2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016/12/31

至って日常

30日か31日のどちらか真っ昼間のうちに、

「初詣に行っとかない?」

と夫に提案した水上ゆり詠です。

わざわざ混んでる中へ行きたくないし、次の連休だって混みそうだし。

もちろんすぐに却下されました。

年が明けてもまだ申年なのにね。。


この年末は、引っ越しを見据えて、掃除に励みました。

普段からやっておけば、どうって事のない掃除なんですが。

最後に手を付けたのはいつだっけ?の場所が多く、我ながら呆れます。

換気扇だけは、皆を納得させただけあるセスキの力をかりてもダメでした。

何度か浸け置きし、こすり、固形物を取り除きましたが、

鉄のフライパンで例えるなら、使い勝手のいい油ノリ、位までが限度でした。

色んな事を完璧にやろうとすると疲れるので、適当な所で止めるのが一番です。


おせちも、作りたいものだけにしました。

何かで「豆の浸水は、ポットに豆を入れて熱湯を注ぎ、一晩置けば良い」と言っていたので、

そうしてみた所、うまく行きました。

あとは圧力鍋でささっと煮て完了です。

皮が殆どめくれず良かったです。皺はできちゃったけど。

それから、近くの直売所で購入した里芋の生産者が、借家の大家さんでちょっとびっくりしました。

家から1km以内で作られた野菜を食べられるなんて、

私の中では滅多にない事です。

とりとめのない日記になってしまいましたが、

年末年始とはいえ、至って普段通りに過ごす予定です。(どうでもいいですね)

皆さま良いお年をお迎えください。

Img_1398
束の間、霜柱に助けられる。
どこにも連れて行けなかった日。


2016/12/25

クリスマスプレゼント

サンタさん来るよ、アンパンマン来るよ、とたっぷり期待させても、

いざ、実物(を模したもの)が来ると、子供は固まってしまいますね。

すぐには理解できなくて→号泣〜が常です。

最後に参加したクリスマス会でも、館長アンパンマンが来ましたが、

皆、最初は怯えていました。背が高くて足の長〜いアンパンマンを、遠巻きに観察。

Img_1400

でも体操を踊ったり、ゲームをしたり、プレゼントをもらったりするうち、

一緒に記念撮影できるまでに。

ちょっとだけトーンの違ういつもの声なのに、館長さんとはバレないんですね。

この後、館長さんは早着替えをし、スマートなサンタさんにも変身していました。忙しい〜happy02

白ヒゲ以外は丸見えなのに、これ又バレなかった。子供の純真さは微笑ましい。


我が家にもサンタさんが来ました。とても現実的な形で。

直前に発注したアナ雪のDVDが届くのが遅く、昼寝から起きて、ポストを見に行ったら入ってたsign03

(もちろん事前にクリスマスの包装をしました)

という何の魔法もない方法でしたが、そこそこ喜んでいた様子です。

さらに祖父母からのプレゼントや、親戚からのプレゼントなど、ぞくぞくとおもちゃや本が配達されて、

毎日何かが貰えると勘違いしてしまったようです。

しばらくの間「サンタさん今日も来るかな?」と繰り返し尋ねられました。

私も、母の治療が少し効を奏していると知り、ホッとしました。

何よりのプレゼントでした。

2016/12/14

クリスマス会行脚

12月に入りイベントが盛りだくさんですね。

毎週のようにクリスマス会へ参加していたら、そろそろ飽きてきました。

水上ゆり詠です。

自宅でもクリスマスの飾り付けなど、丁寧な暮らしをされているお宅は多いと思いますが、

私はダメですね〜。ツリーの飾り付け?!あぁー面倒〜というタイプです。

飾っても、きれいな状態が保持されてる保証がないですしね。

ツリーごと振り回して荒らされるのが目に見えてます。

笹の葉だって、飾りが吹っ飛ばされたっけ。


さて、先日参加したファミサポ主催のクリスマス会でも、素敵なツリーが飾られていました。

Img_1391

流行りのタペストリーツリーです。

色合いがシックで、飾りも可愛いheart04

飾りはボタンに引っ掛けるようになっていて、鉢のポケットが収納になっていました。

早速いくつかのオーナメントはブチブチと抜かれるハメにm(_ _)m見張ってないと危ないです。


イベントでは、身近な材料でリースや魔法のステッキなどを作製して、歌を歌い、ゲームをして、

ハンドベルまでさせてもらいました。

娘がハンドベルを振り回すと、激安セールの呼びかけみたいになっていましたが。。

ファミサポを、園の送り迎えなど定期的に利用している人もいて、

第三のじいい、ばあばみたいなお付き合いになっている人も見うけられました。

でもうちは反抗期真っ盛り、取り扱い注意の時期は、一時預かりの方が安心です。

15kgを抱っこしてもらう可能性を考えると、、とても頼めません。

2016/12/09

ドツボにはまる

運動不足解消に、せっせと歩き出したのはいいのですが、

やらかしました。

ちょっと考えれば分かるだろ〜と自分でも飽きれてしまう思考回路の水上ゆり詠です。


娘がよく目をこするので、教えてもらった眼科へ行きました。

病院は一駅向こうにあるのですが、自宅が駅と駅の中間くらいの位置。

いつも行く児童館に車を駐車、病院帰りに遊ばせるつもりで歩き出しました。

事前に地図を調べたら2km以内だったので、大丈夫かなと楽観視してました。

しかし途中、でーんと広がる県営団地に阻まれました。

団地の周囲は完全に柵で囲われ、出入りはごく一部しかできないようになっていたので、

迂回せざるを得ない状況でした。


この囲いがなくて通り抜けできたらannoyと忌々しく思いながら、

見通しの悪い住宅街を行ったり引き返したり、無駄に歩いた事もあり、片道1時間も歩く始末。

この県は行き止まりが多過ぎる。(←というか安易に進まず、わかりやすい道を選択すればいいだけなのだが)

(迷ったら地図検索〜勘で進まない〜という話も)

全く必要のない冒険心が、出てきてしまうんですよね。

娘はたくさん歩かされて、すでに半泣き状態で病院を受診したものだから、

優しそうな女医さんでしたが、白衣姿を一目見て絶叫bearing

ぱぱっと目を見て、2秒で診断が付き、薬が処方されて、1分以内に診察が終わりました。

さすがに帰路は、、いや、こっちの方が近いかもしれない、

と再び無謀な選択をしてしまい、、もちろんドツボ。。


トイレを要求する娘に気持ちが急かされ、ショートカットできるかも?

と、休耕地みたいな所を横切ろうとする始末。

広めの水路は水が引いていたので、下りてみたら、、

沼状になっている事に、靴が抜けなくなって始めて気付く。(救い様のないおバカ)

焦りながらドロだらけの靴を回収し、振り返ったら今度は、娘のスパッツ全体にびっしりとトゲトゲが付着wobbly

(草むらを歩くと付いてくるあのトゲトゲです)

