに帰って来ちゃうのが、今後、悩みとなりそうです。

一方で第二志望の幼稚園は、8:00〜17:30まで延長料金無しで預かってくれるという両極端。

今後の生活スタイルが読めない親にとっては、こちらの方が助かるだろうと分かってはいても、

決まり事が多くて窮屈な所は合わないだろうなとも思い、くじ引きに運を任せるしかありません。


今後の生活、どうなるのだろう。

よく子供を連れて行く所のお母さん達は、そろそろ仕事復帰する〜とか、2番目は何才差がいい〜とか、

連休どこ行く〜とか、概ね楽しそうで眩しい。

どのように家族を看取ってあげたら、、なんて深刻な事を考えてる人など居ませんわね。

「ヨーコさんの言葉」を見て、クスっと笑うのが癒しの時間です。

こんなアラフォーでいいのか。。

Photo_4
ちょっとへこむ

2016/09/06

やっぱりついてない、かも?

水上ゆり詠です。

残暑が厳しいですね。

混雑を避けて先日、主人の実家へ帰省しました。

関西方面へ450km、初めて車で移動しました。

未就学児を連れての長距離移動には頭を悩ませます。

電車内で、5時間子供をあやす事を頑張るか、6〜7時間の運転を頑張るか。

どちらも一長一短でした。

あっけなくオムツがとれた娘ですが、今度はトイレでしか用を足せなくなり困りました。

オムツの便利さが使えない〜sad

しかも初めてのトイレは断固拒否〜wobbly

PAのトイレで悲鳴のような泣き声と、叱咤を響かせてしまいました。


帰省中は、少しだけ現実を忘れる事ができ充電しました。

諸事情があり、方違神社という所にも行きました。

私はよく分かりませんが、主人が行きたがっていたので。

大阪の人混みと湿気に、意識が遠のきましたね。


そしてハプニングは帰りの高速道路で。

一山越えて、とあるインターから乗ったのですが、

入ってすぐに車がエラー表示を出しました。

「あっ、やばい」と主人が発し、それでも騙し騙し前進していたら、

本当にやばくなってきて、幸いPAに近づいていたので、急いで駐車し、

ボンネットを開けたら、プシューっと煙がsign03(水蒸気)

ほんとに漫画みたいな展開でした。日本車じゃあり得ない。

主人は「冷却水を入れれば」なんて最初は呑気に言ってましたが、

私はダメだろうな、と帰路が長くなる事を覚悟しましたよ。

沢山積んでいた荷物が仇となりましたが、

色々いい勉強になりました。PAから外に出れるんですね。

今までずっと、車の保険を払い過ぎだと思っていましたが、

今回、手厚い補償を受けて、少しは取り戻せたかなと思いました。

まだ車は関西の修理屋に残されています。

すぐに直るようですが、エンジントラブルが出やすいメーカーって不安ですね。

いくら外側が頑丈な作りだと言ってもねぇ。


それにしても出発前、これは私の不注意で、もう1台のタイヤをパンクさせているのです。

それも漫画みたいに「パーン」と派手にやっちゃいました。

遅いバイクを無理に追い越した代償2万5000円也。

まぁ、お金で済む話ならいいんですよ。大した事ではない。

あー。解決策が無いけど立ち向かわなきゃならない事が、

大きな壁として立ちはだかっています。

たとえボンネットから急に煙が吹き出たとしても、

パチりと写真を撮れるくらい、人生を楽しむ心の余裕を持ちたいものです。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »