« クリスマスプレゼント | トップページ | 初雪から現れる »

2016/12/31

至って日常

30日か31日のどちらか真っ昼間のうちに、

「初詣に行っとかない?」

と夫に提案した水上ゆり詠です。

わざわざ混んでる中へ行きたくないし、次の連休だって混みそうだし。

もちろんすぐに却下されました。

年が明けてもまだ申年なのにね。。


この年末は、引っ越しを見据えて、掃除に励みました。

普段からやっておけば、どうって事のない掃除なんですが。

最後に手を付けたのはいつだっけ?の場所が多く、我ながら呆れます。

換気扇だけは、皆を納得させただけあるセスキの力をかりてもダメでした。

何度か浸け置きし、こすり、固形物を取り除きましたが、

鉄のフライパンで例えるなら、使い勝手のいい油ノリ、位までが限度でした。

色んな事を完璧にやろうとすると疲れるので、適当な所で止めるのが一番です。


おせちも、作りたいものだけにしました。

何かで「豆の浸水は、ポットに豆を入れて熱湯を注ぎ、一晩置けば良い」と言っていたので、

そうしてみた所、うまく行きました。

あとは圧力鍋でささっと煮て完了です。

皮が殆どめくれず良かったです。皺はできちゃったけど。

それから、近くの直売所で購入した里芋の生産者が、借家の大家さんでちょっとびっくりしました。

家から1km以内で作られた野菜を食べられるなんて、

私の中では滅多にない事です。

とりとめのない日記になってしまいましたが、

年末年始とはいえ、至って普段通りに過ごす予定です。(どうでもいいですね)

皆さま良いお年をお迎えください。

Img_1398
束の間、霜柱に助けられる。
どこにも連れて行けなかった日。


« クリスマスプレゼント | トップページ | 初雪から現れる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630201/69066603

この記事へのトラックバック一覧です: 至って日常:

« クリスマスプレゼント | トップページ | 初雪から現れる »