スポンジ部分が多いタイプの靴にまで、びっしりと細かいトゲトゲが生えていてwobbly

もう足がハリネズミ状態になり、痛がっているし、慌てて抜きにかかりましたが、

あまりにも量が多いので、全部取り除くまでに結構な時間がかかりました。


もしショートカットが成功していたとしても、よく考えたら(考えなくても)不法侵入だった訳で、、

行きで出会った、工事現場のガードマンと再びすれ違う時の恥ずかしさったらありませんでした。

どうしちゃったの?という位、泥まみれになって帰ってきていたので。

そんな訳でいつもの児童館で遊ぶ暇などなく、娘にしたら不本意に1日が過ぎ、不満が溜まったと思います。

「かんちょーせんせぇ、行くぅぅ」が遠い空まで響いていました。

ごめんよー。変な親で。

しかもハリネズミみたいな足を見て、ちょっとだけ笑ってしまったcoldsweats01

さすがに写真までは撮らなかったけど。

2016/12/07

ジュンバンだよっ

隣りの芝は青く見える。

この法則、すでに1、2歳の頃から始まっていたとは。

おなじみのおもちゃでも、お友達が遊んでいると、とても魅力的に見える。

ズカズカと近寄り、奪おうとする娘。反対の立場も多々あり。

欲求が抑制できないから、たいてい大泣きがセット。ふぅ。。

そのつど「順番」というルールを教える日常。

でも実は、他の親子とのトラブルを避けたいというのが大きかったりして。。

ケガをしない程度だったら、今のうちに不条理な世の中を学んで欲しいと思ってしまう、

水上ゆり詠です。


最近は「ジュンバンだよっ」と自分に言い聞かせたり、お友達に言ったりします。

大人同士の場面でも「ジュンバンなの?」と聞いてくるので、そっとして欲しい時も。

そして何度も「ジュンバンだよ」「ジュンバンだよ」を聞くうちに、さらっと聞き逃せなくなってしまいました。


並びたい順番もあれば、絶対に避けたい順番もある。

今までは、とても待ち焦がれて並ぶ順番が多かったけど、

とうとう来て欲しくない順番が近づいてきてしまった。

「ジュンバンだよっ」

わかってる。わかってるけど気持ちが付いていかない。

どうしてもうジュンバンなのよsign02と文句を言いたいくらい。

大人の接木って、子供の時のそれとは比べ物にならないくらいの非常事態ですね。

このままでは、娘から「ジュンバン」について諭されそうです。


↓平日の真っ昼間、誰も来なくて怖さが増す、山頂の公園↓
Img_0244_2


2016/12/06

心地よい疲れ

足全体がだるいbearing

筋肉痛が堂々と2日後に出るようになってしまいました。

水上ゆり詠です。

暑いだ、寒いだ、遠いだ、などと言って車ばかり乗っていたら、

歩くのは狭いスーパーの中だけという事態に。

みるみる筋肉が落ち、このままでは人間でいられなくなると感じ、なるべく歩くようにし始めました。

    「オレなんか、ポスター発表を見て回ってたら、2万歩くらい歩くでー」←いやいやさすがに2万歩は、、

    「ほんまやって、すごく広いから」←へぇ〜ガッカイって運動もできるところなんだね。。

そんな会話もしました。


さて、痛む2日前は久々に都会へ出て、ヴァイオリンの友人と合わせをしました。

階段つらい〜どころではなく、最寄り駅まで歩くだけでヘロヘロ。

友人宅へ着く頃には、ひと山登ってきたっけ?という位、疲労を覚える始末。

そんなコンディションの中、ルクーのヴァイオリンソナタを全楽章です。

若さ特有のエネルギッシュさと繊細さが目まぐるしく展開される、とても情緒あふれる作品で、

「よいしょ」の気合いが不可欠となった我々が再現するには、

持てるエネルギーを片っ端からかき集めても足りないくらい。

途中、倍くらい遅いテンポで弾く私に、文句も言わず合わせてくれる優しい友人は、

お昼が来ればサンドイッチを出してくれて、全楽章終えればティータイムの準備と、

ずっとエプロンをつけたままヴァイオリンを弾いていました。でもすごく自然。


特に本番が控えている訳ではなく、自主練として取り組んでいます。

ソナタともなると、なかなか全楽章を演奏できる機会がなく、お蔵入りしそうですが、

自費でCD作製もという案も出てます。確かに取り組んだという記録、記憶、軌跡を残すためにいいかもしれない。

「わたしは何を残しただろう」

歌詞にも出てきますが、この言葉に過敏に反応してしまうこの頃です。

何だか最近、疲れ過ぎても寝付けない〜coldsweats02

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »